ちょいバリ親父の移住物語

バリ島に住んで10年目を迎えました。猫三匹も一緒にバリに移住しその後わんこも2匹増えて。現在にゃんず5匹、ワンズ2匹の大世帯となってしまいました。

LIVING.jpg

『リビング』

何軒も見て歩いて疲れました。
結局我が家の近くの家具屋さんで、こんな感じのリビングセットをオーダーいたしました。材質はバナナです。
価格的には安いのか高いのか難しいところですが、我々の満足いく価格で折り合いが取れました。
お値段は福沢様が3、4人くらいでしょうか。このほかダイニングセットもオーダーしました。
店のスタッフは当然のことですが日本語はわからない。インドネシア語と英語だけ。
僕らの片言の英語と、身振り手振りで色やらデザインやら納期など細かな注文をしたつもりだけど・・・。
最後にオーダー表を見るとこちらの要望どおりになっていたのでひと安心!
あとは、要望どおりに出来上がってくるのを祈るだけです。
20070726182051.jpg

『ママプトゥの前のビーチ』

とりあえず大物の家具のオーダーを終え、ビーチへの近道を探すことにした。家具屋からビーチへ向かって歩くこと20分。ビーチ沿いにはワルンが並んでいる。
おっ!ちょうど昼飯時、よしよし何はともあれ昼飯を食わねばいかん。ついでに冷たく冷えたビンタンビールも僕を呼んでいる。
ふと足を止めると、あの有名な「ママプトゥ」が目の前に。この店は諸先輩諸兄が絶賛されていたワルンです。
我々はいつも行き当たりばったりでお勧めのワルンを探して食べに行くということは、まずありません。この機会を逃してはならないぞ!と早速いすに座ると、お店のお兄さんがすっごくフレンドリーで、やあ!やあ!よく店に来てくれた(多分、こういっているんだと思う)と、いって握手をしてくるではないですか。
お店の中(on the beach)は、オージーだけしかいない。日本人は僕らだけでした。
サヌールのビーチはやはりホッ!としますね。クタ、レギャンと違ってしつこくてうるさい物売りがいない。店員もうるさくない。
クタ、レギャンの喧騒とはまるっきし違います。やはり、サヌールを選んで良かった・・・と思ってにんまりしていたのでした。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://pagifrom2007.blog111.fc2.com/tb.php/5-b5948b92
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック