ちょいバリ親父の移住物語

バリ島に住んで10年目を迎えました。猫三匹も一緒にバリに移住しその後わんこも2匹増えて。現在にゃんず5匹、ワンズ2匹の大世帯となってしまいました。

3月に姉が来ていた時に久々の遠出をしました。
ブドゥグル方面へ行こうということで知らない道と8時間くらいの行程のため、不安になり車をチャーター。
ガソリン代込みでRp.350.000で交渉成立。
結果的には10時間以上かかってしまったので帰りにチップもあげちゃいました。
自分の車で出かけたらガソリン代だけでもRp.300,000かかるので楽な上に安くて済み助かりました。
壮大なスケールのライステラスの「ジャティルイ」、足を少し延ばして「ギギの滝」、
そして「ブドゥグル周辺」をまわる予定です。

同じサヌールに住むYさんご夫妻と我らの計5人で車に乗り込み、さあ出発!
サヌールを出て1時間ほど走り、着いたのは「パチュン」のライステラス、ジャティルイへの通り道でした。
ここも素晴らしい眺め!
更に30分ほど走ると「「360度ライステラス」と評判のジャティルイに着きます。
09040901.jpg
噂にたがわずスケールの大きさにびっくり!
写真がうまく撮れなくてちょっとわかりづらいかな。

ライステラスの中を歩き川の水を触ると冷たく透明でした。
バリでは水がぬるくにごった水しか見ていなかったので新鮮な思いがします。
これだけ水がきれいならお米も美味しいはず!
お米の販売所を見つけました。
25キロでRP.135,000 いつも買うより1割以上安い!
お互いに25キロ買い、更に赤米も購入。
(このお米はバリに来てから食べた中で一番美味しかった)
昼ごはんはYさんが握ってきてくれたおにぎりをいただきました。
ライステラスを見ながらのおにぎりの味はまた格別でしたよ!

更に1時間半ほど峠道(日光のいろは坂のよう)を超えてGITGITの滝に到着。
0904092.jpg
透きとおった水がごぉごぉと流れ落ちるすぐ近くまで歩いていくことができます。
水しぶきを浴びて涼しく気持ち良かったー。
0904093.jpg
そして、道の脇にはなんとコーヒーの木が自生していて実がついていました。
木の実が熟して赤くなると、とても美味しいそうです。
そして、種を煎ればコーヒー豆になるんですよ!
0904094.jpg
次にカカオの木を発見!
もちろん、チョコレートの素です。バリに?なんで?って感じです。
0904095.jpg
この後、ブドゥグルのプラタン湖に浮かぶように建っているウルン・ダヌ・プラタン寺院に寄りました。
バリ屈指の美しさと言われるだけあって中々のもんでした。
標高が高いだけあって涼しくて気持ちが良い!7,8月だったら上着が必要といわれました。

最後にチャンディクニン市場に寄り(ここは高原野菜がたくさんあり街中の半額で買えるとバリ人のお友達から聞いていましたが、本当に安い!)ついついたくさん買いこみました!
0904096.jpg
そしてランもたくさん売られており、家に飾るため胡蝶蘭を2鉢ともう1種(名前を忘れてしまった)1鉢を買いました。1鉢Rp.45,000くらいなので安いですよね!Rp.10,000は85円くらいです
↑上の写真は我が家におさまった胡蝶蘭2鉢です。





関連記事
スポンサーサイト

テーマ:バリ島 - ジャンル:海外情報

コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://pagifrom2007.blog111.fc2.com/tb.php/110-da82766e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック