ちょいバリ親父の移住物語

バリ島に住んで10年目を迎えました。猫三匹も一緒にバリに移住しその後わんこも2匹増えて。現在にゃんず5匹、ワンズ2匹の大世帯となってしまいました。

一昨日UPしたつもりがUPされてませんでした~。
8月26日の出来事。

「明日はテンペカレーが食べたいわん!」
と言っていたので朝の散歩の際にパサール・シンドゥに買い物に行ってきました。

今日の戦果品はこれ。
1008261.jpg
モンキーバナナ・・・・14房ついて40円。

1008262.jpg
野菜などはこれ!(今回のテンぺカレーにきゅうり、トマト、ゴーヤは使ってません。)
パブリカ2個で150円(高かった~)きゅうり20円、トマト30円、ゴーヤ5円、テンペ15円でした。
しめてRp 26,000(260円)

テンペカレーの作り方。
材料:テンペ、玉ねぎ、にんにく、パブリカ、にんじん、ラプー(日本でも南九州・沖縄にはあるそうです)

・テンペ(納豆と同じだけどネバネバが無い)を7mm位にスライスし濃い目の塩水につける。
(下味として塩味が あった方が美味しい)
・玉ねぎ半個分を薄切りしてじっくり炒めて最後にニンニクを加えて香りを出し、ミキサーにかける→①
・ニンジンを乱切りにしてある程度炒まったら、乱切りしたパブリカ+にんじん、玉ねぎを加え炒める→②
・塩水につけてあったテンペの水気を拭き取り油で揚げる→③
・分量の水に①を加えて湧いたら②の材料を入れる。
・火が通ったら③の材料を加えてひと煮立ちさせ、火を止めカレールウを割り入れる。
・20分ほど煮込んだら、最後にガラムマッサラを加えて出来上がり。

1008263.jpg1008264.jpg
これがラプー、冬瓜のような感じだけど荷崩れしない。(千切りにして炒め煮すると切干大根みたい)

1008265.jpg
揚げたテンペ、納豆を固めたみたいでしょ。かのデヴィ夫人も健康の為に毎日食すると言っていました。

1008266.jpg

これがうちのテンペカレー、ちょっと色合いが良くないのはご愛嬌。

油はオリーブオイル、カレールウはおみやげに頂いた日本の市販のルウ。ヘルシーでしょ。
付け合わせはズッキーニとマッシュルームの塩コショウ炒め。

スポンサーサイト

テーマ:バリ島 - ジャンル:海外情報

わんこは夜、玄関わきの客間で寝ています。
毎朝7時半頃に庭に出すのですが、今朝はマーニが甘えて甘えて、「ウォオォーン!」「ウォオォーーン!」と
鳴いてうるさいので、朝から遊んであげました。


1008211.jpg 

1008212.jpg 
マーニは表情が多彩
                                                                                               
1008213.jpg 

1008214.jpg 
たてがみがロンゲで茶髪のキンタ

1008215.jpg 
まぶたの怪我のあと、もうほとんどわからないでしょ!

朝からわんこと遊んだのでNHKニュースを見ながら、いつの間にか二度寝してしまいました。

テーマ:わんことの生活 - ジャンル:ペット

相変わらず日本は猛暑が続いてるようですね。
この時期バリは涼しく心地よい毎日を送っています。
6月からはプールにも入ってません。(風邪をひいてしまう)

家の建築も終わりに近づき外周りの工事も進んできました。

1008173.jpg 
家に入る「門」の工事の状況です。
門柱はコンクリート+ブロック、中央に両開きの木製の扉が付きます。
仕上げは腰回りと床に天然石、その他はペイント仕上げ。

塀の高さが2.5mあるので門柱の高さは3m弱。
日本だったら刑務所の塀??
こちらではローカルの家でも塀が2mくらいあります。
外国人が多く住むVILLAでは2,5~3mとプライバシーを優先させています。

デザイナーのユリアントが3月からインドに出かけてしまった為、
内装とか細かな部分は自分で設計する羽目に。
結局ユリアントは躯体の設計だけで終わり。

1008172.jpg 
門のデザインは伝統的なバリテイストをアレンジしてモダンな感じにデザインにしてみました。
どんなモンかな?
合わせて植栽計画も進めています。

1008171.jpg 
やり直しが多かったメインベッドルームの浴室の工事も3ヶ月半かかってようやくほぼ完成!
このアクセントウオールも時間がかかりました。
結局、最後は自分で墨出しをしてどうにかこうにかでした。

今は駐車場の工事にとりかかっていますが、まずはとにかく住めるように母屋を完成させてもらわないと!!!


テーマ:バリ島 - ジャンル:海外情報

ここのところ我が家の建築も大詰めを迎えて忙しくなりました。
おかげで毎日現場に行き、帰ってからは図面を描く毎日。
パソコンを開いて家の図面は描くものの、なかなかブログの更新が出来ない。

我が家の3にゃんこ達は相変わらずのんびり優雅な毎日。
朝ごはんを食べ終わると、僕のベッドで思い思いに寝ています。

しょうたは眠りこけています。
1008101.jpg

1008102.jpg
良く見ると、うす眼を開けたまま寝ています。

みくは壁が冷たくて気持ちいいのか、脚をくっつけてよく寝ています。
1008103.jpg

1008104.jpg
カメラの気配で起きてしまいました。

はなは早朝にパサール(市場)に買い物に行く時の僕のディパックの上をキープしていました。
1008106.jpg

1008105.jpg
しかし~!はなはデブだなぁ!

テーマ:愛猫との日々 - ジャンル:ペット

1008021.jpgちゃんとした日本語だ~~!


バリでも長崎ちゃんぽんが食べられる。
HISから出ているフリーペーパーに長崎ちゃんぽんの記事が載っていました。
場所を調べるとデンパサールのローカル色ぷんぷんのところ。

ちゃんぽん食べたさに早速親父は出かけましたよ。
場所は分かりにくいような、分かりやすいような、何ともいえない場所。
こんなローカルの色濃いところに本当にそんなワルンがあるのか???
不安にかられながら、車を進めていくと写真通りのお店発見!
1008022.jpg
でもこれじゃーわからないよね!

店先の看板には日本のメニューなど載って無くナシゴレンとかラゥオンとかローカルのメニューしか載っていない。
不安にかられながらも車を停めて中に入ると、日本語の大きなメニューが掲示されていて
テレビからNHKの放送が流れてるではありませんか。

厨房にいるイブに長崎ちゃんぽん2つ!
と言っても通じない・・・・・ちゃんぽんがあるとはいえ日本語は通じませんでした。
記入方式の注文票に記入し、さっそく注文!

待つ事しばし・・・出てきましたよ~!
どうやって見てもちゃんぽん!しかも量も日本と同じだ。
(バリの麺類はふつうは日本の半分しかないのだ)
          1008024.jpg
          これがめちゃうまの長崎ちゃんぽん。たしかRp25,000(約250円)

スープをひとすすり・・・う・うま~い!キャベツ、もやし、かまぼこ、たこ、いか、えび、豚肉 あとなんだっけかな??
一気に食べてスープも飲みほし完食!
ここはお勧め!本場鶏ガラの味が濃厚でした。

1008023.jpg
店内はこんな感じ。

メニューで気になった「肉じゃがコロッケ」をテイクアウエイして晩飯で頂きました。
ちょっと甘めだけど美味しかった。
次回はかつカレーを食べてみようかな。

テーマ:バリ島 - ジャンル:海外情報