ちょいバリ親父の移住物語

バリ島に住んで10年目を迎えました。猫三匹も一緒にバリに移住しその後わんこも2匹増えて。現在にゃんず5匹、ワンズ2匹の大世帯となってしまいました。

3日目 3月11日 前半

今日は3大寺院とアユタヤ巡り。

最初は鉄道でアユタヤへ行き、トゥクトゥクに乗って遺跡を周ろうと思っていましたが、鉄道は時間が不安定という情報もあったため、車をチャーターすることにしました。
カーチャーターも4人で割れば、鉄道&トゥクトゥクで回るのとほぼ同じ料金!

朝9時にホテルへ迎えに来てもらい、まずは涅槃仏で有名なワット・ポーへ。

3大寺院巡りも車でまわってくれるのかと思っていたら、ワットポーで降ろされ、12時半に集合って。


P_20160310_100704.jpg


P_20160310_095152.jpg
リクライニング・ブッダ。。。。気持ちよさそうに横たわってますねぇ。

P_20160311_112857.jpg
現在足の裏が修復中で白い膜で覆われ、中で職人が仕事していました。
ふ~~ん足の裏は象嵌細工だったのね。

P_20160310_095702.jpg
煩悩を清める為に108つの壷に小さなコインを。
「チャリン!チャラン!」という心地よい音色が響きます。

何故か女房はコインがあまり、親父は足りなかった。
この辺りはアバウトですね〜。

P_20160310_101123.jpg

P_20160310_101100.jpg
この両手を前に出したスタイルは、日本ではあまり見ないような気がした。
災を入れぬためだそうだ。

後日来るため、しっかりとマッサージの場所も下見しておきました。


次は王宮をめざして歩きます。

P_20160310_103007.jpg
結構遠かった〜〜。
20分くらい歩いたかな?

P_20160310_103411.jpg
やっと到着したら、なんと!
某国の軍団があらゆるところに。

修学旅行のようにグループごとに旗を持っています。

P_20160310_104223.jpg
混雑する入り口を越えて中に入ってもこの状態。
正面に見えるのが王宮です。

とっても歩ける状況ではありません。
酸欠で息もできないくらい。

ま、ここも昔来たことあるし、、、ということで退散!

王宮をあきらめ、エメラルド寺院に向かいました。

20160324_054343.jpg
船着場から対岸まで船に乗ります。

P_20160310_110933.jpg
エメラルド寺院は殆ど修復も終わりだと聞いていましたが、、、
残念!まだ足場が残ってる。

P_20160310_112418.jpg
修復中

P_20160310_100957.jpg

P_20160310_112431.jpg

P_20160310_111322.jpg
修復が終わった部分は金ぴかですね~!

ここでは某国軍団には会わないで無事に見学終了。

このあとアユタヤ遺跡巡りです。




スポンサーサイト

テーマ:タイ・バンコク - ジャンル:海外情報

2日目   3月9日

今日2日目はタイシルクで有名な「ジムトンプソンの家」を見て、その他は自由行動の予定。

親父は朝食後ホテルのプールでのんびり。
ナライホテルは廊下が冷えてるので、部屋の空調を切っていても部屋まで十分冷えてるので、プールサイドの暖かさが気持ち良いな。

11時頃、友人 I さん夫婦と共にホテルからタクシーで「ジムトンプソンの家」へ。
4人だとタクシーの方が割安。


日本語での案内が始まるまで30分足らずの時間、ショップなどを見て時間をつぶしました。
いいものあるけどお値段もいい。

20160324_052211.jpg
蚕をつむいでるのはじめて見ましたよ。

蚕をゆでてる鍋からほそ~い糸が出てるのわかるかなぁ(左上の写真)。


P_20160309_120326.jpg
家自体もいろいろな工夫が施され、またアンティークの蒐集品も見事ですが、内部は撮影禁止のために写真はこれだけ。

見終わったあとは表通りまでカートで送ってくれました。
そこで解散してそれぞれ単独行動に。

親父たちは、昔良く行ったマーブンククロンセンターがすぐ近くなので行ってみようと。
5分ほどで到着。

P_20160309_162047.jpg
相変わらず小さなお店がひしめき合っていますが、昔より小綺麗になった感じ。
それに以前よりも外国人が多くなったような気がする。

1階から4階までがファッション関連が殆ど。

P_20160309_161252.jpg
2階から1階をみたところ。
この時は下着のセールやってて、女房が「安い!安い!」としっかり買い込んでいました。

20160319_110324.jpg
そして5階は携帯ショップがフロア全てを埋めています。

右上の写真IPhone6S+が5,300バーツとありますが、日本円で大体17,000円くらいです。
メチャ安でしょう!しかも何と新品。

でも、、、中身はアンドロイドなんですよ〜!(バリでも売ってるのを見たことありますけどね)


IMG_4538.jpg
6階はフードコーナー
ここもメチャクチャきれいになってて驚き!

IMG_4537.jpg
楽しみにしていた庶民の味「バーミーナム」
これこれ、懐かしい〜〜!うまかったなぁ!

IMG_4545.jpg
女房が友達から美味しいと聞いて来た「マンゴと餅米のデザート」
確かにうまし!


IMG_4543.jpg
しかしデザート屋さんはバリと同じ、毒々しいですね。


この後は、お隣の駅のバンコク最高級のモールまで歩いて移動。

P_20160309_184007.jpg
これが「サイアム・パラゴン・ショッピングモール」

P_20160309_175601.jpg

我々には縁のない超高級品のお店がずらり。
ヴィトンやカルチェ、シャネルなどのブランドが全て入っていました。

そんなところにユニクロもしっかりと店を構えていました。
実はここを見るのが目的でしたが、マーブンクロンセンターの安さを見たあとは、高級品に思えて何も買えず(泣)。

P_20160309_184110_NT.jpg
出てくるとすっかり夕方。
辺りは雰囲気ががらっと変わって「ここはどこ?」

そしてホテルへ戻り一休みしてからタイ料理を食べに出かけましたが、ホテルの周りはほとんどが中華の店。

IMG_4579.jpg
そんな中にやっと見つけたタイ料理の店『SARADEE』
入ると日本人のお客様しかいない、なんと在タイ日本人のたまり場のお店でした。

日本のおしゃれなタイ料理レストランで食べるようなお洒落な味(どんな味だ?)。
辛いもの苦手な人にはいいですが、親父たちにはちょっと物足りなかったな。


IMG_4581.jpg
〆はホテルの近くでフットマッサージ。
1時間900円位。

バリの足つぼマッサージと違って痛くなく気持ちよかった。
(親父はバリの足つぼマッサージは苦手なんです)

2日目の夜もバタンキュー!






テーマ:タイ・バンコク - ジャンル:海外情報

1日目
3月8日11時 エアアジアにてデンパサールから4時間ほどでバンコク・ドンムアン空港着。

空港で少しだけ両替したあと、まずは予約したナライホテルを目指します。

ルートは事前に調べておいたので、迷うことなくエアポートバスにてBTSのモーチット駅→サイアム駅乗り換え→チョンノンシー駅まで行き、そこから徒歩で。

IMG_3704.jpg
ナライホテル外観。

部屋に荷物だけ置いて両替と昼食をしに出かけました。

20分くらい歩いたでしょうか?
レートが良いと言われてるタニヤ通りのタニヤスプリットで無事に両替完了。


今回同ご一緒した友人の I さんご夫婦ですが、なんと奥様がギリギリまでデング熱で寝込んでいて、病み上がりでいきなりのタイ料理はキツいだろうということでお寿司屋さん『築地』へ。

親父はタイで初体験の日本食となりました。


IMG_3683.jpg
ランチはこのボリュウム。
大体1,000円弱でした。

IMG_3685.jpg
何とか食べきりましたが、1.5盛くらいの量ありますね。

P_20160308_170453.jpg
プラプラと歩いてホテルに帰り、早速プールで一休み。

P_20160308_191516.jpg
部屋からの夕日

18時頃ホテルを出て、親父たちが15年前に行った時はなかった『アジアティーク・ザ・リバーフロント』を目指してシャトルボートに乗り込みました。

チョンノンシー駅→BTSで2駅先のサバーンタクシン駅で下りてそこから無料のシャトルボートが出ています。

乗り場は長蛇の列!
10分位、並んで乗り込んだシャトルボートもぎゅうぎゅう詰め。

観光客よりローカルの方が多かった。
人気があるんですね。

P_20160308_202513.jpg
ボートから見た『アジアティーク・ザ・リバーフロント』

P_20160308_203054.jpg
何処もかしこもすごく混んでいました。

一通り流して歩いてると、、、

IMG_4511.jpg
これ、何だかわかりますか?
南京錠にカップルの名前を書いてフェンスに止めてあるんです。

昔、平塚の湘南タワーでも流行りましたね。
、、、って、30~40年も前の話だから知らないよね。


その後タクシーで中華街まで。

IMG_4512.jpg

P_20160308_214220.jpg
人気店「和盛豊」を見つけ出し、いざフカヒレ〜。

P_20160308_214349.jpg
『フカヒレとアワビのスープ』

うーん、、、、残念、期待していた味ではなかった。
普通に美味しいんだけど物足りない。

確かに客席は殆どフル、外国人もけっこう多い。
フカヒレメニューはたくさんあったので、ミスチョイスだったのかも。

IMG_4518.jpg
あとは海老の蒸したもの。

IMG_4517.jpg
ヤキソバの類(半分くらい食べてしまった)

少し中華街をぶらぶら。

20160318_211328.jpg
食材店で『どんこ』を親父の頭ほどの量を購入。
中々の上物でした(バリでは壊れたようなどんこしか手に入りにくいし、上物はとっても高い)


そしてタクシーでホテルへ直行し、シャワー浴びて爆睡。
15年前とは体力も違うからね〜。

夜遊びもせずバンコクの夜は老けて更けて行きました。





テーマ:タイ・バンコク - ジャンル:海外情報

今回のニュピ脱出、バンコクでのスケジュールをざっくりと書くと。。。。

3月8日(1日目)
午前:バリからバンコクへ 
午後:フリー
夜:アジアティーク・ザ・リバーフロント散策
夕食:中華街にてふかひれ

3月9日(2日目)
午前;プールでのんびりした後、ジムトンプソンの家
午後;フリー

3月10日(3日目)
一日カーチャーター:バンコク三大寺院(ワットポー、王宮、ワットプラケオ)、アユタヤ遺跡観光
夕食:ソンブーンで蟹カレー。

3月11日(4日目)
午前:ワットポーにてタイ古式マッサージ。
午後:フリー
夕方:マリオットホテルのルーフトップバーで夕日と夜景鑑賞
夕食:コカレストランにてタイスキ

3月12日(5日目)
朝食後バンコクより帰国(昼便)


こんな感じで計画を立て、友人夫婦とは観光や夕飯は一緒に、その他はフリータイムということにしました。



細かいエピソードはまた順を追ってアップしますが、今回のバンコク旅行で印象深かったことをまず。。。

『移動が超便利になってた!』

2001年に行って以来15年ぶりのタイの現状にびっくり!

街中の騒音が少なくなり、排気ガスの匂いもなく、バイクの数がめちゃくちゃ減っていました。
そして新交通システム(BTS)と地下鉄(MRT)が走っていてどこへでもすぐに行ける〜!


もっとも2001年にはBTSが走っていたのですが、この時はパタヤだけだったのでBTSの恩恵は受けていません。


IMG_3670.jpg
BTSの駅

IMG_4491.jpg
電磁カードを購入して改札へ(空港からホテルへ)

IMG_3674.jpg
ホームドア完備で安全

P_20160311_131824.jpg
MRT(地下鉄も完全自動改札、営団地下鉄南北線と同様のホームドア完備)






次に今回の旅で一番気に入ったのが

ワットポーのマッサージ。最高!。

タイマッサージは以前の記憶に寄ればバキッ!ゴキッ!ウギャーーッ!(悲鳴)という調子でマッサージをうけた記憶があるのですが、今回受けたワットポー寺院の中にあるタイ古式マッサージはもっとやさしくじんわりと、でもポイントでは痛くて痛くて痛くて思わず声が出てしまうほど痛〜い!

痛いんだけど気持ち良〜くマッサージしてくれました。

判りますかね、この感じ 《痛・気持ち良い》 という感じです。

女房も親父もここのマッサージは最高に気に入りました。

普通マッサージというとルーティンが決まっていて左右対称に行われますが、ここではそうではなく、人の体に合わせて施術してくれてるみたいです。
隣りでマッサージ受けてる女房とは違うルーティン。

悪いところを重点的に、まさに治療してくれてる感じ。

P_20160310_100349.jpg
施術時間と料金表(1バーツは大体3円強で推移しているようです)

P_20160311_110614.jpg
ここがワットポーのマッサージ。

P_20160311_110545.jpg
左の人が親父を、右の人が女房をマッサージしてくれました。

このところ女房は50肩?なのか左手が上がらなくなっていましたが、マッサージ後は何と腕が上がるようになっていたから驚きです!
しかし、左肩周辺を揉みほぐされてる時は相当痛かったそうな。。。


また、ワットポーでのマッサージを受けにバンコクに行きたーい!。
エアアジアだと往復で2万円くらいか。。。。本気で考えてしまいます。


バンコク旅行記、順次まとめて報告しますね!






テーマ:タイ・バンコク - ジャンル:海外情報

今年もバリヒンドゥのお正月「ニュピ」が3月9日にやってきます。

ニュピの日は火や灯りを使ってはいけないと決められており、外出や労働も禁じられます。
空港や港湾も閉鎖され(3月9日朝6時から10日朝6時まで)、最近ではTVの放映も止まってしまいます。

バリでは静かに暗くすることで悪霊を追い払い、新年を平和に迎えることができると強く信じられてるそうです。
本当に鳥のさえずりくらいしか音が聞こえなくて静寂そのもの。

いつもはゴンゴンうるさい「キンタ」と「マーニ」も静かです。


また、ニュピは新月の日と決まっているので、灯火のない夜空には普通では見えないような星が広がって素晴らしい星空を展開します。

最近ではわざわざニュピにバリに滞在するように出かけてくる観光客も増えて、前日に行われる「オゴオゴ」のパレードは大混雑です。



今まで8回静寂の日を経験してきましたが、今年は初めてニュピにバリ脱出をし、友人夫婦とバンコクに遊びに行ってきます。
2001年にバンコクに行ったのが最後ですから、どのくらいの変貌を遂げたのか楽しみです。


そんなわけで今年はオゴオゴパレードを見れないので、制作過程をちょっと覗いてみました。



町のあちこちに制作中や完成したものが置かれてました。

IMG_3616.jpg
これは子供用のオゴオゴ
ちょうど制作場から道に展示されたところ

IMG_3619.jpg
これはまだ製作中の子供用のオゴオゴ

IMG_3618.jpg
製作中の大人用

IMG_3623.jpg
完成して展示されてる大人用

IMG_3624.jpg
これも完成

IMG_3647.jpg
見てる子供たちとの比較で大きさが分かりますね。

どれも悪霊らしくエグイです。



明日の朝バンコクへ出発します。
バンコクから帰りましたら、報告しますね。





テーマ:バリ島 - ジャンル:海外情報

昨年の秋頃からクタにあるモルバリギャラリアに 『H&M』が近々オープン!という掲示がありましたが、一向にオープンせず。
「coming soon!」って一体いつになるんだろうと思っていました。

先日、シンパンシウールを通りかかったとき、目ざとく女房が「あ! H&M の看板が出てる。オープンしたのかも〜?」と言うので急遽寄り道をしてみました。

IMG_3628.jpg
女房の言うとおりオープンしていました。
さすがこういうことに気づくのは早い。。。

2月27日にオープンしたようです。


IMG_3630.jpg
平日の午前中の早い時間帯だったから空いていました。

IMG_3633.jpg
婦人服・子供服そして紳士服、下着や小物もあります。

IMG_3642 (1)
女房もいろいろと見てましたが、結局購入せず。
親父はTシャツを購入。

IMG_3635.jpg

ここで気がついたのはインドネシア人のお客さんが靴を履いている人が多いこと。
そしてきちんとお化粧してスカート姿が多い。
ベビーカーを押しながら買い物するマダムもいました。

ジャカルタの高級モールで見たような客層で、いったいどこから沸いてきたのか不思議です。

普段よく見かけるのはGパンにTシャツ姿で、ほとんどがビーサン。
外人(親父たちを含めて)なんかもっと思いっきりラフですよね。


田舎のバリが変わっていくのは嫌だけど、買い物が便利になったり、きれいな女子が増えるのは良いですな。。。



今日のわんこ

テーブルの下で待ってれば何かもらえるよ〜って?

最初は厳しくしてたんだけどなあ。。。
すっかりダメな飼い主になってしまいました。

IMG_4281.jpg
おすわり「きんた」

IMG_4283.jpg
おねだり「マーニ」





テーマ:バリ島 - ジャンル:海外情報

タバナンにお住まいのKAIさん(KAIさんのブログはこちら)から
「お宅の近所に日本食レストラン「みのり」がオープンしましたよ!」という連絡を以前いただいていました。
うちの近所のことなのに、遠方にお住まいの人の方が情報が早いのは何故だろう。。。。


我が家から徒歩圏内の和食系のお店には「天咲」と、少し遠いけど「ムティアラ」があります。
今回オープンした「みのり」は歩いては行けないけど車で5,6分の近距離。

これは行かなくては!と思っていたのですが、我が家は昼は外食、夜は自宅で食事が基本線。
今のところ夜のみオープンの店なので、なかなか行けずにいました。

そんなこんなのうちに、友人たちから「美味しい」という評判がチラホラ入ってくるようになり、しかも3月一杯日本人会会員なら20%オフ!という情報も!

これはもう行かなきゃ!ということで行って参りました。



車を店の前につけると、駐車場係りが路駐の案内をしてくれて道路の横断もアシストしてくれました。
こういうのはホントありがたい。

1階が満席だったので2階席へ。
ワンフロアに3、4テーブルだったかな。
そんなに広くはなかったですが、3階まであります。

入った時にはおそらく日本人グループが1組いたような気がしますが、帰りには全てチャイニーズインドネシアン(いわゆる華僑です)になっていました。

「みのり」のある Sestan 近辺はミニ中華街といって良いほど、中国系料理店が並んでいます。
親父も昼食はこの通りで食べることが多いです。

IMG_3611.jpg
店内の様子

IMG_3579.jpg
壁には日本酒の樽の装飾。


今回食べたものは

IMG_3582.jpg
天ぷら盛り合わせ
サクサクと揚がっていて美味しかった。


20160301_212213.jpg


シャケトロ刺身、カニサラダ(アボガド添え)、焼き鳥
20160302_143342.jpg


シャケ手巻き寿司(中身はパリパリに焼いたシャケの皮でした)
黒マグロ大トロ巻き、かっぱ巻き


20%引きだったのでビール大瓶2本とあわせて、Rp360,000位でした。(3,200円位)

どれも皆友人達の言うとおり美味しかった〜。


それにスタッフがとても感じが良かった!。
お客様に気を配ってよく見てる。

こちらではスタッフ同士で話しに夢中だったり、携帯をいじくってこちらを見てないとか、お客さん無視が多いが、ここのスタッフはみんなきちんと仕事をしていて気持ちがよかった。


あと注文したのがスムースに出てくる。
結構お客様が入っていたのに感心しました。


メニューも日本語・中国語・英語の3表記
中国人も日本食好きですからおしゃれで小奇麗なこの店は、流行るでしょうね。

でもあまり観光客の来る場所ではないので、英語メニューが活躍するときがあるのかな。。。?





今日のにゃんこ

IMG_3613.jpg
普通は写真を撮ろうとすると気がつくのに、今日は何故か爆睡の「がんば」



テーマ:海外食生活 - ジャンル:海外情報