ちょいバリ親父の移住物語

バリ島に住んで10年目を迎えました。猫三匹も一緒にバリに移住しその後わんこも2匹増えて。現在にゃんず5匹、ワンズ2匹の大世帯となってしまいました。

通常の朝ごはんは・・・・・・パンとフルーツとヨーグルト。
それにシリアルもしくは目玉焼きハムが加わることも。


最近ジャッフル(ホットサンド)焼きの器具を買ったので、それもお気に入り。

20161102_095044.jpg


P_20161102_094530.jpg

中身はチーズにすることが多いかな。
(写真が無いので器具の空き箱から)



でもパンばかりだと飽きてしまうのでたま〜にこういうものも食べたくなります。



『ナシ・クニン』といって黄色いご飯におかずは焼きそば、卵、鶏肉、甘辛のテンペなどが少しずつ入ったご飯のこと。
持ち帰って食べます。


P_20160919_065100.jpg
このように持ち帰り用の紙に包んでくれます。


P_20160919_065144.jpg
中を開けるとこんな感じ。



希望の金額を言って作ってもらいます、この日はおなかが減っていたので8,000ルピア(約65円)、少しだけ食べたいときは5,000ルピアかな。

5年ほど前までは5000ルピアで十分だったのにいつの間にやら7~8,000ルピア出さないと満足できる量にはならなくなってしまいました。




これはブブール・アヤム(鶏のおかゆ)

これも持ち帰りです。

最近はこんな容器に入れてくれるようになりました。

P_20161020_072155.jpg
別添えのスープとクルプック(エビセンのようなもの)が付きます。


ふたを開けると・・・・・・・


P_20161020_072209.jpg
赤く見えるのがサンバル(唐辛子)。


これにスープを掛けて。

P_20161020_072301.jpg
「いただきま~す!」


9月までは5,000ルピアだったのに今は6,000ルピアに上がっちゃいました。(約50円)

このおかゆも病みつきになる味です。



というように若干の変化をつけた朝食を親父は食べています。



女房は毎日パンとフルーツ。

ご飯類のナシ・クニンやブブールを食べちゃうとお昼になってもおなかが減らないんだってさ。




今日のワンコ

1477998691812.jpg
笑ってるように見えませんか~~?

喜怒哀楽の激しいマーニ。
いろんな表情を見せてくれて面白い。



スポンサーサイト

テーマ:海外食生活 - ジャンル:海外情報