ちょいバリ親父の移住物語

バリ島に住んで10年目を迎えました。猫三匹も一緒にバリに移住しその後わんこも2匹増えて。現在にゃんず5匹、ワンズ2匹の大世帯となってしまいました。

今日は日本人会でデング熱と腸チフスについてのセミナーがありました。

一昨年夫婦そろってデング熱に感染しました。(多分同じ蚊に刺されたんでしょうね)
幸い僕は軽く済みましたが、女房は5日間入院生活を送る羽目に!
また友人のTさんは昨年だけで3回も感染!
最近では在住7年の友人のMさんもとうとう感染してしまったそうです。

腸チフスに関しては友人のHさんはなんと今までに3回もかかったそうでびっくりしました~!

てな訳で『SURYA HUSADHA病院』のドクターがふたつの病気の感染源、治療法、予防について詳しく説明をしてくれました。
(この病院は日本人看護士が2名いてコーディネートしてくれるそうで、インドネシア語がしゃべれない僕にとっては安心です)

           1003251.jpg

デング熱は熱帯縞蚊が媒介する病気で、特定治療法はなく対症療法のみとなります。
とにかく予防が大切!!!蚊に刺されないように虫よけ薬をつけるとか、蚊の発生源(水たまりなど)を作らないことが
大事だということがよくわかりました。
免疫ができるわけではないため、何度でも感染する可能性があります。
僕らもバリに住んでいる以上、いずれまた、感染するかもしれません。(怖っ!)

         1003252.jpg

腸チフスはサルモネラ・チフス菌に汚染された水や食べ物が経口によって体内に入り感染。
水は加熱する、食べ物はゆでる、加熱調理、皮をむく・・が望ましいとのこと。
たしかにローカルの人は生野菜を食べる習慣は無いな~!(キュウリだけは生の付け合わせがあるけど?)

でもサラダは食べたい食べたい!
セミナーにいらしていた方々もやはり同じ思いだったらしく、酢水で洗ったら殺菌になるかとか、塩水はどうかなどと
最後は生活の知恵の話題にまで及びました。
でもやはり菌を落としきれるとは言い切れないので、鉄則を守るのが大事。

幸い腸チフスに関しては予防注射があるとの事なので、予防注射を打とうかと思っています。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:バリ島 - ジャンル:海外情報

コメント

こんにちは、お久しぶりです。
ヤブ蚊のきれいな縞模様が、よけいに怖く見えますね・・・
バリは一年中蚊がでるのでしょうか?100%の予防は無理としても、できるだけ気をつけて下さいね~!
2010/03/26(金) 09:48:20 | URL | くーまま #-[ 編集]

くーままさん

お久しぶりです。
バリには一年中蚊がいます。
最近蚊に刺されることにもちょっと慣れてしまった自分がコワイです・・・v-12
体力がないと重症化するらしいので健康v-91にも気をつけなきゃ・・・と思ってます。
2010/03/27(土) 10:45:52 | URL | 親父 #QXRaNfI.[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://pagifrom2007.blog111.fc2.com/tb.php/170-41a8dbb6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック