ちょいバリ親父の移住物語

バリ島に住んで10年目を迎えました。猫三匹も一緒にバリに移住しその後わんこも2匹増えて。現在にゃんず5匹、ワンズ2匹の大世帯となってしまいました。

061.jpg
週に1、2回はパサール(朝市)に買出しに。
市場で新鮮な野菜、肉類、魚類を普通に買おうとするとふつう朝しか開いてない。
そして朝9時くらいで店仕舞い。

昼とか夕方に急に「あ、あれ買い忘れた!」とか思っても、買うことが出来ないんです。
ハルディスのような大型スーパーに出かければ買えますが・・・。
そんなときは歩いて行ける近所のワルンに行ってもたいていハビス!(売り切れ)だったり、
もう、くた~!となっていて、用が足らない。
その辺がバリ住まいの不便なところかな?

朝、お手伝いさんと6時頃家を出て自転車で2.5キロくらい先のパサール・インタランへ。
この時期はまだ暗いのでライトを点けて自転車をこぎこぎ!
もっと近くにパサール・シンドゥがあるけど、外国人が観光やら買出しで来るので良く知った店でないと全般的に少し高い。

お手伝いさんのヌルに欲しいものを買ってもらいます。ヌルは値引きの交渉が上手いから。

062.jpg
こんな感じでヌルが買っています。

063.jpg
パサールの雰囲気が伝わるかな?

買物を終えて、ロティ・バカールを買います。

067.jpg

068.jpg
小型食パン2枚の間にマーガリンを塗り、希望の、例えばストロベリージャム、を塗り、さらに練乳をかけて
鉄板で6面にマーガリンを塗りながら焼き上げます。
ひとつRp1,000 (約10円)。安くておいしい。
いつも、チョコラとストロベリージャムを注文。焼き立てをその場で立ち食いすると、とてーも、う・ま・い!!
女房はピーナッツバターがお気に入り。ほんとにピーナツを砕いてるのでしっかりツブツブ。


今日の買出し品
066.jpg
左端からカチャン・パンジャン(長いインゲンのようなもの)Rp1,000(約10円)。
パクー(山菜のようなもの)1把がRp1,000(約10円)おひたしにすると美味しい。
ラプーRp500(約5円)冬瓜みたい。
もやしRp1,000(約10円)。胡瓜Rp500(約5円)。空芯菜2把でRp1,000(約10円)。
手前のビニール袋は赤たまねぎRp2,000(約20円)

野菜全部でRp8,000(約80円)野菜が以前と較べると、かなり高くなったけどまだまだ安いのかな?

065.jpg
テンペRp1,500(約15円)豆腐8個入りRp2,000(約20円)

069.jpg
オレンジ3個でRp10,000(約100円)バナナRp8,000(約80円)このバナナは高かった普通なら50円くらいなのにな~。


締めてRp29,500(約290円でした)。あとロティバカールが5個でRp5,000
こんな感じでまとめ買いをしています。


スポンサーサイト

テーマ:海外食生活 - ジャンル:海外情報

ECO
こちら、バリでもECOがあるんですね。
友人のSさんに誘われ、サヌールのある村で取りくんでいるリサイクル場を見学しました。
・・・・・といっても日本のリサイクル場とは比較にならないほど小規模なもの。

今のバリではゴミを分別して捨てる事はしていない。
だけど家々の前に出されたゴミは、早朝に廃品回収業のオジさんたちが次々に回ってきて
それぞれ金物、ポリ容器、木片、紙類のゴミとして持っていく。
だからゴミ収集車が回って来る頃にはほとんど生ゴミと燃えるゴミだけ残り、自然の分別廃棄になっている。
なかなか合理的ではありますが・・・。

CIMG3786.jpg
バリ・ヒンドゥでは、朝、昼、夕方と家の数箇所にチャナン(お供え)をします。
だから毎日たくさんのチャナンのゴミが出る。これまでは単純にゴミとして捨てられるしかなかった。

このリサイクル場ではこれの有効利用が図られていました。
ここではこういった家庭からでたゴミを分別して発酵させて堆肥にするそうです。

CIMG3785.jpg
手作業で分別している。

1日4t ほどのチャナンが集められ、6人の女性作業員と男性1人で作業をしているとのこと。
ちなみに女性作業員のお給料はフルタイムで月に Rp 600,000(約6,000円)
う~~ん!安いといえば安いような気がするけど、適正な賃金でしょうね。

CIMG3781.jpg
壁にはゴミ処理体系図が掲示されていました。

CIMG3783.jpg
撚りわけたゴミを細かく破砕しているところ。

うしろにある黒い山が発酵途中。
ヤクルト、もみがら、グラ・バリ(ココナッツから作る砂糖?)などを混ぜて発酵させるんだそう。
だいたい40日で堆肥になるそうです。

CIMG3812.jpg
これが出来上がった堆肥。
1キロ Rp1,000(約10円)

親父も10キロ買ってきました。

CIMG3784.jpg
村長さんは日本語が上手で、自ら説明をしてくれました。左端が村長さん。
他にも化学物質を使わない蚊取り線香も手作りして販売してます。

こうやってバリでもゴミの有効利用がなされている事を知り、びっくりしました。

テーマ:バリ島 - ジャンル:海外情報

ここ数日乾季らしい季節に。
朝6時頃の気温は22~23度。湿度85%くらい。
昼は28~30度で湿度は55%と大変気持ちの良い日が続いています。

ところで、ところで。。。
焼きたての焼き芋を売る店がオープン!

以前紹介したカレー屋さん「KEBAB KING & CURRY」のお隣。
残念ながらカレー屋さんは店を閉めてしまいました。
値上げしたうえに味が落ちてしまって・・・間もなく閑古鳥。
開店当初は本当においしく、結構評判にはなっていたので残念です。


先日、よくブログに遊びに来てくれるsimaoさんと1年ぶりに逢い、ナシチャンプルを食べた後、
ここのお芋がおいしかったことを思い出し、デザートに食べようと立ち寄りました。

CIMG3768.jpg
これが焼き芋屋さんの店構え。
simaoさんの後姿がちらりと。

またもや、にゃんことわんこだけでなく僕たちにも美味しいお土産を持ってきてくれました。
本当に僕らの食べたい物をリクエストしたようにストライク!!
shimaoさんごちそうさまでした。

CIMG3767.jpg
UBIは「芋」、MADUは「蜜」とか「大変甘い」の意味
店先にずらりとお芋くん達。

CIMG3770.jpg
ガスオーブンで焼いています。

焼き芋はパサールで冷えた奴を売ってるんですが、やっぱし焼きたてでないとね!

CIMG3771.jpg
店番のお兄ちゃんと。

ちなみに1キロ Rp25,000(約250円)
手に持ってる大きさのが2個で130円くらいでした。
ちなみに焼きたては熱くて持てないのでこれは生の芋。

割るとまっ黄色であま~い!蜂蜜をまぶしたような甘さでメチャ旨いです。
おっと~!!食べるのに夢中で写真が無~い!


食べ物続きですまん!(ぺこり)

テーマ:海外食生活 - ジャンル:海外情報

1106112.jpg
アヤナリゾート・ホテル(旧リッツカールトン)のロマンティックディナーに行ってきました。
ネットで調べるとなんと一人$160++ 。
目ん玉が飛び出るほど高いぞ!

実は去年の日本人会の忘年会の際に抽選でGETしたのをすっかり忘れていて
6月までだったのを思い出し、急遽出かけたんです。
だから、ただ!(ウッシッシッ!)

西海岸にあるのでちょうどサンセット時を狙って6時に予約。

1106113.jpg
たまには顔出しで。

フロントで名前を告げると係りの方が庭を散策しながらバレ(東屋)まで案内してくれました。
庭の高台の一角を仕切ってあり、その中にバレがポツンと1戸。(Bale Kencana)

1106111.jpg
目の前は海、床には花びらが・・・・。

1106114.jpg
振り向けば無数のキャンドル・・・・。

ちょうど食事を始める頃にサンセット。
残念ながら最後の最後で薄雲がかかっていて太陽が海に沈むところは見れなかった。

1106115.jpg
前菜は鮭のカルパッチョ(Tasmanian Salmon Carpaccio,Shallot Confit)

1106116.jpg
続いてワンタンのスープ(lear Essence of Chiken Wontons and Baby Bok Choy)
何故ワンタンスープなの?

1106117.jpg
メインはテンダーロインステーキ
(Grilled Beef Tenderloin,Rosemary Roasted(Potatoes,Creamy Leek and orn Ragout, Veal Stock Reduction)

1106118.jpg
そしてデザートはチーズケーキ

1106119.jpg
デザートの時にギターを抱えた二人組が現われ、ラブソングを主に5曲歌ってもらいました。

今までの人生の中でも最高の雰囲気!
味は置いておいて、素晴らしい雰囲気の中での食事でした。
恋人同士だったらいちころだなぁ。

11061110.jpg
最後に名前入りのメニューが写真立てに入ったものを記念にプレゼントされました。
あと、女房にはバラの花のプレゼント。

う~~ン!これは思い出に残る食事でした。
2度目があるかなぁ????


テーマ:海外食生活 - ジャンル:海外情報

「漁師」モルバリ・ギャレリア店でランチを頂きました。
ここのお店は確か昨年オープンしたと思います。


CIMG3647.jpg
お店の前
土日はローカルの方が多く入っていていつも混んでいます。

モルバリにジャカルタで人気の 『hokahokaーbento』 が出店してから負けじと?漁師もランチを始めていました。
漁師サヌール店には時々夕飯を食べに行くけど、お昼ごはんは食べた事は無かったので
たまには悪くはないか!と思い、入ってみました。

CIMG3644.jpg
店内の雰囲気

今日は空いていました~。
西欧人が2組入っていただけ。

さっそく牛テリヤキ弁当をオーダー。

CIMG3643.jpg
こんな感じ。

Rp28,000(約280円)ですからね。(税10%サービス料6%が加算されますが)
日本でランチを食べていた時の事を思い出しました。
味も普通だしお得感があるかな。飲み物は別オーダーです。

だけど、友人も以前ランチを食べた時にうるさかった~!って文句をいってたけど
ヒマを持て余した従業員4,5人が客席に座ってピーチク・パーチク。 う、うるさーーい!!!
日本人経営なのに従業員の教育が・・・。
空いている時は入るな・・・ということでしょうか。

サヌール店は日本人マネージャーがいるのでこんな事は無いのに。
内装の感じも良いのにもったいないな。


テーマ:海外食生活 - ジャンル:海外情報

先日『メメニャソラ』さんからコメントいただきオオトカゲの名前が判明しました。
アルゥ(ALU)というそうです。
メメニャソラさんありがとうございました。

そして、ついに大トカゲのお母さん??が現われました。
気持ち良く昼寝をしていた午後、突然わんこが「わぉん!わぉん!」とうるさく吠えまくり。
プールサイドの茂みに現われたものの、わんこに逃げ道を阻まれてプールの中に逃げ込んでしまった。

1106021.jpg
吠えまくるキンタとマーニ。

1106022.jpg
プールの中にいるのわかります?

以前よく目撃していたものよりもやや小さい。
プールのタイルの大きさから目測すると全長85センチでした。
トカゲは雄と雌とどちらが大きいか分からないのでとりあえず小さいのでメスと言う事に。


1106023.jpg
トカゲは何度か脱出を試みプールの縁まで行き水面に顔を出して上がろうとするんですが、
わんこに吠え立てられてまたプールの中へ逆戻り。
トカゲの泳ぎ方って身体をくねらせて泳ぐんですが早い早い。

しばらくいたちごっこを繰り返していましたが、とうとう見かねてわんこを隔離し、
プール用の掃除網で引っ掛けて救出成功!。
トカゲは大慌てで僕の部屋の前のデッキの下に逃げ込みました。

さすがにこの日はこのあとプールに入る気は起きなかった・・・・。



ところでリハビリは順調です。
スポーツジムにも2ヶ月ぶりに出かけてトレーニング再開しました。
筋肉痛で車のステアリングを切るたびに痛~い!
すっかり身体がなまってしまった。

テーマ:日々出来事 - ジャンル:ライフ