ちょいバリ親父の移住物語

バリ島に住んで10年目を迎えました。猫三匹も一緒にバリに移住しその後わんこも2匹増えて。現在にゃんず5匹、ワンズ2匹の大世帯となってしまいました。

以前僕が住んでいるサヌールでのガベン(火葬式)を見に行きましたが、今回は家の庭の手入れをしてくれているワヤンの息子さんが
「ギャニャールで大きなガベンがあるから見に行かない?」
と誘ってくれたので連れて行ってもらいました。
息子さんは「コパン」という名前で運転が上手なのでたまに運転手をしてもらっています0806310.jpg
右端がコパン、左端が彼の恋人のアユ (クリックすると拡大します)  
0806309_20080630165436.jpg
あっとい間に子供達に囲まれました!(クリックすると拡大します) 

ギャニャールは家から約1時間です。(ウブドの近く、ゴアガジャ遺跡のそばでした)
コパンの彼女がそこに住んでいて彼女のファミリーのガベンということでした。
ガベンに関しては以前触れていますので4月9日版を見てください。
0806304.jpg

着いてびっくり20頭もの牛像が並んでいました。
そうです、今回は20人の亡くなった方の合同ガベンでした。

ガベンは執り行われる村によって形式はさまざまだそうです。
今回は綺麗どころの踊りや、きらびやかな行進などはなく、亡くなった人の親戚の男衆が、牛をまるで御神輿のように担いで勢いよく練り歩くというものでした。0806303.jpg
手前の赤い牛には角が無いので亡くなった方は女性です。後ろは角があるので男性

a href="http://blog-imgs-21.fc2.com/p/a/g/pagifrom2007/0806305.jpg" target="_blank">0806305.jpg
皆、思い思いの違う絵が飾られています。笑えるでしょう!

0806307.jpg
やがて広場に20頭の牛が集まり、親戚によるお供えやお祈りが、長~い長~い間続き、やっと一斉に火がつけられました0806308.jpg
お骨を拾っています

朝9時から出かけ戻ってきたのが17時・・・疲れました。
10時から始まるよ、と言われて朝早く出かけましたが、結局始まったのは11時半くらいかな。バリ時間です。
今回も遺骨を海へ流す様子を見ることができませんでした。
いつかパンタイでの儀式を見ることができるでしょうか?


文字色
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:バリ島 - ジャンル:海外情報

コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://pagifrom2007.blog111.fc2.com/tb.php/66-fa539f62
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック