ちょいバリ親父の移住物語

バリ島に住んで10年目を迎えました。猫三匹も一緒にバリに移住しその後わんこも2匹増えて。現在にゃんず5匹、ワンズ2匹の大世帯となってしまいました。

P_20161106_124510.jpg


ブドゥグルの手前に今年の5月に新しくオープンしたという『シークレットガーデン』に行ってきました。



P_20161106_124905.jpg

P_20161106_124807.jpg
中々凝ったデザインの建物。



P_20161106_124915.jpg

入り口から博物館や石鹸工場のある2階へのアプローチ


P_20161106_144631.jpg
左手レストラン・コーヒーファクトリーのある建物から博物館のある建物を望む。


P_20161106_125106.jpg
1階を通して裏?奥の?景色が透けて見えるデザイン。


入場料が50,000ルピア(約400円)かかりますが、その半券で飲食物50,000ルピア分に充当することができます。
したがって入場料無料ということに。

おなかが減っていたので早速ランチを。


P_20161106_135347.jpg
半屋外のレストラン(2階)

1階にもレストランがあり半屋外と屋内レストランがあって屋内レストランはバイキング方式。




P_20161106_132615.jpg
女房はラクサ

P_20161106_132202.jpg
親父は香港風焼きそば

美味しかったし量も適量。


P_20161106_135323.jpg
奥はウエディングホールの工事中。

棚田がきれいだったなぁ。



食後、博物館を見ましたが、小さくてたいしたことは無いかな。


石鹼工場に入るには、使い捨て帽子をかぶり白衣を着て靴にはビニールカバーという物々しい格好で見学。

手荷物、カメラ、携帯など一切持ち込めず、ロッカーに預けたうえでの見学になるので、一切写真はありません。



石鹸工場はお菓子の工場と言われても区別がつかない(笑)


必ずガイドが付きますが、インドネシア語・英語・マンダリンだけで日本語ガイドはおいて無いのでインドネシア語ガイドにしました。

日本の観光客が減り続け、代わりに中国の観光客が押し寄せるというパターンです。
やはり中国の団体さんが来てました。




この『シークレットガーデン』は食事休憩をするのは、きれいで味も十分に満足できたので
とっても良いと思います。

ブドゥグル周辺にはこれといったレストランはなかったような記憶があるので、
立ち寄る価値はあるでしょう。




今日のにゃんこ

DSCF3254.jpg
食後のお仕事は寝ること

右から「はな」、「おうじろう」、「よーだ」、「みく」

DSCF3255.jpg

今日は「がんば」がミソッカス。
スポンサーサイト

テーマ:バリ島 - ジャンル:海外情報