ちょいバリ親父の移住物語

バリ島に住んで10年目を迎えました。猫三匹も一緒にバリに移住しその後わんこも2匹増えて。現在にゃんず5匹、ワンズ2匹の大世帯となってしまいました。

雨季も終わりに近づき最近はめったに雨が降ることがありません。
少しづつ風も出てきて、抜けるような青空がひろがるようになってきました。(まるで日本の秋空のようです)

0903301.jpg
先日、インドネシア語の個人教授をお願いしているウダヤナ大学のマディア先生のお誘いを受けてご自宅に遊びに行き、バリではこの村(我が家の隣村)でしか見ることの出来ないCINAダンスを見る機会に恵まれました。
余興の前にはもちろんウパチャラです。僕達もお清めしてもらいました。
ダンスは夜9時頃から始まり終わったのは12時近くでした。
昔、海岸に遭難して漂着した中国人達がそこの村に住み着いて、中国風のダンスが伝えられているそうです。
バロンダンス(チャロナラン)と少しは共通点があるのですが、善の象徴バロンは登場しません。
「善と悪」の戦いというところは同じですね。
0903302.jpg
チャロナランと同様、ダンスが始まり20分もしないうちにリーダーを筆頭に次々とトランス状態に陥り、一時ダンスは中断です。

0903303.jpg

奇声を上げながら暴れる人々が、次々に取り押さえられていきます。

0903304.jpg
その後で、女性陣による踊りをしながらお供えをする儀式が延々と続きます。女性陣もトランス状態に入ると狂ったように踊り続けるんですよ!初めて見ました。

0903305.jpg
今度は見ている女性達や、男性達の中からトランス状態に陥る人が続出。

0903306.jpg
0903307.jpg

踊り狂う人、泣き叫ぶ人、刃を自分に向ける人、悪の象徴ランダも登場し、ダンスはクライマックスへ。
僧侶達が聖水をかけて正気に戻していきます。中々正気に戻らない人もいて会場は騒然としていましたが、何とか終焉を迎えました。

そして帰り道、マディア先生が言っていた事が印象的でした。
「僕が子供の時から何も変わらない。ただ人が歳をとって入れ替わっていくだけです」


日本と違い伝統的な風習は途絶えることなく続いていくのでしょう!

スポンサーサイト

テーマ:バリ島 - ジャンル:海外情報

     今日はニュピ!  バリヒンドゥ教の新年! 
      
      nyupi.jpg

バリに越してきて二回目の体験です。
この期間ホテルはかなり安く在住者向けにパッケージ料金を出していてホテルに避難する人も多いのですが、うちはわんこ、にゃんこがいるため、今年も家でしみじみ迎えます。

ニュピ!今年は3月26日。
朝6時から翌朝6時まで、火や電灯を使用してはいけません。
あと、家の敷地から一歩も出ることが出来ません。
もちろん、空港も閉鎖されてしまいます。(インドネシアでもバリ州だけのことですが)

前日の昨晩、夕食を食べに出かけました。去年も失敗しましたが今年も失敗。
去年はオゴオゴのパレードを観たあと、レストランで食事でもと思っていたら殆どのレストランはすでに閉店していてがっかりましたので、今年はオゴオゴもないので少し早めに・・・と出かけたのですが・・・
美味しいといわれているお店は満杯。その上に9時くらいには閉店です。
やっとの事で、なんとか開いているレストランを見つけ夕食GET!
「30分で食べてくださいよっ」と言われたうえに、不味いサラダ、不味いスパゲッティ。
早々に退散ししてきましたよ!
来年は家で食べよう!(又忘れてるかも?)

今朝は小鳥のさえずりしか聞こえず、まるで森の中の一軒家にいるのと錯覚するくらいです。
ニュピは新月の翌日ですから灯りの無い今晩は星がさぞかしたくさん見えるでしょう!
プールに浸かりワインを飲みながら星でも数えてみましょうかね!

テーマ:バリ島 - ジャンル:海外情報

3週間のバリ滞在を終えた姉が17日、花粉飛び交う日本へと帰っていきました。

そしてガルンガンがやってきました。
バリ人は宗教第一(バリヒンドゥー教)ですから、セレモニーのためには観光客がいようとお構いなしに店を閉めてしまいます。
最近の日本は元旦早々から店を開けるところも多くなりました。昔は日本も正月と言えば静かだったと思うのですが、そういう雰囲気を味わいたいと思う人は少なくなったのでしょうか・・・。

来週3月26日はいよいよ新年!ニュピ!がやって来ます。
明かりのない生活と家から出れない静かな静かな1日を迎えます。
今年は残念ながら選挙が近いため、ニュピ前日のオゴオゴのパレードは安全性を重視してデンパサールでは中止だそうです。もし見たい場合は他の県なら見られるそうですよ。

そしてクニンガンで、幕を閉じます。今年は3月28日です。

 0903191.jpg
我が家のベンジョール(お飾り)!
前日に大家さんたちが作ってくれました。
      0903192.jpg
下の方には、やしの実やバナナの葉で作られたお飾りがつきお供え物を入れるかごもあります。

恒例になった大家さんからの食べきれないほどの果物!
お隣のグスティさんからのお祭り料理も届き、舌鼓をうちました。
年2回の特別料理!お店では食べれないのが残念ですがとても美味しいバリの料理です。

      0903193_20090319210640.jpg

夜にはガルンガンに行われるバロンダンスを観に行きました。
お隣の息子さんが仮面舞踊『トペン』を踊り、庭師のワヤンが打楽器を(名前は知らない)演奏していました。
今回もトランス状態に入ってしまった人が10人ほどいて屈強なお兄さんたちに取り押さえられていましたよ!結構外人さんたちも見に来ていました。
地元で行われるバロンダンスは正式には『チャロナラン』と言います。
是非、機会があったら観光用ではないこのチャロナランを観てください。
観光用ではないので退屈する部分もありますが(7時から10時までまったりと踊りが続きますので)、そこに集まるバリの人達の、旅行者には見せない色々な顔を見ることができますよ!





テーマ:バリ島 - ジャンル:海外情報

0903133.jpg
クロボカンの『カフェ・ワリサン』まるでフランスにいるようでしょう!


気がつけば3月も半ばになろうとしています。
2月24日に姉が日本から避難してきました。
・・・・・・姉は花粉アレルギー!
3週間ほど我が家に滞在することになり、毎日のように買物!観光!食事!
先日は我が家お気に入りの『カフェ・ワリサン』にランチを食べにいきました。 

0903131.jpg
日替わりランチ 今日は『ローストビーフ』

0903132.jpg
『キッシュロレーヌ』は女房のお気に入り

ちょうど1年前我が初めてバリの家を訪れた姉はバリにはまり今回で3回目。
ライステラスに感動し、安くて可愛い雑貨に感激し、いろいろな美味しいご飯も食べられる!
と言って、毎日パワフルに駆けずり回っています。
買物やスパでは僕は完全に運転手と化しています。

テーマ:バリ島 - ジャンル:海外情報

サヌール近辺に住む友人5人と陶器工場の見学に行こうと出かけました。
場所は夕日で有名なタナロット寺院のもっと先、タバナンです。
住所しかわからないので、ドライバーが行き方を尋ねながらのドライブとなりました。

0903013.jpg
この近所には瓦の村もありました・・・・・・道の両脇に並んでいますが、車が止められなくてうまく写真を撮れませんでした。このように天日干しです。

0903011.jpg
最初に見学した土器の工場?、

まわりは皆同じような工場?が集まっていますが、壷や人形などを作ってる窯は少ないようです。
0903012.jpg
型抜きした粘土を手作業で組み合わせて、仏像を作っていました。
0903016.jpg
バリのレンガは天日干し。
だから、すぐに割れてしまう。
だけどこの店でバリでは珍しく窯で焼いたレンガに遭遇!
インテリアに使おうと思って8個購入!
焼きむらが中々良い感じです。

次に目指す陶器工場に行きました。
お値段は、かの有名なジェンガラ・ケラミックよりも高い!
皆、手が出ず帰ろうかといっていたら
「ここはショウルーム。近くにアウトレットがあるよ」とお店の人が!。
やったー!と皆でいそいそと店員さんに案内してもらい移動。
でもそのおかげで工場を見損なってしまいました。

0903014.jpg
アウトレットではこのように無造作に並んでいます。
値段を聞くと安ーい!あまりに安いので値段は教えたくない!

0903015.jpg
我が家の戦利品です。
左奥から蚊取り線香入れ、コーヒーカップ2個、小物入れ、石鹸皿2個、灰皿をゲット。

皆でかなりの量を購入。陶器工場見学ツアーがいつの間にか買物ツアーになっていました。
でも楽しかったのでオッケーでしょう!

テーマ:バリ島 - ジャンル:海外情報