ちょいバリ親父の移住物語

バリ島に住んで10年目を迎えました。猫三匹も一緒にバリに移住しその後わんこも2匹増えて。現在にゃんず5匹、ワンズ2匹の大世帯となってしまいました。

先日、ブログでリンクさせていただいてる『Mary Roseさん』とお会いしました。

なんと優雅な一人旅。
思った通り、品の良い奥様でいらっしゃいました。

ウブドにお泊まりだったので、ホテルで待ち合わせて初めましてのご挨拶!

お会いしたのがお昼前だったのですが、朝のうちにモンキーフォレストやパサールの方まで足を延ばされたとのこと。
大変アクティブに行動なさってるようで感心いたしました。

昼食はローカル食がご希望とのこと。
辛いのも大丈夫!っていうから頼もしい限りです。


バリの名物料理『バビグリン』をいただくことに。

ウブドの有名店『イブオカ』に向かいました。

イブオカは本店のほか、2号店、3号店がありますが、向かったのは3号店。
昔本店があった場所の裏あたりになるのかな。


1489372737996.jpg
中に入ると、あれれ?様子が変わってる。
久しぶりに行ったら、今までのキツキツの座敷席から、椅子席に変わっていました。

しかも外を見ながら食べられる。
景色は何ということない雑木林ですが、開放感があっていいですね。

以前と全然違ってゆっくりできました。
前は窮屈な格好でせかされるように食べていたのがうそのようです。

1489372744160.jpg
バビグリン・コンプリートはご飯とおかずが別盛りでした。
スープはなぜかミネストローネ!

激辛ソースが別に来るので、辛いの苦手な人でも大丈夫になってました。

だいぶ観光客を意識してますね。


P_20170301_130307.jpg
看板の前で女房と。




食後は棚田の景色で有名なティガラランへ。

P_20170301_134237.jpg
ちょうど田植えが終わったばかりのところ、もうちょっと伸びてるともっと青々として嬉しいんだけどね。


P_20170301_134308.jpg
親父とパチリ



この後、クサンバの塩田に行ってきました。




こうやって、ブログつながりでお会いするのも楽しいですね。
普段はウエブサイト上でのお付き合いなのに、現実空間でお会いしちゃうんですから!




テーマ:バリ島 - ジャンル:海外情報

1月末の出来事でした。


ブログがご縁でお知り合いになった広島のKさんと3年振りにお会いして、ウブドの宿へご案内しながら昼食を。

さて、どこへ行こうかと?


ウブドへ行ったときに食べるナシ・チャンプルといえば、王宮に近いワルン・イジョーが気に入ってますが車をどこかに停めないとならない。


車で動いているときに行けるのは、道路に車が停められるイブ・マンクーとTEGES、駐車場が空いてれば入れるベジタリアン。
(駐車場が2台分しかない)

等がありますが一長一短があってなかなかしっくりこない。


DSCF3447.jpg
そこで手元にあった、ウブドのフリーペーパーを見てみました。

DSCF3448.jpg
そうしたら、ナシ・チャンプル特集。


その中で1軒だけ広大な敷地の一角に・・・・・・・
とあったので早速探してみました。

P_20170304_124143.jpg
ジャラン・アンドンをティガララン方面に向かい、WARUNG MAKAN CANDRA の看板を探しながら走っていると、以前紹介したココカンの生息地入り口の看板の手前にありました。

P_20170304_124154.jpg
こんなに広い敷地の一角にポツンと1軒。





P_20170129_124601.jpg
「飲み物とご飯がいくつ」かを注文します。

好きなおかずを選ぶのではなく、単一メニュー(お任せ盛り)20,000ルピア(約175円)
豚と鶏の両方が盛られていて、豚の皮の上げたものが付いています。

P_20170304_124456.jpg
この白いせんべいのようなもの。

ここは場所柄、ローカルの方しか来ないようで辛さも普通で美味しい。
(2回お昼時に行きましたが外国人がいなかった)
野菜もたっぷりと入ってるし、生サンバルもついている。


そういえば、敷地の奥にはレノンの有名店 BALI GURA の看板があったけど、どこに店があるのかな。
ちょっとわからなかった。



今日のにゃんこ
P_20170305_133259.jpg
へそ天で熟睡の「がんば」
分かりにくいけどプラケースの上でのへそ天でございます。

しっぽが脚の間にはさまって巻き付いていて可愛いな!








テーマ:海外食生活 - ジャンル:海外情報

アウトドア・ダイニングの屋根の辺りから、


ガサッ!ゴソゴソ!ドスン!


といった音が夜になると聞こえて気持ち悪い。

ネズミよりもはるかに大きいものがいる!

鳴き声も聞こえないので犬や猫でもなさそう。



サヌールの家では親父の部屋に水トカゲ(アルー)が住みついていたので、今回もそうかと思ったが、トカゲは夜はおとなしい。


こんな音が3日か4日続いて、お手伝いのヌルも寝れない!と訴えるので。。。。


大家さんに相談して大家さんと職人さんで小屋裏に入って確認すると「犬がいる」というではないですか!。

DSCF3430.jpg
「そんなはずない、よく見てくれ」と言ってカメラを渡して写真を撮ってみたら、「MUSANG(いたち)」でした。

拡大すると明らかに!

DSCF3430 - Copy



早速、袋を持ってきて捕獲作戦。

IMG_3853.jpg
やっと捕まえました。


どこから入ったのか?何の目的で?
わからないな~?

IMG_3863.jpg
ケージに移した直後

IMG_3869.jpg
バナナを上げたらよほどおなかが空いていたんでしょう、ガブリつきました。
(MUSANGの食べ物はフルーツだそうです)


・・・・・・でも弱っていて立ち上がるとすぐに倒れてしまうほど。
3日か4日食べても飲んでもいないのでかなりの衰弱。

とりあえず大家さんが家に持ち帰りました。


体長50センチ強、しっぽの長さが40センチくらい。

きれいな色だったなぁ!
立派なしっぽだったし。


これは翌朝の写真

P_20170218_105916.jpg
水を飲んでます。


P_20170218_105413.jpg
これは珍しへそ天のいたち

手足の指がでかっ!



残念ながらこの日の夕方死んでしまったそうです。
衰弱が激しかったからな~!


きちんと埋葬したとのことでした。

合掌。。。


テーマ:バリ島 - ジャンル:海外情報

最近の我が家のブームは台湾中華。

セセタンに昨年オープンしたお店「Cafe Santai」

1487194579509 - Copy (2)
「麺」という看板がよく目立ちます。


冷房の入ったお店はこの時期気持ちよくてうれしい。



メニューの一部
1487194546635 - Copy (2)
スパゲティ

1487194541390 - Copy
台湾ヌードル、インドネシア・ヌードル

1487194549453 - Copy (2)
スイーツ





1487194561840 - Copy (2)
これ!台湾ヌードル

17,000ルピア(約150円弱)、と一般的なお値段。
卵などトッピングの多いスペシャルが25,000ルピア。

具材はインドネシアのミーアヤムとほとんど同じだけど、タンタンメン風の胡麻スープがかなり美味しい。



1487194601707 - Copy (2)
これは台湾カレーと書いてあったけど、チキンカツカレーですね。
25,000ルピア(約220円弱)

辛くない通常のを注文しましたが、これ↓を見てください。

1487194606196 - Copy (2)
激辛唐辛子がまとめて入っていた。
親父は半分だけ食べましたが、次回は全部食べても平気だな!

日本のカツカレーと何ら違わない美味しさでした。




そしてなぜかスパゲッティのメニューが10種類ほど。。。。

1487194591330 - Copy (2)
ピンダンスパゲッティ
20,000ルピア(約175円)

これはアンチョビ風スパゲティを期待して女房が食べましたが、親父も毒味。

これは美味しい!茹で加減もアルデンテ。

ピンダン(ソウダカツオ)を生サンバルで和えたものを混ぜ込んである。



そして食後の楽しみが台湾スイーツ。

1487194555843 - Copy (2)


店に入るとすぐのところにスイーツコーナーがあって、いかにも「私たちを食べてね!」とウインクを送られてるよう。

12,000~15,000ルピアでかなり種類も多いと思います。(105~130円位)

1487194598858 - Copy (2)
エス モモチャチャ、、、どう言う意味だ?

1487194595263 - Copy (2)
エス サルジュ

ここの特徴はカキ氷が雪のようにフワフワ。
すんごく美味しい!

1回食べたら病みつき間違いなし。

バリのエスチャンプルはガリガリした氷なので、このフワフワの氷は本当に感激!


場所はバイパスからセセタンに入って道なりに右に曲がって少し行くと川?の手前にBRI銀行があるのでその並びです。
道路の右側ですよ。
座標を記しておきます(-8.711055,115.219543)






今日のにゃんこ達

DSCF3423.jpg

DSCF3422.jpg
おうじろう、よーだ、がんば、がチッチャをいたぶって遊んでました。

チッチャ、ごめんよ〜〜!


テーマ:海外食生活 - ジャンル:海外情報





先日レノンのJIN-JINに行ってまいりました。


オープンしたのは少し前ですが、気にはしていたもののなかなか訪れる機会がありませんでした。

場所はレノンのパン屋、ブレッドライフの隣なのでわかりやすいと思います。




P_20170209_132326.jpg
外観です

どうやら「仁神』と書いてジンジンと読ますらしい。




P_20170209_131606.jpg
カウンターにてオーダーして支払いを先に済ませるシステム。

奥の壁面には「東京』の文字が・・・・・

P_20170209_131629.jpg
メニューはすべて丼もの。

P_20170209_131621.jpg
サイドメニューとして、カウンターにはインドネシア人の好きな天ぷら、かき揚げ、鶏のから揚げなどが並び、自分でお皿に載せるスタイル。



P_20170209_131432.jpg
なかなかおしゃれな内装デザインでしょう。


P_20170209_130402.jpg
各テーブルにはキッコーマン醤油が置いてありました。


P_20170209_130517.jpg
親父の食べたチキンカツカレー

日本味のカレーがかかっていました。
チキンがちいと薄いけど美味しかった。
欲を言えばもっとカレーが欲しい。



P_20170209_130733.jpg
女房の食べた生姜焼き丼

これは生姜焼きと言うよりスタミナ丼。
ニンニクもたっぷりで親父はこちらの方が好みだった。




P_20170209_132201.jpg
屋外に喫煙席もあるので、喫煙者にもやさしい!


どんぶり食べてお茶(冷たいお茶はお代わり自由)飲んで一人80,000ルピア前後(約700円位)。
少し高めの金額設定なので来ていた方達は裕福と言われてる中華系の方々でした。



この店は雰囲気も味も良いと思いますが、ちょっとお高いので時々だなあ~!




テーマ:海外食生活 - ジャンル:海外情報

デンパサール地方は金曜まで4日間も大雨が断続的に降り続いていました。

たまに止んだりはするのですが、空はどんよりとしていて太陽は全く顔を見せまてくれません。


バンジール(洪水)により道路が冠水しているところなどは、場所によっては大渋滞。

雨はやはり夜から明け方にかけて降ってくれるのが良いな。



先日、ウブドで珍しいものに遭遇しました。


DSCF3407.jpg
トッケイの死骸?

顔やらしっぽに薄紙がついたまま動かない。
可哀想にいたずらされたのかな、、、と思いきや!



DSCF3405.jpg
よ~く見るとおなかが動いて呼吸しています。



P_20170129_102302_1.jpg
さらによく見ると、、、.どうやら脱皮してる最中のトッケイのようです。



この写真の色よりも赤が強かったけど、これが一番近い発色です。




普通トッケイは人前に姿を現すことが少なく、親父も10年住んでまだ数えるほどしかしか見たことがない。

ましてや脱皮中! ありえないでしょ!


鳴き声はしょっちゅう聞くんだけどね。


DSCF3409.jpg
道路の真ん中でのそのそしていたので、バイクに轢かれてしまうと心配した日本から遊びに来てる友人が手でしっぽツンツンしたら、、、

うわ〜〜!

突然首を回して指に噛みついた〜〜!。



宿のおじさんにトッケイに噛まれた~!と話したら、台所からサッと出してくれて塗ったのが「ウコン」の塊。

インドネシア食を食べる家ならどこの家にも常備されているもの。
当然我が家にもありますよ。


DSCF3417.jpg
これです。
本当にすぐに血が止まりました。

友人は親父と同じ血がさらさらになる薬を飲んでるので血が固まりにくいのに凄い威力!
現地の人の知恵ですね〜。

いい勉強になりました。



2時間後にまた通りかかったときには、まだ道路の端の方でひっそりとしていました。
脱皮って時間がかかるんですね。

きっと脱皮中はすごい体力を使うので動けないんですね!




今日のわんこ

1486298882963.jpg
?バロン?


1486298886497.jpg
雨に濡れてバスタオルに巻かれたキンタでした!

1486298891581.jpg
キンタだよ~!



テーマ:バリ島 - ジャンル:海外情報