ちょいバリ親父の移住物語

バリ島に住んで10年目を迎えました。猫三匹も一緒にバリに移住しその後わんこも2匹増えて。現在にゃんず5匹、ワンズ2匹の大世帯となってしまいました。

1月もそろそろ終わりですね。
ここのところ、雨も夜になってもたまにしか降らなくなり、
あの腹の底に響くような忌まわしい雷も影を潜めて
雨季の終わりになってきたようです。

実は昨年末頃から、バリで狂犬病が発生!
バリは近年までは汚染地域でなかったのに心無い人が外国から持ち込んでしまった
といわれています。
初めの頃は西側のクタ、ジンバランに始まり、程なくデンパサールへと
汚染地域が拡大してきました。
外務省からの情報では数人が噛まれて亡くなったとの事。
この事件によって最近かなりの数のストリートドッグが処分されているようです。

今年に入り、バリ州によって犬や猫にワクチンの無料の接種が始まりました。
バンジャール(町内会)の集会場で受けることが出来たのですが、
私達には情報が伝わらず気がついたときには接種の日は過ぎていました。
同じく接種し損ねたという知人のSさんが、バリで動物の保護団体の
「B.A.W.A」と交渉してくださり、
サヌール地区でまだ接種を受けてない動物に接種してもらえる日を設けて
くれることになりました。


0901291.jpg
BAWAのスタッフの車

Sさんがワクチンの重要性をうたった予防接種のチラシを作ってくれたので
私達も近所のビラや隣の家などに配って説明をしました(つたない会話でしたが・・・)。

0901292.jpg

当日は、愛犬を連れたローカルの方や
外国人の方が大勢集まり接種を受けさせていました。
うちの箱入りキンタとマーニはおっかなびっくり、挨拶もうまくできませんでしたが、
なんとか他のワンちゃんたちに混じって接種することができました。

0901293.jpg
これがワクチン接種済みのタグです。0901294.jpg

どうか一日も早く狂犬病がなくなりますように・・・。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:バリ島 - ジャンル:海外情報

コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://pagifrom2007.blog111.fc2.com/tb.php/102-898b7654
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック