ちょいバリ親父の移住物語

バリ島に住んで10年目を迎えました。猫三匹も一緒にバリに移住しその後わんこも2匹増えて。現在にゃんず5匹、ワンズ2匹の大世帯となってしまいました。

サヌール・エリアにお住まいの方に嬉しいニュース!

1110302.jpg
毎週土曜日にブドゥグルからの新鮮野菜が売られています。

ブドゥグルといえば高原野菜の産地。
日本でいえば群馬県の嬬恋高原、とおんなじと考えてください。

1110301.jpg
バイパスをマクドナルド方向からサヌール南のコピバリハウスを過ぎて、50m位行ったところの『LA Yogurt』の脇で毎週土曜日8時から12時、16時から18時まで出店しています。

1110307.jpg
このお店を出店しているサチコさんとご主人のアリさん。
金曜日にアリさんがブドゥグルまで買い付けに行ってるそうです。

アリさんはガイドをしているので日本語ぺらぺら!
親父の通ってるフィットネスで良くご一緒します。(筋肉モリモリ!)
仲の良いご夫婦です。

1110304.jpg
1110303.jpg
1110305.jpg
野菜は新鮮でお値段も安くてお勧め。
ブロッコリーもRp2,000~Rp4,000

1110306.jpg
親父のお気に入りは、サチコさん手作りの「おはぎ」

4週連続で食べています。
土曜のお昼ご飯はこれで決まり!

もちろん、サラダ用のお野菜も買います。

バリでは生野菜を食べる習慣がほとんど無いのでパサールではなかなか手に入りません。
外国人向けスーパーに行っても新鮮なレタスなどが手に入る保証はなし。

ここで確実に安く新鮮な野菜が手に入れる事が出来るようになったので、親父としては嬉しくて大満足!


スポンサーサイト

テーマ:バリ島 - ジャンル:海外情報

1110194.jpg
地震から1週間。
親父も周囲の人達も、地震のことなど忘れて平常生活。

今日、カルフールに買い物に出かけました。
瓦が落ち、外壁にもおびただしいクラックが入っていて何故カルフールだけが?
1110193.jpg
瓦が落ちてるのがわかりますか?

1110192.jpg
最上階の壁がそっくり無くなっています。
壁面にもクラックがかなり入っています。


1110196.jpg
1階ピロティ部分の柱回り:修復が進んでいます。

店内に入ると、どこにも異状は見られない。
2階、3階と上がって4階に着くと、あれれ?普段なら遠くにアグン山が見えて良い景色なのにガラスの部分がベニヤ板に代わって薄暗い。
1110191.jpg
よ~~く見るとベニヤ板の向こうにはガラスがありませんでした。

柱の上部の石貼りもなんだか歪んでいたな。

外観のすごさと較べると店内はほとんど影響なしと言ってよいでしょう。

店内は閑散として、こんなに空いているカルフールは初めて。
親父も外観を見てから駐車場に入るのに勇気がいりました。

だから、空いてるんでしょうね。
今ならレジも並ばないしゆっくり買い物できるチャンスですよ!

テーマ:バリ島 - ジャンル:海外情報

13日にバリで大きな地震がありました。
震源地はヌサドゥア沖の海底 M6.8だそうです。
中年のバリ人いわく、こんな大きな地震は始めての経験だそうです。

地震のおきた時はパソコンに向かっていましたが、最初の小さなゆれですぐに庭に飛び出したところに大きな揺れが!
プールの水が波立ち、庭にあふれだす有様。
・・・・・それが何より怖かった。

午後にも小さな(M5.6)の地震がありました。
幸い我が家はTVのアンテナが落ちただけですみました。

日本と違ってこちらの建物は耐震性がまったくといって良いほど無いですから。
細い鉄筋コンクリート柱に、断面の小さな鉄筋コンクリートの梁、壁は無筋のれんが積み。
もし、震度5くらいの地震が来たら間違いなく倒壊するでしょうね。

バリでの被害者は46人とか、落ちてきた瓦で怪我をしたようです。

そういえば、日本でもおなじみのスーパー「カルフール」では大きなクラックが入ったそうで、昨日も休業でした。
今日はどうなってるでしょう?

ヌルの実家はジャワですが、ジャワの方が被害が大きかったらしくヌルの実家の瓦もすべて落ちてしまったそうで、親戚の家に避難しているそうです。

地震が続かないことを願っています。

日本でもニュースで流れたそうで、お見舞いいただきました。
被害は、極々最小限でしたので大丈夫ですよ!

テーマ:バリ島 - ジャンル:海外情報

1110102.jpg
1歳の誕生日の時

9年前の今日、我が家の末娘”はな”が我が家にやって来ました。

小雨が降る寒い日に女房からのHELP!の電話。
道端にボロ雑巾のようにうずくまってる物体が。

持ってきたタオルでくるもうとすると、「シャーッ」と威嚇し手だけでいざって逃げるにゃんこ。
タオルに包んで、車中に保護。
すぐにかかりつけの獣医さんの元へ急ぎました。
左手でタオルに包まれた、にゃんこを抱え運転。
そのうちに動かなくなってしまい、触ってみると冷た~い!
病院について看護士さんにその旨説明すると、すぐにホットカーペットを
持ってきてくれてタオルで体中をマッサージ!

体温をはかると36度弱。にゃんこの体温は平熱39度位だからかなりの低体温。
首をがくがくさせてけいれん状態。(おそらく意識が無かったんだろうな?)
2時間近く処置してもらい、何とか目を空きました。
骨と皮だけのガリガリにゃんこ。

それから毎日インターフェロンの注射をしてもらいに通院。
いつ死んでもおかしくない状態なので名前はしばらく無し。

その間、獣医さんからは安楽死させるかどうか聞かれたりしましたが出来るだけのことはしてあげようと思い、看病を続けた結果、何とか立ち上がることが出来るようになり、いざって歩けるようになるまで1ヶ月近くかかりました。
それでも自分でご飯は食べられず、キャットミルクと高栄養食を団子状に丸めて食べさせる毎日。

診断の結果、骨盤が骨折していて骨盤の中に大腿部がめり込んでいる状態なので歩けないことが判明。
先生のお勧めは右足切除!という診断。
あまりにもしのびないので他の方法を考えていただき、大たい骨と骨盤との結合部を切り取る大手術を選択。
手術がうまくいけば骨が繋がっていなくても筋肉の動きで歩けるようになるとのこと。

1110101.jpg
来てから1ヶ月半、ようやく自分で食べられるように!
だけど、腰が立たないのでおしっこは垂れ流し状態なのでタオルの上。

体力の回復を待つこと、2ヵ月!
入院前に”はな”と命名!(三木のり平さんの鼻に似ていた)
いよいよ手術を行い10日間の入院生活。
毎日、面会に行きました。

無事に退院してから約1週間。
な・なんと普通に歩く事が出来るようになりました。
その時はすぐに先生に喜びとお礼の電話を!

1110104 (2)
今朝の”はな”寝起きでぶちゃいく。(なんで起こすの?)

1110104.jpg
そして、今では一番のおでぶ!
元気に9歳になりました。

テーマ:猫のいる生活 - ジャンル:ペット

10日以上も更新をさぼってしまったぁ!
ヌルガいないと何かと忙しく、と言って何をした訳ではなく、何かする気も起きなくただただ時が過ぎていっただけ。

いよいよ昨日はヌルが帰って来る日。
無事に帰って来られるようにジャワ島までひとっ走り!(親父孤軍奮闘!)
迎えに行きました。

朝6時に出る予定が、なんと起きたのが6時過ぎ!
それでも6時50分には家を出ました。(きちんとにゃんこ達にご飯をあげてから)

朝の通勤ラッシュでバイクの山!バイクの山!
バリでは朝8時から仕事だからね。

途中1回も休憩せず、135キロを3時間半かけてジャワへのフェリー乗り場、ギリマヌックに10時20分到着。
そこでポリスのチェックでひと悶着。
ナンバープレートが警察発行の物でないから罰金を払えと。。。。。
親父のナンバープレートはプラスチックで作った変形サイズ。車に合わせて作ってもらった奴。
違法なんだけど、バリでは多くの車が色々と変わったナンバープレートを付けています。

20,000ルピア渡してOK.(約200円)ここで30分位足止めを食ってしまった。

CIMG4425.jpg
乗り込むとすぐに出港。
富士山の3合目から上が無いような山(調べたけど名前がわからない)
ジャワ島のケタパンに着いたのが11時45分。

そこからヌルの家まで35キロほど1時間かけて到着。
12時45分に無事到着(現地時間11時45分)

携帯 026
ヌルの家族に会い挨拶をしていたら、ご近所さんも集まってきて大賑わい。
きっと外国人が珍しいんでしょうね。

お昼ごはんを御馳走になり少し休憩してヌルと旦那さんを乗せて3時くらいに出発。
途中の検問で引っ掛かりこんどは30,000ルピア払って無罪放免。
幸い官製のプレートを持っていたので付け替え、これで以降す~い!すい!

帰りは抜いても抜いてもトラックの山。(いつもなんだけどね)
結局、家には8時半に無事到着。
疲れましたぁ!

これで今日からは、ずぼらな生活に戻れる。
一安心!

テーマ:バリ島 - ジャンル:海外情報