ちょいバリ親父の移住物語

バリ島に住んで10年目を迎えました。猫三匹も一緒にバリに移住しその後わんこも2匹増えて。現在にゃんず5匹、ワンズ2匹の大世帯となってしまいました。

今使っているプリンターの調子が悪くなり、そろそろ買い替えようかという事に。

1007291.jpg
在住者の間では秋葉原と言われてるデンパサールのRTCに出かけました。
ここは主にパソコンのショップが多く入っており、周辺機器やいろいろな部品を売っています。

1007292.jpg
例えばパソコンのあらゆるメーカー品はもちろん、各ショップの手組のオリジナル品も並び、
パソコン関連の物ならすべてそろってしまう。

交換用のインクカートリッジは高いので、『Motif』と言われる外付けインクタンク?に改造してもらって
購入する事にしました。
(これって違法改造だと思うんだけど警察署もこれを使ってるし・・・・ま!いいか)
たまにはCANONを買おうと思って物色してるうちにMotifを付けるならEPSONの方がお勧め!
と言われてSCAN、COPY機能のついた機種を購入。
Motif改造込みでRp850,000(約8,500円)

1007293.jpg
1007294.jpg

待つ事1時間あまり、Motif(インクタワー)付きのプリンターが出来上がってきました。
店のスタッフに車まで運んでもらい、満足!満足!
これで一目でインクの残量も分かるし、高いカートリッジも買わなくてすむぞ!

スポンサーサイト

テーマ:周辺機器 - ジャンル:コンピュータ

1007252.jpg
もう7月も終わりだというのに家の工事はまだ終わっていない。(泣)

浴室の工事が始まって2か月、いまだに未完成。
工事をしては間違えてやり直し。また間違えてやり直し。
これの連続。
監督や職人を交えて図面で説明し「わかった!」「わかった!」
と言うので安心して次に見に行くと違うじゃないですか(怒)

「このほうが良いと思ったから変えておきました。」
おい!おい!そうじゃないだろう!
何のために打ち合わせたか分からない。
そして渡しておいた図面は既になく、職人も変わっている。

最近は毎日現場に行く羽目に、場合によっては朝と晩。
やり直す事によって
材料が足らなくなる⇒材料の入荷待ち⇒施工⇒間違い⇒壊し⇒材料の不足
このような悪循環。
やはり、現場で墨を出さないと駄目だと痛感いたしました。

浴室の大きさは30㎡だし、自然石を多用してるので工事に時間がかかるのは分かるけど
2カ月かかっても終わらないのはね?

1007251.jpg
庭木が少し入りました。
ちょっと見は良い感じになってきましたよ!
この1週間は細部の大詰めなので現場にいる時間が長くなりそう。

テーマ:バリ島 - ジャンル:海外情報

じゃじゃ~ん!
”ワイナリーちょいバリ親父”誕生です。

バリではワインは高級品。国産の物でも1000円位するし、たいして美味しくない。
輸入品だと3~4千円くらい出さないと買えないし。

先日、どぶろくを作って成功したのに味をしめ、次なる挑戦は「ワイン」
・・・・といっても、葡萄から作るのではなく、100%の葡萄ジュースをワインにしてしまう。
用意したものはCERESの葡萄ジュース1㍑とドライイースト、それに砂糖とコーラの空きペットボトル。

1007181.jpg
仕込んで3日目、発酵が始まって泡が出てるのがわかりますか?
9日目に空き瓶のワインボトルに移してラップで蓋をして冷蔵庫に入れ、発酵を休めました。

200ccほど残った奴はがっちりとふたを閉めて炭酸を封じ込めました。
でも半日以上おいておくと爆発するらしい。怖い、怖い!
⇒これで、スパークリングワインの出来上がり。(試飲したら美味しくてすぐに飲んでしまいました)

1007182.jpg
そして10日目、いよいよ晩飯の時にワインで乾杯!。
んんん~!なかなかいける。
渋みが不足しているけど立派なワイン。
まだ発酵が続いていて、微炭酸のロゼワインって感じ。


1007183.jpg
バリに来てから作っていなかったハンバーグを作り、久しぶりの洋食ディナー。
発酵が十分でなかったので、若干の甘みが残ってしまいましたが、
フルーティで口当たりの良いワインでした。


通常ワインの渋みはタンニンを添加してるそうなので、
手作りワインではちょっと無理かな?と我慢。
ま、ボジョレヌーボーを飲んでると思えば・・・・・ね!

今回はCERESの葡萄ジュースの赤を使用して出来上がりはロゼだったので、
次は作り方やジュースのメーカーを変えて赤ワインに近いものが出来るよう、
また挑戦してみよう!


テーマ:バリ島 - ジャンル:海外情報

1007121.jpg
レノンの日本領事館のそばにDaddy's Kitchen という名のレストランが。
何料理か想像がつかないでしょ。

女房が友人達と行っておいしかった!と言ってたのがきっかけで、1回行ったらすっかりこの店にはまりました。
               
               1007122.jpg
               名前と店の雰囲気があわない。
               ここまで近づくとどうやら中華系というのはわかる。

1007123.jpg
親父のお気に入りはNasi Tim Beras Merah(Rp 15,000)
ちょうどリゾットのような固めのおかゆ。普通米、赤米、からチョイス出来る。
ご飯の上に干しシイタケの煮たやつと鶏肉がのっかっている。
味は非常に繊細で、おいしい。

               1007125.jpg
               牛肉スープのOak Raden(Rp 15,000)
               いわゆるRAWONですが、ここのは繊細かつ複雑な味。

1007124.jpg
あと、Tim Elit(Rp 15,000)
翡翠麺にニンジンと鶏そぼろがのっかった奴。
あっさりしていて、これもお勧め。

              1007126.jpg
              デザートはLao Ta(Rp 8,000)
              これは、亀ゼリー。ゼリー自体は甘くないのが嬉しい。
              シロップで味わいます。

ここは唐辛子を使ってないので、久々に「ホッ!」とするお味です。
もちろんサンバルは添えられてくるので、辛くすることもできますよ。

価格的には1品150円位するのでいつものナシチャンプルよりは少し高めですが、
税・サービス料は取られないので、ま、いいか。

いつも上のメニューを頼んでしまうのですが、他にもいろいろと旨そうなものがあるので、
次回はほかの物にもチャレンジしてみましょうかね。

テーマ:バリ島 - ジャンル:海外情報

今日7月7日はしょうたの誕生日!
10年前の今日、季節外れの台風の中、茨城のブリーダーからもらわれてきました。
本当に生まれたのは5月の7日。
だけど我が家では家にやってきた日を誕生日としてお祝いしています。

生後2カ月半の頃の写真3枚
1007071.jpg
          1007072.jpg
1007073.jpg
こんなに可愛かったのかな?



1007075.jpg
池田あきこさんの作品「ダヤン」の誕生日も同じ7月7日。
嵐の七夕の日に、ダヤンも地球から「わちふぃーるど」にやってきたんですよ!
           1007076.jpg
しょうたの顔も吊り目でふざけた顔をしています。
だけど、実はしょうたのパパとママはチャンピオン!
由緒正しい血統なんですよ!

1007077.jpg
今日はしょうたの大好きな生クリームたっぷりのドーナツでお祝い。(ふたを開けると同時にペロリッ!)
しょうたもついに10歳かあ~~~!
3年前バリにやって来てすぐ猫風邪で獣医さんからは「今夜が峠です」ぐらいの事を言われ、唖然!!!。
でもその後はたいした病気もせず健康そのもの。

しょうたの特徴は
「にゃおーん!」 と鳴けない事。
いつも「んんきゃあ~!」 と鳴きます。

甘いもの大好きなしょうた、コーヒーを入れた時の匂いでいつの間にかどこからか現れます。
コーヒー=ケーキ と認識してるんでしょうね。
だからしょうたのフルネームは・・・・・
「きたの しょうた(来たの?しょうた)」 なんです。(笑)


テーマ:愛猫との日々 - ジャンル:ペット

Potong Gigi(ポトン ギギ)の儀式に招かれて行ってきました。
ポトン ギギ(歯を削る)の儀式というのは、バリではとても重要なもので、
人が生まれながらに持っている6つの欲望を前歯6本を削ることで制御し、りっぱな大人になる、
という意味があるらしいです。

6つの欲望とは
1、欲張りな気持ち
2.嫉妬深い  〃
3.怒りっぽい 〃
4.迷う    〃
5.欲深い   〃
6.性欲


前から是非一度見てみたいと思っていましたがなかなかタイミングが。
今回は我が家の大家さんのファミリーのポトン ギギ。
こちらでファミリーというのは親戚です。

朝8時前から正装してお出かけ。
セレモニーの場所に着くと道路が閉鎖されていて入れない・・・仕方が無く道路わきに車を停めてきました。

1007031.jpg
こんな感じで道路上にテントが張られて封鎖。

1007032.jpg
そして楽隊が演奏しています。(左上↑)こんな小さな子も!

1007034.jpg
今日はこの2人の男子(16歳、18歳)が儀式を受けます。
ちゃっかり一緒に記念撮影。

1007035.jpg
儀式を受ける前の神妙な顔。

1007036.jpg

1007037.jpg
聖水を受けお祈りした後に、いよいよやすりで前歯のギザギザのところを削っていきます。
写真を撮っていいよ!と、特等席に案内され、こんな間近に見る事ができて満足、満足!

クニンガンが終わってからウパチャラ(セレモニー)続きで、しょっちゅういろいろな処で道路が封鎖されていて
結構大変な思いをします。
今建築中の我が家の工事も仕上げに入り、石工、タイル工がバリ人に変わって、
しょっちゅうウパチャラの為に休み。
工事がのんびりとしか進まなくなってしまいました。

テーマ:異文化を楽しむ! - ジャンル:海外情報