ちょいバリ親父の移住物語

バリ島に住んで10年目を迎えました。猫三匹も一緒にバリに移住しその後わんこも2匹増えて。現在にゃんず5匹、ワンズ2匹の大世帯となってしまいました。

1月24日、将軍が虹の橋に旅立ってしまいました。
昨年10月17日に家族になったばかりだったのに。。。。。。。

我が家に来てすぐメディカルチェックした際に、熱が高く血小板減少の傾向があったのですが、猫白血病、猫エイズ、コロナウイルスは全てネガティブ。
日本にはないウィルスやFIPも疑われ、投薬を続けていたのですが。。。。

1月21日のメディカルチェックの際、白血球減少と貧血、脱水症状が見られるとのことで入院。
その後は朝夕お見舞いに行くと喜んでグルグル言いながら、スリスリ、グッパーグッパー。
顔を合わせると、早く帰る~!とせがんでいました。

本当に元気でやんちゃな将軍。。。

そして24日午前中、脱水は回復したので、先生と相談して家でストレスのない環境の方がいいだろうということで帰宅。

病院で疲れたと見えすぐに寝てしまったのでそっとしておきました。
その後トイレに行ったり向きを変えたりしていたのに。。。。
夕方そのまんま深い眠りに入ってしまったみたいです。

たったの3ヶ月ちょっとだけだったけど、親父の部屋で将軍を育てていたのでもっともっと長い気がする。
昼も夜もず~っと一緒だったんだからね。

本当に眠ったまま旅立って行っちゃいました。
あまりにも突然な「将軍」の旅立ち。

翌25日に荼毘にふしました。

『虹の橋で、しょうたと出会って面倒を見てもらうんだよ!』

           合掌。

元気なときの将軍

s5.jpg
猫じゃらしでたくさん遊んだね

s1.jpg
アメリカンショートヘアーと同じ模様の将軍

s2.jpg
遊ぶのが好きで歩いていると足にまとわりついてきたっけ

s3.jpg
遊ぼうよ~~!

s4.jpg
お気に入りの爪とぎ台の上で。



『虹の橋』 第1部

天国に続く道の少し手前に「虹の橋」と呼ばれるところがあります。

この地上にいる人と愛しあっていた動物たちは、

死を迎えると虹の橋へと向かいます。

そこには草地や丘があり、緑がいっぱいで、いつも暖かく気持ちの良い陽気がみなぎっています。

いつも食べ物と水があり、彼らはみんなで走り回って遊び、そして疲れたら「天国への樹」と呼ばれる木の下で休むのです。

病気をしていた者も、歳をとった者も、元気いっぱいの姿に戻り、

傷ついて動かなくなった手足さえ、元通り。

かつての地上での良き日と思い出が夢のようによみがえってきます。

虹の橋では、みんな満ち足りた気分で幸せに暮らしているのだけれど

気がかりなことがひとつだけありました。

それは自分にとって愛する人が、ここにいないという寂しさでした。

そんなある日のこと。

動物たちがいつものように元気に遊んでいました。

ふいに、一匹が立ち止まり、遠くを見つめます。

瞳は、キラキラと輝き、からだは喜びに震えはじめます。

突然、その子は仲間達を後にして、緑の草原を駆け出しました。

あなたを見つけたのです。

早く、早く、急げ、急げ!

虹の橋で再会した二人は固く抱きあいます。

懐かしいキスが、あなたの顔に降り注ぎ

あなたは、あの頃と同じように、優しく頭をなでながら

我が子の瞳を見つめ返すのです。

あなたを信じ切って見つめてくる、まっすぐな瞳。

別れたあの日から、ずっとずっと片時も忘れることのなかった

愛しいその瞳を。



それから二人は、一緒に「虹の橋」を渡っていくのです。

天国への道へと…。


日本語詞:KENZO



関連記事
スポンサーサイト

テーマ:猫のいる生活 - ジャンル:ペット

コメント

親父様、妻様。
何と言っていいのか言葉に詰まります・・・

将軍くんがおうちで楽しく元気に過ごしたことがすべてですよね。
じゃらしに飛びついて、ねずみを追いかけ回している姿が目に浮かびます。

すぐにしょうたくんを見つけて相撲を教えてもらっているでしょうね。

親父様、妻様
またお話聞かせてください。
ありがとうございました。
2014/01/27(月) 11:43:03 | URL | くーまま #-[ 編集]

ただただ驚いています。
本当に何と申し上げればいいのか。。。
11月に会った時はあんなに元気だったのに。。。
残念です。本当に。
天国ではきっとあの模様が目印になって、
すぐにしょうた君と会えてると思います。
きっともう仲良く過ごしていることでしょう。
どうかどうか安らかに。。。
2014/01/27(月) 12:22:33 | URL | Shimao #-[ 編集]

えっ!!
ブログでしか見たことないけど、可愛らしくて、とっても元気そうだったのに・・・。
一緒に遊びたかったな。
親父さん、Rさん、ご愁傷様でした・・・。
2014/01/27(月) 12:50:10 | URL | ぶどう #MkTzidns[ 編集]

本当に早すぎる命、小さな体で病気と闘ってつらかったでしょうね
もっと生きたかったのに、切ないです
親父さんも奥様も仲間のねこちゃん、わんちゃんも、お力を落とされてることでしょう
でも最後はお家に帰れたことがせめてもの救いだったと思います
ご冥福をお祈りします
2014/01/27(月) 13:59:52 | URL | Yottitti #eKx3u/rI[ 編集]

くーままさん

本当に突然のことで私もまだ実感がわきません。
家に帰ってホッとして熟睡してそのまま逝ってしまった、という感じです。

日本でくーままさんに会えたら、やんちゃな将軍の話をしようと思っていたのですが。。。
短い期間だったけど、ほんとにかわいい家族でした。

今頃はしょうたと遊んでるかな。

2014/01/27(月) 15:24:56 | URL | くーままさんへ ちょいバリ妻 #QXRaNfI.[ 編集]

将軍の突然の旅立ち…
バリ妻さんから聞きビックリしました
東京で会った時「あんまり具合は良くないの…」とは聞いていたけど、こんなにすぐに逝ってしまうとは…

フワッフワの将軍、抱っこしてみたかったです…

…合掌…
2014/01/27(月) 22:34:10 | URL | ヨリ姐 #-[ 編集]

Shimaoさん!

ぜんぜん亡くなる予兆などなかったんですよ。悔しい!

しょうたが猫パンチでいじめてないかと、少~し心配ですが親分肌だからきっと面倒をみてくれるでしょう。
2014/01/27(月) 23:22:49 | URL | Shimaoさんへ親父 #QXRaNfI.[ 編集]

ぶどうさん!

そうですね、今年は家に寄っていただかなかったので将軍に逢わずじまいでしたね。
遊びたくてしょうがない年頃でした
2014/01/27(月) 23:25:51 | URL | ぶどうさんへ親父 #QXRaNfI.[ 編集]

Yottittiさん!

本人は病気という自覚がなかったと思うんですよ!
寝るまでは普通に元気にしていたんだから。
なぜ?寝たまんま起きなかったんでしょうね。
2014/01/27(月) 23:29:39 | URL | Yottittiさんへ親父 #QXRaNfI.[ 編集]

ヨリ姐さん!

具合はよくないといっても表面上は元気でしたから、まさかのまさかでした。
きっと寝たまんま意識を失っちゃったんでしょうね。
つらいです!
2014/01/27(月) 23:39:19 | URL | ヨリ姐さんへ親父 #QXRaNfI.[ 編集]

雑誌にまで載った矢先の出来事、とても残念です…今年の夏には親父さんの新しい家族に会えることも楽しみにしていましたが、叶わなくなりました…
2014/01/28(火) 10:42:34 | URL | Shin #-[ 編集]

Shin さん!

抱っこされるのが大好きな将軍。
一緒に遊ぶのが好きだった将軍。
一緒に遊んでもらおうと思ったのに残念です。
2014/01/28(火) 10:49:27 | URL | Shin さんへ親父 #QXRaNfI.[ 編集]

あまりにも早過ぎます。
それでも、親父さん家族と一緒に過ごせた日々は将軍にとっては素敵な日々だったでしょうね。


いつかは別れがあるのは分かっていても受け止めるのは辛いものです……
将軍、虹の橋で、しょうた君と仲良く遊んで貰ってね。
2014/01/28(火) 13:48:08 | URL | イルカ #-[ 編集]

将軍君の冥福を心から祈ります。
親父さんもお疲れが出ませんように。
「虹の橋」いいストーリーですよね。
2014/01/28(火) 14:00:19 | URL | myaumyau #-[ 編集]

イルカさん!

朝起きたときに将軍の姿や泣き声がないのはとっても寂しい。
特に突然の別れはね。。。。。

今頃はしょうたを将軍が追い掛け回して遊んでいることでしょう。
2014/01/28(火) 16:18:46 | URL | イルカさんへ親父 #QXRaNfI.[ 編集]

myaumyauさん!

myaumyauさんありがとうございます。
虹の橋、作者不詳となっていますが良い詩です。
ほんとに素晴らしい。
2014/01/28(火) 16:24:30 | URL | myaumyauさんへ親父 #QXRaNfI.[ 編集]

こんばんは。
お話には伺ってましたが、まさかこんな早く旅たつとは・・・
今頃は、天国で元気に走り回っていますよ。
2014/01/30(木) 23:47:17 | URL | 出太郎 #-[ 編集]

出太郎さん!

ありがとうございます。
あまりにも突然のわかれでした。
きっと追いかけっこをして遊んでると思います。
2014/01/31(金) 05:35:13 | URL | 出太郎さんへ親父 #QXRaNfI.[ 編集]

初めまして、

私が、スペインから連れてきたニャンニャン2も、
白血病であっけなく行ってしまいました。
スペインでは、5種のワクチンを打っていたのに、
白血病のワクチンをうってなかったのが、悔やまれます。 一緒に寝ていると、突然いなくなって、唖然としますね。 短い時間だったけれど、猫ちゃんにとっても、幸せな時間だったと思います。
お悔み申し上げます。
2014/02/07(金) 08:40:30 | URL | ぴき #-[ 編集]

ぴきさん!

ご訪問ありがとうございます。
スペインからお連れになったにゃんこちゃんだったら尚更がっかりしますね。
猫白血病や猫エイズは怖いですね。
最近は治療法もかなり進んだと聞いておりますが。。。お悔やみ申し上げます。
将軍は突然死だったものですから、原因がわかりません。
また遊びにいらしてください。
2014/02/07(金) 12:50:12 | URL | ぴきさんへ親父 #QXRaNfI.[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する