ちょいバリ親父の移住物語

バリ島に住んで10年目を迎えました。猫三匹も一緒にバリに移住しその後わんこも2匹増えて。現在にゃんず5匹、ワンズ2匹の大世帯となってしまいました。

       CIMG0072.jpg



イヤー参りました。
実はバリ島に決めた肝心な理由をもうひとつ忘れてしまった。(トホホ)
実は言葉が一番の決め手となったんです。タイ語はムヅカシイ!!
何がムヅカシイかといえば、あの文字、アラビア語のような形をしていますよね!あれが読めない!書けない!あと、発音がとっても難解です。
あの発音は練習したけど、やはりムヅカシ過ぎる。何なんだよ!あの鼻に掛かったような発音は?
同じ言葉でも語尾が上がったり、下がったり!
ま!こちらが発音できなくても、リスニングが出来るかと、いうとこれも出来ない。全然わかりません。もっと若ければなー。多分若くても無理だろうな。
これに較べ、バリ島はバリ語とインドネシア語で会話されています。
インドネシア語が公用語です。おそらく、全世界の中で一番簡単な言語ではないのかな?
表記はローマ字です。だから、日本人にとってはすぐに読めて発音できる。発音は日本と同じ。
Rの発音が英語と同様に巻き舌になる位。
あと、一番のお勧めは助詞が無いことなんです。
言葉が難しいのは、助詞によって色々と意味が変わるから、助詞の使い方を覚えないと、会話にもならないし意味も通じない。
助詞が要らないということは、変な中国人の言葉になっちゃう訳ですね。
『私、あれ食べたい!美味しいね!きっと!』
『あなた!美味しかった?もっと、食べる!』
と、いった具合に単語の羅列。
助詞が無いということは、そうなんです!そこのあなた!単語を並べるだけで意思が通じる。なおかつ日本語と同じ発音!単語さえ2000個も覚えればあとは簡単さ!・・・・・・という非常におごそかでもあり、単純な理由でバリ島に決めた訳です。
おまけに、インドネシア語が出来れば、シンガポール、マレーシアに遊びに行った時には、どちらの国もインドネシア語(マレー語)で通じちゃいます!1年後にはどの位言葉を覚えることが出来るでしょうか?皆さん楽しみにしててくださいね。
おまけです。
私の名前は福田です。・・・・インドネシア語で
nama saya fukuda となります。
nama=名前=ナマと発音します。
saya=私=サヤと発音します。

もう一つ!
nama anda koizumi
貴方の名前は小泉です。
anda=貴方=アンダと発音します。

ほら!簡単でしょう?
sampai jumpa=サンペ ジュンパ=又会いましょう!


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:バリ島 - ジャンル:海外情報

コメント

やっとブログにお邪魔する事ができました。
出発がいよいよ近づいてきましたね・・荷造り等でお忙しいと思いますが、がんばって下さい。
暖かい地での出来事や猫ちゃん達の情報を楽しみにしております。
しょうたくん、みくたん、はなちゃんに、くーから熱いKissを!!
ご夫妻(及び私)の言葉の上達を祈念しています。笑
2007/10/03(水) 11:14:18 | URL | くーまま #-[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://pagifrom2007.blog111.fc2.com/tb.php/18-70949a5b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック