ちょいバリ親父の移住物語

バリ島に住んで10年目を迎えました。猫三匹も一緒にバリに移住しその後わんこも2匹増えて。現在にゃんず5匹、ワンズ2匹の大世帯となってしまいました。

雨季の間は休みがちだったサヌールの海岸のサイクリング、ウオーキングを3月よりまた再開。
最近は脚の衰えを防ぐためにスロージョギングも取り入れています。
家を出る前にスロートレーニングをやってから有酸素運動。(これが効果的だと「試してがってん」で放映していた
ので早速まねっこ)

日の出もだいぶ遅くなってきて6時10分頃かな?
1月頃には確か?5時50分頃だったような気がします。

          1003281.jpg

いつものように海岸をジョギングしていると、パンタイ・シンドゥの波打ち際でダンスをしている集団を発見。
おそらく小学生低学年から高学年までの男の子1人と女の子10人。
みんな、すご~く可愛かった。

          1003282.jpg
          バックに日の出

          1003283.jpg
          最後にポーズをとってもらいました。

水平線に雲があったため、雲から太陽が顔をのぞかせたのは6時15分を回った頃。
日の出をバックに踊る姿・・・・・なんか神秘的というか神々しい感じがしてきませんか?
バリは神々の島!
こうやって伝統芸能が継承されていくんですね!

朝の散歩は気持ちいいですよ~!
スポンサーサイト

テーマ:バリ島 - ジャンル:海外情報

今日は日本人会でデング熱と腸チフスについてのセミナーがありました。

一昨年夫婦そろってデング熱に感染しました。(多分同じ蚊に刺されたんでしょうね)
幸い僕は軽く済みましたが、女房は5日間入院生活を送る羽目に!
また友人のTさんは昨年だけで3回も感染!
最近では在住7年の友人のMさんもとうとう感染してしまったそうです。

腸チフスに関しては友人のHさんはなんと今までに3回もかかったそうでびっくりしました~!

てな訳で『SURYA HUSADHA病院』のドクターがふたつの病気の感染源、治療法、予防について詳しく説明をしてくれました。
(この病院は日本人看護士が2名いてコーディネートしてくれるそうで、インドネシア語がしゃべれない僕にとっては安心です)

           1003251.jpg

デング熱は熱帯縞蚊が媒介する病気で、特定治療法はなく対症療法のみとなります。
とにかく予防が大切!!!蚊に刺されないように虫よけ薬をつけるとか、蚊の発生源(水たまりなど)を作らないことが
大事だということがよくわかりました。
免疫ができるわけではないため、何度でも感染する可能性があります。
僕らもバリに住んでいる以上、いずれまた、感染するかもしれません。(怖っ!)

         1003252.jpg

腸チフスはサルモネラ・チフス菌に汚染された水や食べ物が経口によって体内に入り感染。
水は加熱する、食べ物はゆでる、加熱調理、皮をむく・・が望ましいとのこと。
たしかにローカルの人は生野菜を食べる習慣は無いな~!(キュウリだけは生の付け合わせがあるけど?)

でもサラダは食べたい食べたい!
セミナーにいらしていた方々もやはり同じ思いだったらしく、酢水で洗ったら殺菌になるかとか、塩水はどうかなどと
最後は生活の知恵の話題にまで及びました。
でもやはり菌を落としきれるとは言い切れないので、鉄則を守るのが大事。

幸い腸チフスに関しては予防注射があるとの事なので、予防注射を打とうかと思っています。

テーマ:バリ島 - ジャンル:海外情報

ニュピ前の先週。
かかりつけの歯科医院アルジェナ・デンタルに行ってまいりました。(以前紹介しています。
最近はリンクしていただいているスチアニさんのブログでも紹介されています。

実は先日このクリニックのコーディネートをしている椿井先生が日本からいらっしゃるというので、
この日に合わせて予約の変更をしてもらっていました。
今回は衛生士さんを連れて来ていらっしゃいました。

10031911.jpg

そして椿井先生の診断を受け
アドバイスを受けたり、相談したりと・・・・・・・。
非常に気さくな先生で患者さんの立場にたって相談に乗ってくれました。

その際に伺ったお話では、最近のバリの歯科技術はそうとう良くなってきているそうです。
日本では高価な治療もそこそこの値段で受けられるのは本当に有難いことだと思います。

いつも日本語が通じるクリニックなので、普段から全然不安は感じないのですが
親父はここぞとばかりに「我が歯の行く末」を案じて短期・中期の診療計画を立ててもらいました。
1日でも長く自分の歯を温存して美味しく食事をした~い。
単なる食いしん坊か?

テーマ:歯科治療 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

1003158.jpg
今朝は物音ひとつなく、鳥のさえずる声だけ!(たまにキンタの吠え声)
そうです、今日はバリヒンドゥの新年です。
今朝6時から明日の朝6時まで家から外へ出れません。
空港も閉鎖されているので、飛行機も飛んでないし、バイクも車も走ってないので静寂そのものです。
もちろん、テレビも、明かりをともしても駄目!
僕たちが迎えるニュピも3度目になりました。

          1003151.jpg
         1003152.jpg 1003154.jpg

         そして昨日は悪霊払いと言われてるオゴオゴが街中を駆け巡りました。

1003153.jpg

すごい混雑の中で皆カメラや携帯を手にしています。
前と同じングラライ・バイパスのマックの前で見物です。

1003155.jpg
小学生低学年のオゴオゴ!可愛いですよね!もっと小さい子たちのオゴオゴもあります。
こうやって毎年少しずつ大きなオゴオゴを担いで、成長していくんでしょうね。
          1003156.jpg  1003157.jpg
終わった後は道路上にごみ!ごみ!
するとどこからともなく現われたお掃除おばちゃんがあっという間に掃除をしていきます。
バリ島ではまだまだゴミのポイ捨てが当たり前。深刻な問題の一つです。

日本人や外国人の多くはニュピを嫌ってホテルに避難したり、一時帰国したりと、
バリ島から脱出する人が多いのですが、3にゃんず、2わんこがいる我が家にとっては夢の話。
その一方で、わざわざニュピを体験しにくる観光客もいます。
不自由なことはあるけど結構面白いと思いますよ。

1月に西暦上の新年、2月には中国暦の新年、そしてなんとニュピで3度目の新年。
西暦上の新年は外国人だけしか盛り上がりません。
バリ人はやはりニュピで新しい1年がやって来るんでしょうね!

     1003159.jpg
     今日の夜は暗ーいキャンドルの明かりで過ごさなければならないので、
     明るいうちにキャンドルの準備をしておきました。(ホントはろうそくも禁止ですが・・・)

テーマ:バリ島 - ジャンル:海外情報

3日前に帰ってきました。

今回の日本の気候はめちゃ寒い時だったのに、あまり寒さは感じませんでした。
「現在の気温2度」とかいう表示があってもへっちゃら!
手袋もマフラーもしないで済みました。
なんでだろう?アルコール漬けだったからかな?


滞在中は横浜の姉のところにお世話になりました。
ちょうどオリンピックをやっていたので、バリでは見れないオリンピックの様子に釘つけでした。

姉のところには9歳になるロシアンブルーの「らいち君」と、6歳だったかな?日本猫の「ももちゃん」が暮らしています。

1003061_20100306114241.jpg

「らいち君」はいつも姉の姿を追っており、姉が洗濯物を干すためにベランダに出ると
鳴きながら部屋の中をぐるぐるとまわって姉を探しる姿が可愛い!
もちろん寝る時もぴったりと寄り添って寝ています。

1003062_20100306114241.jpg

「ももちゃん」は義兄にべったり!
起きてる時も寝てる時も一緒!

姉いわく、、、「プリンス・らいち」と「ギャル・もも」だそうです。
姉夫婦も「にゃんこ馬鹿」ですね!

テーマ:猫のいる生活 - ジャンル:ペット