ちょいバリ親父の移住物語

バリ島に住んで10年目を迎えました。猫三匹も一緒にバリに移住しその後わんこも2匹増えて。現在にゃんず5匹、ワンズ2匹の大世帯となってしまいました。

このワルンは最近レノン近辺に出来たお店です。
デンパサールにも先日見つけました。

スマトラ・ジャワ・カリマンタン・スラウエシにもあるようです。

FullSizeRender (17)
織田 ZUSHIODA
という店名かな?

SUSHI って書いてあるのかと思ったら、ZUSHI…よくわからない名前です。


ホットスパイシー味噌ラーメン
FullSizeRender (18)
いかにも辛そうな炎に包まれています。
レベル1~3までありました。


FullSizeRender (20)
レベル1のスモールサイズをチョバ(Rp.35,000)

FullSizeRender (21)
ギョーザは焼き餃子を頼んだはずでしたが。。。揚げ餃子でした。(RP.25,000)
でもバリではこんな事は気にしない!気にしない!

FullSizeRender (22)
これはチキン焼肉(Rp,20,000)にご飯(Rp.3,000)を付けた定食。
まさに懐かしい日本の喫茶店のランチでした!


寿司も売りのようなので食べてみました。

FullSizeRender (23)
カリフォルニアロール。なんだかなぁ。。。

FullSizeRender (24)
サーモンあぶり焼き。
なんと上に乗ってるのはチーズ!、でも結構イケた。

FullSizeRender (25)
これはウナギ寿司。
サクサクの天かすが入っていて食感が良かったぞ。



結論。。。
ラーメンは日本人は食べないほうが良いでしょう。
麺がクタクタ(柔らかい)で、スープはみそ汁に唐辛子ペーストを加えた感じ。

餃子は茹でたのも選べたのでそっちの方が良かったかも。

チキン焼肉定食は普通に美味しいのでお勧めできます。
他にもビーフ焼き肉とかエビかつとか、Rp.35,000くらいまででいろいろあるのでまた今度食べてみるつもり。
緑茶も5,000ルピアでたっぷりのグラスで出てくるので、お得感ありです。

寿司は外国の寿司だと思えば、まあこんなもん?
創作寿司ですからね~。
親父はいいと思うんだけど、女房はお好みではないそうです。





今日のわんこ

IMG_2352.jpg
いつのまにちゃっかりソファに乗ってるマーニ。
「私、お嬢様なの」


IMG_2353.jpg
そして足もとにはキンタ。
「僕はいつもここだよ〜」






スポンサーサイト

テーマ:海外食生活 - ジャンル:海外情報

バリにも柿が売られています。

今が旬???
バリは南半球に位置するから、これからが日本で言う冬。
晩秋にあたる今頃の時期だけ柿が出回ります。


脱線しますが最近は朝8時くらいまで25度くらいの時が多く短パン半そでだと寒い。
女房は長袖のパーカーを羽織っています。
その後は急激に気温は上昇します。

FullSizeRender (13)
スーパーではこのように柿が売られています。
他の果物たちと同じ無造作に山盛り。隣は青りんご。

FullSizeRender (14)
通常1キロ9720ルピア(92円くらい)が特売で8900ルピア(85円くらい)

つい先日まで中国辺りからの輸入だと思っていたけど、お手伝いのヌルの田舎ではそこいら中になっているそうな。
こないだ里帰りした時にもいだ柿をお土産に持ってきてくれて初めて知りました。

バリだと一個10円くらいだけどジャワの田舎だと3個10円だそうな。

FullSizeRender (15)
この柿、美味しいんですよ。
しばらく置いておくと、とろけるような柔らかさになって甘い。

これは待てないで食べたので固かったな~!

FullSizeRender (16)
不思議なんですがこのように粉を吹いているんです。
どうやら木になってる時からこうなってるんだそう。

日本の富有柿に似てるかな?



最近とみに涼しくなってきた南国バリでの柿の話題でした。
今朝の9時半の気温は29度、湿度57%で気持ちが良い。

今日のにゃんこ
IMG_2300.jpg
「よーだ」が窓枠に手をかけて下を見てるけど・・・・・・・・?

IMG_2301.jpg
庭に親父がいたので見てたんですね。。。



テーマ:海外食生活 - ジャンル:海外情報

Sidakaryaの家に移ってすぐ、こうもりの洗礼を受けてしまいました。
コウモリが来ないように軒下灯を朝まで付けるというのが鉄則のようですが、うっかり2日ばかり点けるのを忘れてしまった日があったのです。

DSCF2944.jpg
バリ伝統の玄関テラス。外応接として使います。

夜中にこの軒下にぶら下がって食事するので、朝起きてみると床が食べカスと糞でめちゃくちゃ汚くなっています。
こちらのこうもりはフルーツこうもりなので、フルーツを咥えてきては食べ散らかすんです。
テラスの床が大理石なので酸に弱く、白くなってしまうので何とかしなければ。

以前知り合いのヴィラでやはりこうもりに悩まされてるところがあったのですが、照明を明るくしても駄目、結局銃で撃つことに。

夜中までこうもりが来るのを待って撃ち殺す(空気銃ですよ!)。
でもなかなか成功しなくて2,3週間かかったそうです。

撃退法を家のオーナーに聞いたら、鏡を下に置くといいよと言われたのですが、効き目無し。
ヌルは案山子を置くといい、庭師のニョマンはCDをぶら下げるといい、とか言ってましたが、それって鳥除け?

女房がネットで調べいろいろ提案してきた中に面白い対処法がありました。
唐辛子を一握りほど網に入れてぶら下げるという方法。

日本のどなたかのブログで、雨戸に住み着いたコウモリとの何年もの戦いに終止符が打たれたそうな。。。

DSCF2936.jpg
こちらでは簡単に唐辛子は手に入るので一袋買って来てもらい、網戸の網で袋を作りぶら下げたところ、、、、見事成功です!!!
こうもりは現れませんでした。

と、ところが翌日違う場所にぶら下がったようで、少し離れた床が悲惨なことに。

親父は考えました。
よ~し!ぶら下がる可能性のあるところにもっと唐辛子をぶら下げよう!

DSCF2937.jpg
結局3ヶ所ぶら下げました。
6時過ぎになると軒下をツバメのように飛んで偵察には毎日来てはいますが、3個ぶら下げてからは1回も食事をしていません。
今のところ成功です。

DSCF2940.jpg
よ~く目を凝らすとキンタがいるのわかりますかね?
テーブルの左横にいます。この上に唐辛子がぶら下がっています。
なんか魔除けみたいですね。

あれ?そういえば、、、
こうもり⇒吸血鬼⇒バンパイヤ⇒にんにくと十字架に弱いはず。
そうだ、もし今度現れたらにんにくもぶら下げちゃおう!⇒⇒大サービスだ!


今日のマーニ
昨日の夕方、食欲が戻ったためマーニは無事に退院しました。
今回の食欲ナシの原因はまだわからないけど、とりあえず今朝も食べたので良かった!良かった!

IMG_2288.jpg
退院が決まったのに親父が財布を忘れて家まで取りに戻ったため待ちぼうけのマーニ

IMG_2289.jpg
お父さんまだか~~~!もう暗くなってきたです。

IMG_2290.jpg
今日、家でホッ!としてうつらうつら。



テーマ:バリ島 - ジャンル:海外情報

恒例となった第一日曜日のウブドでの古本販売が終了した後のランチの話。

ボランティア・メンバーのIKDさんにウブドの名店「TEGES」を知らないということは何たること!
とお叱りを受け、さっそく案内してもらいました。

FullSizeRender (6)
場所はウブドに向かうメイン通り JL,Cok Rai Pudak です。

FullSizeRender (7)
中に入ると、奥は広~くなかなか良い雰囲気で食事が出来そう。

FullSizeRender (10)
奥にはバリの伝統的な台所があり、イブが2人で調理をしていました。

FullSizeRender (8)

FullSizeRender (9)
かまどには薪がくべられ大きな炎が。

来ました、来ました!

FullSizeRender (11)
バビのナシチャンプルーとエス・ジュルッ

ご飯の盛は少なめなので半分お代わりとか出来るようで、IKDさんは半分お代わりをしていました。

FullSizeRender (12)
豚の腸詰めなども載っていて美味しい!
これなら、イブ・マンクーのナシチャンプルーよりおいしいわ(あっちはナシアヤムだけど)。

でもインドネシアの中でもバリの料理は色が茶色?だけなので日本人には美味しく見えないよね。
目で食べる慣習がないんだろうな。


飲み物込みでRp32,000(300円位)
ナシチャンプルーとしては、チョイ高めだけど納得できるお値段、お味でした。



その後のワンコ

2匹ともうそのように皮膚の方は改善されました。
いったいあれだけ悩まされた皮膚病は何だったんだろう?

でもマーニがこの3日間戻してばかり殆ど食べてないので今日点滴入院させました。
引越しのストレスが今になって出てきたか。。。?




テーマ:海外食生活 - ジャンル:海外情報

先日、ワイルド・ワンズのリーダーだった加瀬邦彦さんがお亡くなりになりましたね。
親父の青春時代の思い出の深い1人です。

加瀬クンは(親父の周りで、特に女子は皆このように呼んでいました)親父が高校1年の頃は寺内タケシとブルージーンズにいて、確かセカンドギターだったと思います。
当時横浜の駅ビルにあったジャズ喫茶「ロンスターズ」によく出演していました。
その後ワイルドワンズを結成したんです。


このロンスターズにはジャガーズもレギュラー出演していたような記憶があります。

隣にはボーリング場があり今と違って投げ終わると裏から人が出てきてピンを立てるんです。
信じられないでしょう!
人力でやっていたんですよ!
昭和の40年だったと思います。

懐かしく思う方も絶対にいらっしゃるはず。

いけない!いけない!
本題からそれるところでした。

加瀬クンはタイガーズのシーシーシーや沢田研二の危険な2人、TOKIOなどの作曲もしていたんですよ。

本当に残念なことをしました。

8年位前に加瀬さんと出合って握手したことを今も覚えています。

あの爽やかな12弦ギターの音色はもう聞けないんですね。

加瀬邦彦さんのご冥福をお祈りします。