ちょいバリ親父の移住物語

バリ島に住んで10年目を迎えました。猫三匹も一緒にバリに移住しその後わんこも2匹増えて。現在にゃんず5匹、ワンズ2匹の大世帯となってしまいました。

0805233.jpg

日本ではガソリンが160円台に突入したというニュースを見てびっくりしていますが、他人事ではなくなりました。
こちらインドネシアでも今日から値上がりしたようです。(値上げしてからスタンドに行ってないのでわからない)
一気に30%の値上がりです
従来 Rp4,500/L(約57円)でしたが Rp6,000/L(約75円)に大幅値上げです。
平均月収200万ルピア(約25,000円)のバリ島の物価から考えると非常に高い。
日本で言えばリッター300円位に感じます。
前回の値上げは2005年9月ですから3年ぶりの値上げになります。
(当時の値上げは Rp2.800から Rp4,500)
その当時、たまたまバリに遊びに来ていてスタンドの混雑にびっくりしました。

0805231.jpg

実はインドネシアは産油国なんですが、自国に精製設備を持ってません。(一説によると海外へ原油を輸出し精製したガソリンをを輸入するという往復の行為で利権があるから設備を持たないとか・・・)
ガソリンは国営のプルタミナが販売しています。
国営の良さは全国どこでも金額が同じというのは良いですね!
国営だあけって、ノンサービスです。
自分で給油口をあけ、『○○ルピア』というとその分だけ給油してくれます。給油が終わったら当然、自分で給油口をを閉めるんです。

僕も値上がり前に満タンにしましたが、スタンドによっては昼過ぎには、『申し訳ありません!売り切れです!』という看板が入り口に掛かっているスタンドもありました。0805232.jpg


これは家のそばのスタンドの値上げ前日の夕方の混雑振りです。
車に混ざってバイクがすごく並んでいます。
交通手段がバイク、車のバリ島で、この値上げは大変なことなんです。
このスタンドも何時までガソリンの在庫があったんでしょうか?
スポンサーサイト

テーマ:海外生活 - ジャンル:海外情報

実は先週金曜からネットが接続できませんでした。
このような事はもう慣れっこになってきたのでそのうち回復するだろうと放っておいていたのですが、さすがに4日間ネットが使えないと不便ですね。今日メンテナンスを呼んで修復してもらいました。
したがって、久々の更新が出来ました。

日本は夏日になる地域も増えてきたようですが、こちらバリは乾季に入り朝晩めっきり涼しくなり、暑さと寒さに弱い僕は朝晩だけは薄手のセーターを羽織ることも多くなりました。

涼しい ⇔ スジュッ(インドネシア語)
何か似てるでしょ!



さて、先日昨年の11月から5ヶ月間乗ったブレーザーを買い換えました。
最近は信号の多いデンパサールに出かけることが多くなりました。今までのブレーザーはミッションが手動なので運転がかったるくなったことと乗り心地の悪さが買い換える要因となりました。

0805161.jpg

 

やはり、オートマが良い!そして車種はグランドチェロキーがいいな!
ということでデンパサール周辺を探し回り、希望に合う車を見つけました。
0804163.jpg

バリでは中古になっても殆ど価格が落ちないので、下取りのブレーザーもほぼ購入した金額と大差なく下取りしてもらえました。ちょうど1ヶ月あたり3千円弱でレンタルした勘定ですね。0805162.jpg


今度のグランドチェロキーはブレーザーよりも着座位置が高いので気持ち良く運転できますし、移住直前まで乗っていた愛車アストロと同様に低回転でのトルクが高いので低速走行の多いバリでは運転が楽でゆったりと走れます。。
バリでの運転も慣れてきたので、そろそろバリ島1周でもしようかな!

テーマ:海外生活 - ジャンル:海外情報

日本ではゴールデンウイークも終わり日常生活に上手く切り替えが出来たでしょうか?
こちらは相変わらずのサンデー毎日です。
それでも、プールの工事で毎日職人さんが入っていると忙しい感じがします。

先月は入院騒動やらで何かとせわしなく過ごしましたが、やはりメイドさんがいないと大変だということがわかりました。
バリに来て落ち着いたらメイドさんを雇うという約束を女房に、してあったのでちょうど良い頃合いかなと思いメイドさんに来てもらう事にしました。

0805082.jpg
玄関テラスの水拭きをしてくれているマデさん

朝9時から12時までの3時間です。
朝ごはんの片付けと、床の拭き掃除、トイレ・洗面・浴室の掃除、窓ガラス掃除、お料理、その他もろもろをしてもらう事になりました。
マデさんと言って、大家さんのお姉さんです。

若い人だと、僕が落ち着かないし?料理も期待できないかな?
ということもあり、おそらく50半ばですから良い感じかな・・・と思っています。
日曜日と祝日、それとウパチャラ(儀式)のある日は休みです。

0805081.jpg
我が家のウパチャラでお供えの手伝いをしています。

最初の2週間ほどは一日にいろいろなことを頑張ってくれていために気が付くと4時間くらい掛かってしまっていましたが、最近は時間配分も上手くなり、3時間内で手際よく切り盛りしてくれています。
マデさんに作ってもらうバリの家庭料理は大変おいしく、毎日が楽しみです。

0805083.jpg
イカンゴレン(魚のから揚げ)とイカンに付けて食べると美味しいサンバル(辛い香辛料)

0805084.jpg
アヤムケチャップ(鳥の揚げたものを甘辛いケチャップソースで煮たもの)

0805085.jpg
左側がカンクンゴレン(空心菜の炒め物)、右側がカチャンゴレン(インゲン豆の炒め物)、下がサンバル・マタといって炒め物と一緒に頂く辛い香辛料

バリではこのようなおかずを毎朝まとめて夕飯までの3食分を作りますが、冷蔵庫で保存しないので良く火を通すのと、唐辛子をかなり使います。
良く火が入っているので見た目はよくないけど大変美味しい!

先日サンバル・マタをマデさんに教わって自分で作ってみましたが、唐辛子を素手で調理したために、
寝るまで指が熱く、痛くて何も出来ない状態が数時間続きました。
それ以来作るのはマデさんにお願いしています。

バリの家庭料理は白いご飯と一緒に頂くとたいへん美味しく、ご飯を食べながらでもビールがついつい進んでしまうので、夕飯時は大瓶1本、と制限しています(痛風になりたくない)。
後はこちらのアラック(ココナッツのお酒)を飲んでいます。

テーマ:バリ島 - ジャンル:海外情報