ちょいバリ親父の移住物語

バリ島に住んで10年目を迎えました。猫三匹も一緒にバリに移住しその後わんこも2匹増えて。現在にゃんず5匹、ワンズ2匹の大世帯となってしまいました。



P_20160630_072353_1.jpg
今朝、1週間ぶりに晴れたのでビーチ・ヨガに出かけると、久々のアグン山が出迎えてくれました。




前回納豆を作った時に、次回は2階建てで作ろう。

そうすれば一度に大量に作れる。

これが予定通りの2階建てです!


ちょっと分かりにくいかも。。。。
P_20160625_072816 - Copy
パレットを2段重ねにしています。

ペーパーは結露が大豆に垂れるのを防止する為に使用。


これで500gの大豆をいっぺんに納豆に。
重量が乾燥大豆の2倍くらいになるので20パック近い量の納豆が出来ました(笑)

小分けにして冷凍庫で保管します。




前置きが長かったけど、ここからが本題です。

そこで早速、納豆スパゲッティを作りました。


IMG_3802.jpg
納豆に玉葱のみじん切を入れて混ぜ混ぜ。

十分に粘ったところに
お味噌としょうゆ・みりん・本だしで味付けして混ぜ混ぜしてスパゲッティの上に載せ。
さらに半熟玉子を載せて海苔をかけました。

この玉子はエッグベネディクトを作るときの手法で作りました。

玉葱の食感とほんのりとした甘さが合うんですよ。


IMG_3806.jpg
そして付け合せは自家製チキンハムを使ったサラダ。
チキンハムも冷凍庫でいつでもスタンバイ。

ドレッシングはノンオイル、いつも三杯酢を作ってかけています。

盛り込みがイマイチですがヌルのセンスに任せてるので。。。。



多分健康夕食だと思うんだけど、いかがでしょうか?


スポンサーサイト

テーマ:海外食生活 - ジャンル:海外情報

昨日の夕食はさっぱりとしたものが食べたくて朝ごはんみたいなのにしてみました。
(実は昼にミーセタン(悪魔の麺と呼ばれる激辛麺)を食べたんですがオーダーと違う激辛が来たのを途中まで知らずに食べちゃいました。おかげでおなかが熱い!)

そこで家にあるものを使っての簡単メニューで。


・ほうれん草のおひたしはゆでて冷凍しておいたもの。
・にんじんのきんぴらはにんじんが有ったので作ってみました。
・先日ジンバランで仕入れた魚の「親父風味噌漬」けが冷凍してあったのでそれを焼いたもの。
・塩ミニおにぎり(Sさんから頂いたお塩まだ活躍中です)



要するにおにぎりときんぴらを作っただけでした。

P_20160622_183916.jpg
作ったものをとりあえず置いただけで写真を撮っちゃいました。
きちんと並べれば良かったけれど、おなかが減って。。。。。。




でも~和食は塩分の取りすぎが怖いので、しょうゆは少量しか出ないしょうゆスプレーを使用。


IMG_3799.jpg
これは100均で売ってる優れものですよ。




今日のワンコ
今年の天候は異常で雨季に雨が降らなかったのに乾季の今、雨と雷が多いのはどういうこと?

IMG_3809.jpg
ふてくされて寝てるキンタ
相変わらずのハゲの状況は患部が乾いて良い感じ。


IMG_3812.jpg
キンタを写してたら起きちゃいました。





テーマ:海外食生活 - ジャンル:海外情報

うどん・魚と来たら次は納豆つくり~!

今まで納豆つくりは控えてきました。
なぜなら発酵食品を定期的に作っているからなんです。

ヨーグルト、赤ワイン、たまにどぶろく、などを作る時は納豆菌は大敵なんです。
特に作る頻度の高いヨーグルトが心配で。。。。。。


でも納豆は身体に良いというので親父はもちろん、ヌルの血液のためにも、ほぼ毎日食べさせないといけません。
でも手作りしないと家計が破綻してしまいます。

インドネシアでは納豆は高級品、3個パックで230円位。
日本だったら4個パックで90円くらいだったかな。

ちょうど友人のSさんから数回分の納豆菌を分けていただき、温度管理の方法などを教わってきました。



今回200gの大豆を2パック買ってきたのですがヌルが全部洗って水につけちゃいました。



400gいっぺんに作るのは大変だ???

考えた結果ひとつはヨーグルトメーカーで作る事に。

もうひとつは2日間水に漬けた上でこれから保温箱を作って納豆を作ることに決定。(親父が作ってるヨーグルトはカスピ海なのでヨーグルトメーカーは使わない)

乾燥大豆を水に漬けるのですが、バリは気温が高いので腐らないように冷蔵庫に入れておきましたよ。

IMG_3747.jpg
こんな感じで蒸していきました。
4時間半ほど蒸してやっと柔らかくなりました~。



蒸し上がった大豆に納豆菌を湯冷ましに溶かしたものを振り掛け適当に混ぜ合わせます。

P_20160527_072316.jpg
そしてこれはヨーグルトメーカーで発酵させています。
右側にあるのは変圧器。

IMG_3745.jpg
26時間位経過したらこんな感じに発酵してくれてました。

このあと冷蔵庫で熟成。


20160605_085446 (1)
2日目は2日間水に漬けた大豆を蒸して、今回制作した保温器に入れます。

今回家のそばで買ったこのような発泡スチロールの箱をバリでは簡単に入手できます。
これはRp7,000(約55円)


20160605_085431.jpg
100均で買った外気用温度計が大活躍。
(製パン用を流用したので製パン用にもう一つ買わなければならなくなっちゃった)

今は適温を示しています。

保温器の中はお湯を入れた4合瓶をタオルに包んで1本ないし2本入れておきました。
4時間おき位にお湯を沸かしなおして保温器内の温度が40度前後になるように調整します。
IMG_3772.jpg
これは再現フィルム

でもずっと見てるわけではないので、見に行くと35度だったり45度以上だったり結構適当な温度管理。
(こんなんで大丈夫か???納豆菌の生命力に期待)

20160605_085414.jpg
やがて24時間ほどすると大豆に白い膜がかかり納豆のほぼ完成。
納豆菌やっぱり頑張るわ!

でもこの時点では食べられません。
アンモニア臭くて食べる気にならないよ!

1.5日ほど冷蔵庫で熟成させてやっと完成です。

20160605_085401.jpg
こんなに糸を引いて美味しそう!
2日連続して違う作り方での納豆つくり疲れた~~!


だけど両方とも自画自賛ですが、これはこれは旨い納豆が出来ました。

今回の反省点としては大豆を蒸すと時間がかかりすぎるので、次回はゆでてみようと思います。
作るのが楽なのはヨーグルトメーカーですが次回は400g同時に保温器で作ってみようと思います。

パレットをもうひとつ買って2階建てにして作ってみますね。

おそらく今月末には作らないと。


何故か手作り3部作になっちゃいましたね。




テーマ:海外食生活 - ジャンル:海外情報

こちらインドネシア・バリ島でもプアサ(断食)が始まりました。

我が家のお手伝いさん「ヌル」もジャワ島から出稼ぎに来てるムスリムなので断食を始めました。

毎朝4時半くらいまでに朝食をとった後は水さえ口に出来ません。
だからこの時期、ヌルの目の前での水を飲むのはついつい遠慮しちゃいます(汗)

夕食可能なのは毎日刻々と時間が変わるようですが昨日は18時15分頃に「プアサが開けました~」
と言ってきたので夕食にしました。



ちいちゃな子はプアサはしないとの事。
小学生高学年になってプアサを始めるそうですが、最初はゆるく段階的に始めるそうです。
(体力が無い子に無理はさせられないですね)

小学校3年くらいまでは半断食といって朝、食べたら12時から13時まで断食明け、その後夕方までは、又断食をするそうです。

このプアサは1ヶ月間続き、7月の6,7日に開けてラマダン(断食明け大祭)が始まり、日本のお盆休みのように民族大移動が始まります。

みんなこの時期に田舎に帰って子供や親達に会いに行くんです。
あと観光も。

日本のお盆休みとおんなじでしょう。

この時期だけ夕方になると売られ始めるものがあります。

IMG_3775.jpg

14時間以上も胃の中に何も入れなかったので胃に優しいといわれる「コーラッ」と呼ばれる食べ物を口にしてまずは胃を安心させるというか落ち着かせて食事を始めるんです。


IMG_3782.jpg
IMG_3777.jpg
IMG_3788.jpg

日本の方にはなじみの無い断食(プアサ)というのはこうして1ヶ月の間行われていきます。

少しだけでも断食(プアサ)の事がわかっていただければ幸いです。



テーマ:バリ島 - ジャンル:海外情報

通常の親父の朝食はパン・シリアル・ヨーグルト・フルーツ
が基本かな。

でも~月に何回かは違うものを食べたくなるんです。

ひとつはブブール・アヤム
これはおかゆに鶏肉の細切が入っててちょいピリ辛で美味しい。

もうひとつはナシ・クニン
これはイエローライスにいろんなおかずを載せたナシチャンプルの朝食バージョン。

ナシ・クニンも来た当初はRp3,000で買えたんですが、いまやRp5,000~6,000になって量も少ない。
いまやRp8,000出さないと満足できない。

ひたひたと物価が上がっています。



買い方はいたって簡単・・・・・・・Rp 5,000一つ とか Rp 8,000一つ とか欲しい金額と個数を言うだけ。


今日のナシ・クニンはRp8,000.で作ってもらいました。
玉子、鶏肉、やきそば、とうもろこしの天ぷら、アボン(肉のふりかけ)など。

20160605_085907.jpg
こうやって紙を三角形にして包んでくれる。

20160605_085924.jpg
開けるとこんな感じ、写真を撮る前にフライング、ご飯を崩して玉子を切っちゃいました~(汗)

20160605_090002.jpg
おかずのUP

相変わらずインドネシアのご飯は茶色系、昼も晩も同じ色。目で見て食べる日本人向けではないですね。
でも、美味しいんですよ!


月に何回かはこのような食事を取らないと変化無いからね。





今日のワンコ
IMG_3766.jpg

IMG_3771.jpg
カラーを着けたキンタ、かれこれ1週間カラーを着けています。

最初は何かのかぶれだったようですが首の下などを、掻いて掻いて赤剥けになっていました。
カラーを着けたら掻いても脚がちょうどカラーに当たるので、掻き壊したところは大分良くなってきました。

テーマ:バリ島 - ジャンル:海外情報

P_20160608_103854.jpg


我が家では大体3ヶ月おきに家のオダランがやってきます。

このオダランとはお坊さんを呼んでサンガッ(家寺)にお参りする事をいいます。



オダランはお坊さんを呼んだりお供え物をしたり結構物入りです。
我が家のオーナーはお金があるので、このような儀式を忠実に行えるんでしょうか。



今朝も9時半頃からオーナーとスタッフ3名ほどでお供え物などの準備をはじめて、準備が整った頃に
お坊さんが現れてお祈りを始めます。




P_20160608_152649.jpg
これが家の中で一番大きなサンガッ。
階段を上がっていくと全貌が現れます。


P_20160608_152615.jpg
このサンガッはかなり大きな部類に入ると思います。
今までにこのような大きさのものは数回しか見たことがありません。


P_20160608_152723.jpg
もうひとつのサンガッ。
これが一般的なサイズ。




P_20160608_152854.jpg
このほかにも家の中に、こういう簡便なものが2ヶ所祭られています。



一番上の写真は門の外におかれたお供え物。
バナナやカステラなどのお菓子が供えられてるのがわかります。
(クリックすると写真が大きくなりますよ)


あと、新月と満月の時にはお坊さんは来ませんが、3人くらいで来てお供えをしてお祈りしていきます。
バリヒンドゥはこのような儀式が多いので大変なことだと思います。


家を借りるときに、日本と違うのはどのような時に家に来てお祈りをするかは大家さんに聞いておく重要な事柄です。
大家さんによっては貸した家は関係ないといってこない方もいらっしゃいます。


テーマ:バリ島 - ジャンル:海外情報

前記事の写真一部入れ替えたので見れるようになったと思います。



久々に魚市場に出かけました・・・・・・・・・・・・!



お手伝いのヌルが「手がしびれる」というので病院に行ったところ、悪玉コレストロールが高くなってるのが判明。
そのため食事療法をすることになりました。

ヌルが我が家にやってきて9月で丸6年。
実はこの間に20キロも体重が増えてしまいました。

原因は今まで肉は月に1回鶏肉、1年に1回の牛肉程度しか食べなかったらしい。
めったに食べることがなかったのに、殆ど毎日肉か魚を食べるようになった事と昼食と夕食をしっかりと食べれるようになった事らしい。

インドネシアでは野菜料理はほとんどが炒めたものか、炒め煮になるため油の摂取量が多くなってしまう。
それと日持ちさせるため魚も肉も揚げ物がほとんど。


対策として
・野菜料理は茹で野菜を中心としたものに変更。
・毎夕食、生玉葱をサラダにして食べる(ドレッシングはノンオイルで作っています)
・ポテトフライも揚げずに少量の油でフライパンで焼くだけ。
・メニューに気を使うようにした結果、和風料理を週に2回ほど食べる事にしました。
(今まで我が家では殆ど和風料理は食べていなかった)

太らせてしまったのは親父達の責任なのでゆったりと減量させながらコレストロールの値を下げていく事に。

ちゃっかり親父も一緒になって食事量法中です。


肉を減らして魚を食べる・・・・・・・だから魚市場に来ました。


IMG_5016.jpg
ジンバランの海が広がる市場の前。

いつきても海がきれい。


P_20160505_120813.jpg
市場の中は相変わらずごった返しています。


20160527_020402.jpg
タコやら貝やらいろんな魚が並んでますよ!

IMG_4975.jpg
こんな青い魚も多分「はぎ」系の魚だと思う。




1462487479233.jpg
まずは味噌漬けにするための魚を物色、この魚を選び3枚におろしてもらいました。





塩サバを作ろうと思いサバも探したんだけど25センチサイズしかなくて買えなかった。



P_20160505_121047.jpg
市場内を見てるとマグロの頭を発見!

マグロあるよ!
寿司OK!だよ。
(もちろんインドネシア語)



IMG_4977.jpg
と言われて値段を聞くと1キロRp120,000(㌔千円くらい)
安いですねぇ!
1462487461448.jpg
約1キロ購入。




P_20160505_152359.jpg
3枚におろしてもらった魚を切り身に。

名前わからない魚を味噌漬けに(西京味噌風にしました)

P_20160505_152440.jpg
親父特製の味噌だれをまぶしたところ。


P_20160506_073746.jpg
マグロはサクに造り、生食用のためまわり6面をすべてそぎ落として保存分は冷凍。


サクが4本作れました。
そぎ落としはさっと焼いて生サンバルをつけて食べたら美味しかった!

これは、はまりそうな味ですよ。

もちろん刺身も旨いし、西京漬けもどきも美味しいです。




本日のにゃんこ

P_20160530_074612.jpg
へそ天おうじろう

・・・・・・なんで上向いて寝るかなぁ?

熟睡です。。。。。。









テーマ:海外食生活 - ジャンル:海外情報