ちょいバリ親父の移住物語

バリ島に住んで10年目を迎えました。猫三匹も一緒にバリに移住しその後わんこも2匹増えて。現在にゃんず5匹、ワンズ2匹の大世帯となってしまいました。

湘南や西湘地域に住んだ方や友人がいらっしゃる人は「ラオシャン」をご存知かと思います。
(湘南は茅ヶ崎まで、平塚以西は西湘になるので平塚は西湘です)



平塚北口にあるラーメン店「ラオシャン」

あと似たような味の「花水ラオシャン」というのもありましたね。

本家本元は平塚ラオシャン、今は1軒しかありません。
マイナーな話題すぎるかな?



一度食べて病み付きになるか、もう2度と食べたくないか両極端に分かれる味です。



親父は大学のときに、始めて友人に連れて行ってもらってこの味にはまりました。



メニューはタンメンと味噌タンメンと餃子しかないシンプルメニュー。

タンメンとはいうものの、まるでタンメンとは似てもいない別物です。


麺はカンスイの入ってない細うどんのようなもの。
スープは酸っぱい。
トッピングは玉ねぎのみじん切とわかめだけ。

これにラー油をたくさんかけて食べるのが通。


一応 親父キッチン


先日うどんを打ったときに細めに作ってこの味を再現しようと思いました。
数回スープを作って実験の結果・・・・・・・・

1人前
酢 大さじ 2
鳥ガラスープ  小さじ 1
ダシダ(牛だし )小さじ 半分
本だし      小さじ 半分
塩        小さじ 半分
砂糖      小さじ 1
油        小さじ 1
お湯250cc

生わかめ
玉ねぎ(大) 1/4

DSCF3018.jpg
どんぶりに玉ねぎのみじん切を入れてスープを入れる。
茹でた細麺を入れてわかめを載せて完成。




DSCF3017.jpg
かなり近い味になってると思います。
見た目もそっくり


ラー油をたっぷりとかけていただきました。
「うまいぜ!」





スポンサーサイト

テーマ:海外食生活 - ジャンル:海外情報

我が家にも光ケーブルがやっとやってまいりました~!

今や日本では当たり前。。。。ですよね。

9年前にバリに来たときのインターネットのスピードは256kbpsと信じられないような遅さ。
そのときの日本は100Mbpsがどうのこうのと話題になっていたような気がします。

時は流れ、昨年末くらいからバリにおいても光ケーブルの工事が進み、やっと国際的なインターネット環境が整ってまいりました。(観光地とオフィス街から先行したようです)

我が家のネット状況も悲惨なもので、今までADSL回線でしたがブツブツと切れてしまう。

ブログの返事を書いている時にもよく切れ、苦労をしていました。
コメントを入れ次画面に進む際に切れてしまう、したがって最初から打ち直し(泣)。

一つのコメントを入れるのに30分かかる時も。


これが、今までのADSL回線のスピード

Screenshot_2016-07-09-08-55-54.jpg
契約上は1Mbpsですから妥当なスピードだと思います。


そしてこれが昨日開通した光ケーブル

Screenshot_2016-07-22-11-17-30.jpg
契約は10Mbpsですから上出来上出来!

これからはストレス・フリーでネットサーフィンなどが出来ると思います。
なぜ「思います」としたかと言うと・・・・・日本と違って今日は良くとも来週はトラブル続き、ということが当たり前ですからね。


そのような事に腹を立てる人が多いのですが、その国の流儀に慣れないと生活できませんよね。
なんだか達観してるような表現になってしまいましたが、親父はこの国にお世話になってる身ですから。

『もちろん、この国の流儀に従います!』
(でもホントは心の中では若干イラついてますよ)


ついでにスマホのスピードテストをしてみたら、4G LTE 回線はやっぱし早い。

Screenshot_2016-07-22-06-45-32.jpg

バリの明るい話題でした〜!

テーマ:バリ島 - ジャンル:海外情報

先日、グランドゴルフの仲間たちと昼食後、おいしいフローズン・ヨーグルトの店があるよ。
という話が出てそれでは行こうと出かけました。

ここ数年バリではフローズンヨーグルトが人気ですが、日本ではどうなのかな?


場所はマッシーモの前あたり。

P_20160701_135347.jpg
どうやらスミニャックやレギャンにもあるみたいです。



ここは自分達でカップに入れる事が出来るお店です。(セルフサービスというのかな)


P_20160701_135305.jpg
・・・・・・でも、とてもむずかしいそうで店の子にやってもらったほうが良いとのこと。



DSCF2995.jpg
ヨーグルトは6種類 Tart, Caranel, mango, Vanilla, Pomegranate, Peach,があります。



P_20160701_135242.jpg
トッピングが18種。



サイズはスモール、ミディアム(Rp 45,000)、ビッグ(Rp 65,000)とありましたが、スモールを選択
2種類のヨーグルトとトッピング2種を選べます。

P_20160701_135747_1.jpg
親父はMangoとPomegranate(いちじく)にトッピングはマンゴとマシュマロを選択。

スモールはRp 25,000(約210円)

DSCF2996.jpg
後から来た外人はビッグサイズとかミディアムを頼んでいました。
どんな胃袋してるんだろう?


DSCF2997.jpg
店内の雰囲気

日本人にはスモールで十分な量でした。



マッシーモのジェラートも美味しいけど、たまにはこのフローズンヨーグルトも良いな。




今日のにゃんこ


DSCF3063.jpg
良く見ればよく見るほど変な顔の「よーだ」







テーマ:海外食生活 - ジャンル:海外情報



相変わらず乾季とはいえないバリの天候、雷や雨が時々。。。。。。
は~やく良い天気になって欲しいなぁ!


親父キッチン!


今回は20分でそれなりの料理が出来ちゃうのをご紹介。


お品書き
白身魚の香草焼き、ヨーグルトソース和え
付けあわせとして、さっと炒めのポテトとパブリカ&ピリ辛スパゲッティ
グリーンサラダ
ポークビーンズ(市販品)
ロールパン(市販品)


まずは料理スタート
ジャガイモの皮を剥き、3ミリ角くらいの拍子木に切り水に漬ける。
パブリカを細く切る。

白身魚に塩とハーブを振り掛けます。

レタスを洗って小さくちぎり、きゅうりの薄切りを作り冷蔵庫でお休みさせます。

下ごしらえした白身魚に細かく砕いたパン粉をまぶします。(パン粉の加工は時間外)

フライパンを熱してオリーブオイルを入れて温まったところで魚を投入、中火の弱火でふたをします。

水に5時間ほど漬けてあったスパゲッティを1分茹で上げてオリーブオイルとトマトケチャップ、サンバルであえて味を整えます。

ソースの作成
ヨーグルトとマヨネーズとマスタードの粒をコネコネして完成。

あとは何だっけ?
フライパンにオリーブオイルを温めて細切りのパブリカ投入、火が通ったらポテトを投入して塩コショウ、1分ほど火を入れておしまい。

ポテトを炒めながらお魚にも気を使い、ポテトの火を止めたらお魚の火を強くし表面をカリッとさせておしまい。

これだけは完成品、ポークビーンズをお皿に入れます。



P_20160628_181457.jpg
白身魚をお皿に取り、ジャガイモとパブリカのさっと炒め、ちょい辛スパゲッティを盛り込み
ヨーグルトソースをあえて完成!


P_20160628_181631.jpg
別皿でサラダとポークビーンズ。


今晩の夕食は20分で作ったけどチョビット豪華に見えるでしょう。
(実際には20分弱くらいで出来たぞ!)

ポテトのさっと炒めはしゃきしゃきとした食感が好きなんです。


最近は時短に挑戦中の親父でした。



今日のワンコ

DSCF2993.jpg
キンタの手がおかしい!

DSCF2994.jpg
何で???




テーマ:海外食生活 - ジャンル:海外情報


Selamat Hari Raya Idur Fitri.........

(断食明けのお祭りおめでとう!)



1ヶ月続いた断食も7月5日の日没と共に終わって、7月6日と7日はイドゥル・フィトリ(断食明け大祭)です。

7月にはいってからは近隣のお店が閉まり始め、ついに昨日は7,8割のお店が閉まっちゃいました。
閉まってるお店の店主はムスリムを信仰してる人たちで皆さん田舎に1週間から2週間里帰りするんです。


日本のお盆と同じ民族大移動、出稼ぎに来てる人達は田舎に帰っていき。
ジャワ島や他の島々からバリ島に観光に来るパターン。


こうやって見るとパサールもムスリムの人が多いので買いたい物が買えない。

現在開いてるお店は、サロン(美容院)、中華系飲食店、電気店(殆ど華僑経営)、建材店、バリ料理店くらい。

田舎に行けばバリ料理店がほとんどでしょうけど、都会にはバリ料理店が殆ど存在しない。

だ・か・ら、昼食をとるのに困ってしまいます。おいしいナシ・チャンプル店も皆休み。
結局中華しか選択主が無いというのもね~!

いかにバリの一般庶民の生活にムスリムの人たちがしっかりと根を下ろしているか、逆に考えればバリ人は何をしてるんでしょうね。


銀行や政府関係機関も7月2日から10日まで長~いお休み。
あと1週間くらいこの不便さは続きます。

でも観光地のお店は通常営業だから心配ないですよ。

テーマ:バリ島 - ジャンル:海外情報

先週のお話。

毎日雨だからやる事ないよ!
飯を作って食べるだけだ。


だから久々の親父キッチン。

朝ごはんを食べたんだけど、10時頃におなかが減ってたまらなくなりました。

もっとも朝ごはんを食べたのが、5時頃だったのでお腹が空いてもおかしくは無いですね。
(親父の朝ごはんは5時から6時位なんです)


何故か、こってりとした中華麺が食いたい!と思った親父。

冷蔵庫を確認すると白菜・サユールヒジョー(小松菜)を見っけ。
そこで好物の広東麺を作ることに決定。

きくらげをお湯で戻してる間に、白菜をそぎ切りにしてサユールヒジョーを3センチくらいに切り、きくらげを細切りに(親父はきくらげは細切りが好きなので)


麺用のお湯を沸かし始めます。

次にスープの作成。
1人前当たりの量です(わかりやすいでしょう)
●水1カップ
●しょうゆ大さじ1
●オイスターソース大さじ1
●砂糖小さじ半分強
●チキンだしの素小さじ2
●本だし小さじ1
●白こしょう適量
○水溶きタピオカ粉(片栗粉)
○ごま油少々

麺をゆで始めます。


野菜を炒めていき半分ほど火が通ったところでチリガーリックソースと●を投入。



●を投入した野菜たちが沸いてきたら水溶き片栗粉を投入して2,3回ほど混ぜてとろみをつけたら、火を止めると同時にごま油を少量混ぜます。

P_20160627_101432.jpg
ちょうど麺が茹で上がったところだと思うので、器に湯きりした麺を入れて、スープと具を載せて完成です。
今回はワンコ用のために出来上がっているゆで卵をもらって載せてみました。


お肉はいつも冷凍庫に有る自家製チキンハムを使っています。


P_20160606_124027.jpg
これがチリガーリックソース(豆板醤が入手できないので代用として使っています)
豆板醤以上においしくてgood!



これでも十分美味しいんだけど、人参とかマッシュルームを入れたらもっと美味しかったと思うな。。。。。。。。


今日のにゃんこ


DSCF3002.jpg
女帝「はな」を守るように寝ている「がんば」と「よーだ」


テーマ:海外食生活 - ジャンル:海外情報