ちょいバリ親父の移住物語

バリ島に住んで10年目を迎えました。猫三匹も一緒にバリに移住しその後わんこも2匹増えて。現在にゃんず5匹、ワンズ2匹の大世帯となってしまいました。

GWを利用して義姉がお正月に続いてバリに遊びに来ました。
今回は10日間。

我が家に2泊、サヌールのホテルに3泊、ヴィラに4泊。
女房は義姉と一緒にお泊り。
そして親父はいつもの通り運転手。

その中の1日、「わくわくバリツアー」の一日カーチャーターを利用してバリ東部観光に行ってまいりました。


09:00~     ホテルお迎え
10:00~11:00 スマラプラ宮殿(クルタゴサ) 入場料:Rp12,000
11:30~12:30 ランチ:チャンディダサ近辺
14:00~15:00 ランプヤン寺院(割れ門からアグン山が見えるプナタラン寺院見学)
15:30~16:15 ティルタガンガ 入場料:Rp20,000
17:00~18:00 トゥガナン村散策
19:00~20:30 ディナー:ご希望のところへご案内
21:00      ホテル到着予定


この中で親父たちが行ったことあるのはスマラプラだけ。
他のところは初めてだし、ガイドさんの案内も楽しみです。

まずはクルンクンにあるスマラプラ宮殿へ。
16世紀以降バリを支配していたゲルゲル王朝の文化遺産になります。

クルタゴザ(旧裁判所)を見学。

P_20160506_095151.jpg
ここは天井画、壁画が有名で『カマサンスタイル』という絵画技法で描かれています。

P_20160506_095214.jpg
これが裁判官、裁かれる人、王様が座って裁判を行った場所。
置いてある金ピカはレプリカです。

P_20160506_102439.jpg
これが敷地内の博物館にあった本物。
全然荘厳さが違うぞ!

P_20160506_094549.jpg
こっちは水に浮かぶ「バレ・カンバン」

P_20160506_095426.jpg
こちらも天井画、壁画が見事です。
以前に見た時は自分たちだけだったのでサラッと見学しただけでしたが、今回は日本語が堪能なガイドのラディタさんから絵画の説明や歴史についてきっちり説明を聞くことができました。

P_20160506_103645.jpg
博物館内のガムランを演奏してくれるラディタさん。
家ではガムランの先生もなさっているとの事。

そしてこのラディタさん、なんと親父と同じ朝のビーチヨガに通っていることが判明。
急に親近感わいちゃいましたよ〜。
(ツアーの翌日、ビーチで再会しました。)


このあと昼食をとるためにチャンディダサ方面に移動中、義姉が塩田を見たことが無いというので寄り道してもらいました。
いつも親父たちが行く塩田と違いここは観光向け、いろいろとパフォーマンスをしてくれて楽しかった。

P_20160506_110824.jpg
海から海水を汲んできて塩田に撒くところ。
おじさんがわざわざやってみせてくれました。
初めて見た。

P_20160506_111555.jpg
最終工程はココナッツの木を半分に切ったところで天日干し。

P_20160506_110910.jpg
天日で煮詰まった濃度の高い海水の中に塩の結晶がありそれを掬い取ります。

お土産に義姉が1キロ購入。
(Rp25,000 約220円)

P_20160506_111714.jpg
天候によるけど1日に塩5~8キロしか取れないそうです。
大変な作業なんですね。。。


このあとチャンディダサの海辺でランチ、の予定を急遽カランガッサムにある「BALI ASLI」に変更。
カランガッサム地方のムギブンという伝統料理だそうです。楽しみだ〜!


続きます。。。。








関連記事
スポンサーサイト

テーマ:バリ島 - ジャンル:海外情報

コメント
こんにちは
天井にびっしりと書き込まれた天井画、見事ですね。
彫刻の鳥は鳩かしら?

塩づくりは、ホントにあの手間と時間をかけて、ほんの一握り。
大変な作業ですよね。
わたしの住む町は昔は塩づくりの盛んな土地で、塩を売りに行った『塩の道』も残されています。
なので、小学生たちが校外学習で今も塩を作っていますよ。
2016/05/11(水) 12:23:10 | URL | カミさん #-[ 編集]

以前おすすめしてくれたクルタゴザですね
水に浮かんでとてもきれいです
また壁画がきれいですね
お塩も有名で行ってみたいと思ってますが、見どころが多くて、なかなかどちらも行けないものです
お塩もなかなか取るのは難しいのでしょうね
2016/05/11(水) 18:04:52 | URL | Yottitti #eKx3u/rI[ 編集]

カミさん様!

コメントありがとうございます。
彫刻の鳥、聞かなかったので判りませんが鳩に似てますね。

静岡でも塩が作られていたんですか?
四国地方は有名だったので知ってますが、良いですねぇ!伝統的な技法を残して校外学習なんて楽しい授業になりそうですね。
2016/05/11(水) 18:34:01 | URL | 親父 #QXRaNfI.[ 編集]

Yottittiさん!

コメントありがとうございます。
そうです。そうです。このほかに宮殿もあるのですがそちらには行きませんでした。次回の楽しみを残しておかないと。
塩は大変な作業ですね。親父も塩の結晶をすくわせてもらっちゃいました。
面白かったです。
2016/05/11(水) 18:38:48 | URL | 親父 #QXRaNfI.[ 編集]
こんにちは
充実の一日ツアーですね!
私、この中で行ったことがあるのはトゥガナン村だけです。
スマラプラ宮殿の壁画が見事ですね!
こういうところはガイドさんの説明があると一層楽しめますね〜。
(ガイドのラディタさん、私のブロ友さんがグンデルワヤンを習ってる方と思います・・・偶然!)
塩を作るところも、実演が見られると面白そう。
続きも楽しみです♪
2016/05/12(木) 00:10:35 | URL | 里花 #-[ 編集]

里花さん!

コメントありがとうございます。
スマラプラは今までガイド無しでしたので初めてのガイド付きでじっくり見させてもらいました。
トゥガナン村行かれたんですね。
塩の工程面白いです。価格もそんなに変わらないので楽しめたほうが良いかも。
ガイドのラディタさん本当に偶然ですね。
今日もこれからヨガで会うと思います。
2016/05/12(木) 06:13:16 | URL | 親父 #QXRaNfI.[ 編集]

名前も聞いたことない場所…
まだまだバリにはたくさん見所がありますね!
私が昨年行ったのは、王道中の王道なんでしょうね…

塩田の海水撒き、朝の連続ドラマ「まれ」で見ましたよ♪
スゴイ力仕事なんだなーって思いました
2016/05/12(木) 17:24:55 | URL | ヨリ姐 #-[ 編集]

ヨリ姐さん!

コメントありがとうございます。
まだ行きたいところがありますが、どこにあるのかわからないので、カーチャーターが必要。
日本のように地図が整備されてなかったのですが、最近はグーグルマップでストリートビューも見えるようになり、1回でも行けば座標に落として又行ける。
でも最初は連れて行ってもらわないと行けないのが実情です。
2016/05/12(木) 22:16:06 | URL | 親父 #QXRaNfI.[ 編集]

こんにちは、

わたしも、バリ島とかに移住した家族がいれば、
と思いますが、とにかく外国と縁のない(興味のない)
家族ばかりです。 

塩! 自分のおみやげにも、他の人のお土産にも、
いっぱい買いたいですね。塩は絶対につかいますし、
クオリティのあるお塩って、ちがいますから。

ウブドでも、お塩をかいましたけど、
うそ、っと思うような高いところがあったり、
反対に、へっと思うほどやすかったり、

1日5−8KGしかとれない塩を1kg440円で売っていたら、収入ってどうなんでしょう?


2016/05/14(土) 08:28:51 | URL | ぴき #-[ 編集]

ぴきさん!

コメントありがとうございます。
確かにご家族や近い親類が海外に住まわれてれば便利ですよね。
塩の価格は天候により違いますが1キロ130~200円くらいだと思います。1日1,000円から1,500円の収入、最低賃金の倍以上だからよろしいのではないかと。
ちなみに最低賃金1ヶ月Rp1,500,000ですので1日当たり450円くらいですね。
人件費は異常に安いのです。
2016/05/14(土) 18:46:03 | URL | 親父 #QXRaNfI.[ 編集]

カマサンスタイルの絵画が好きなので、スマラプラ宮殿の絵画は見応えがあります~。

バリの塩。必ず買って帰るのですが、手間暇がかかるんですねえ~

それだけに美味い!

chempakaでした!
2016/05/16(月) 01:14:47 | URL | Chempaka #-[ 編集]

Chempakaさん!

お帰りになったんですね。
こんどは王宮の方に行ってみようと思っています。
ここのお塩は美味しいので絶対に買いです。
乾季の方が雨が降らないので安いですよ。
2016/05/16(月) 06:06:15 | URL | 親父 #QXRaNfI.[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する