ちょいバリ親父の移住物語

バリ島に住んで10年目を迎えました。猫三匹も一緒にバリに移住しその後わんこも2匹増えて。現在にゃんず5匹、ワンズ2匹の大世帯となってしまいました。

今週は昼間は、からっと晴れて夜になると短時間雨が降るという、理想的な天候が続いています。
久々にpantai(海岸)で昼飯を食べ、夕方までロングチェアで寝そべっていました。

プールの見積もりですが3社から上がってまいりました。
1番安値を100としますと後の2社の見積もりはそれぞれ140、125となります。
最高値の1社を除き、2社と打ち合わせを行い細部を煮詰めた形でのネゴを行いました。
しかし、強気なのか2社とも3%ほどの値引きしか提示されていません。
日本での工事費と比較すれば1/10程度?ではないかと思いますが、出来る限り安くしないと今後の生活費に影響が出るぞ。
という訳で安くできそうなところと言ったら仕上げのタイル工事。見積もりは材工(材料と手間賃)で4,500円/㎡ですが、自分でタイルを安く入手できれば更に安くなる!・・・・それもあり!
ならば、タイル問屋へいざ行かん!そして、プールも決まってないのにタイルを買ってしまいました。
約50㎡の買物でした。タイル見本
こんな色を選んでみました。
後は、プールの深さと照明の位置とか、細部をもっと煮詰めていかないといけません。
ガゼボ(東屋)も作りたくなってきた!プールとの位置も考えないと・・・・・。半年以上眠っていた頭脳を起こすのが大変です!
すっかり呆けてしまった頭ですからね。
もう少し頑張って頭を働かせて見ます。


3種混合
これは1本の樹なんですが3種類の花が咲いています。
樹?花?の名前は確か「ジュプン」といいます。
こちらでは接木が盛んで殆どの樹に対して接木が行われています。
3m程度のプルメリア(フランジパニ)に対しても同じように行われています。
庭にも7本植えてありますが、全部に接木がなされています。
また、前回紹介した蘭を寄生させてあります!
バリの方達は皆さん植木が好きみたいで、植木や花を思い思いに大切に育てています。

ブーゲンビリア
太陽が大好きなブーゲンビリアも通年このように咲いています。
このほかにもオレンジ色や白いブーゲンビリアもあるんですよ!




スポンサーサイト

テーマ:バリ島 - ジャンル:海外情報

らん02211
         庭に咲いた蘭

バリは今雨季の真っ只中!夜になると毎晩雨が降ります。
バケツをひっくり返したように強い雨が、休み休みではありますが降ることもあります。
今日はめずらしく朝から弱い雨が午前中ずーっと降っていました。

らん02212

この時期、庭にある蘭も次々に咲き始めています。
いろいろな色の花が咲いていて綺麗なんですよ。

数枚載せてみます。
らん02214

らん02215

らん02216

こんな感じで庭のあちこちで咲いています。
蘭は日本では育てるのが難しいですが、こちらでは何もしなくても勝手に咲いてくれるんです。
このほかにも蓮やブーゲンビリア、プルメリア、その他色とりどりの花が咲いています。
ただし、雨季だけあって雑草の伸びる早さも半端ではありません。また庭に盆栽の松もあるのですがあっという間に育ち(過ぎ)すでに盆栽ではありません。

唐突ではありますが庭にプールを作ろうかということになり、3社に見積もりを依頼いたしました。
本当は今の家の契約が2年なので、契約が切れたらプールつきの家に移ることも考えていましたが、今の家の環境が良い事と、大家さん、お隣さんと良い方に恵まれたのでしばらくはここに落ち着こうかと思い始めました。
サヌール近辺でプール付ですと年間150ジュタ(200万)くらいでしょうか。
海岸より遠くなれば年間100ジュタ(125万)くらいでありますが、土地も小さくなります。
ここは土地が400平方メートルあるのでこじんまりとプライベートプールを作るにはちょうど良い大きさだし、大家さんからも割引するから長く住んで欲しいと、オファーも頂いておりますし・・・・。
プールの建造費用と合わせて考えてみると、3年間で元が取れるのでは?と考えています。

一般的なプライベートプールは3m×5mなので、まあその辺りの大きさになると思います。
見積もりがあがって来たら報告いたしますね!


テーマ:バリ島 - ジャンル:海外情報

先週、雷が激しい日が続きました。
そのおかげで我が家のネットも不通になっていました。
センターに落雷してしまいその復旧に時間が掛かってしまったようです。
我が家も雷に備えて、例の高~い~高いインターネットのアンテナの先に避雷針をつけてもらった矢先のことです。(ちょっと怖かった・・・)
そして昨日今日とすごい風が吹きまくり、まるで台風のような強風です。
台風と違って雨が同時に降らないので別に支障は無いのですが、庭の植木鉢が倒れたり、部屋の中がざらざらになったりして余分な労働が増えてしまいます。

今日は我が家の3にゃんずのある日の様子を覗いてみようと思います。
いつも、3匹そろっての食事となります。この日はしょうただけが向きが逆!
不揃いで食べています。
食事02121

食事02122

これは綺麗にそろいました。
毎朝、毎晩こんな調子で食事をしています。
前菜が缶詰の食事!メインがカリカリを食べています。
皆それぞれ好みが分かれ、しょうたは缶詰が大好き、みくは半々、はなはカリカリが大好きなんです。
みく02123
一人でポーズをとってすましているみく。
この子はいつもモデルみたいにポーズをとって「私って美人でしょ!」と、とても絵になるんですが、カメラを向けるといつも隠れてしまいます。今日は何故かご機嫌が麗しかったようです。
3にゃんず02124
テラスに虫が出没!
3人で並んで動きを見ています。殆ど毎日こんな光景を見ることが出来ます。
しょうたとはな02125
しょうたとはなの昼寝の光景です。
はなは誰かに寄り添って寝るのが好きで、これはしょうたが寝ているところに割り込んでいってしょうたに抱っこしてもらって寝ています。(はなの方が大きいのでそうは見えませんが・・・)
夜は女房の脇の下に入り込み肩を枕に寝たり、ひざの間に入り込んで寝ているそうです。
暑いし寝返りがうてないとぼやいておりますが、はなが寄り添いに来ないとどこか悪いのかと心配しているんですよ。

テーマ:バリ島 - ジャンル:海外情報

3日目の夜、サヌールに近いクシマンで行われるケチャダンスを見に行きました。
ケチャはウルワツが有名ですが、グスティさん曰くこちらのほうが近いし出演者が多いよ!とのことでした。
今回はガルンガン当日とあってお休みの人が多かったのか、実際にはウルワツと変わらない人数(40人くらい)で演じられました。
ケチャダンス
『ケチャダンスです。ストロボが弱くて届きませんでした』

ケチャダンスを見た後、しばらくは「チャッチャッチャッ」とついつい口ずさんでしまう程引き込まれてしまうパフォーマンスです。姉も椎名誠や沢野ひとしのエッセイを読んで、ぜひ見てみたかったとの事。

そしてサヌールに戻り、今夜のディナーはイタリアンです。
サヌールの有名店「マッシーモ」での食事!本当に美味しいんですよ!
オーナーシェフのマッシーモさんがプロデュースする食事、中でも石釜で焼かれるピッザは本当に美味しい!しかもデカい!
これが、500円位でいただけるんですから、たまりません。
全員「美味い美味い」とあっという間に食べ尽くし、残念ながら写真を撮るのを忘れてしまいました。

そして最終日、午前中は前日同様ハイアットで過ごしました。
ハイアットビーチは物売りも少なく本当にのんびりとビーチに出ることが出来ます。(クタやレギャンではそうは問屋がおろしません

義兄はハイアットの隣にあるマッサージを受けて、半分とろけて帰ってまいりました。
マッサージ
『美女?二人にマッサージされて半分意識不明の義兄』
ハイアットビーチ
『遠くにアグン山を望むハイアットビーチ』
船
『バリの漁船、顔が可愛いでしょう!みんな顔が違うんです』

午後からは政府が開発したリゾート地ヌサドゥアへ行き、ぶらぶらとウインドウショッピングをした後、姉夫婦はホテルに戻り帰り仕度です。
最後のディナーは在住者の中で人気のワルン『ママプトゥ』です。
昨年ビーチ沿いから越してメルキュールホテルの近くに12月にオープンいたしました。
この店はキング・プラウンなんとかガーリックソースというのが美味しかったです。
えび4匹とポテトとサラダが付いて450円くらいかな!その他、ミーゴレン、サテ、ツナステーキ、チャプチャイなど4人でお腹いっぱい食べても2500円くらいでした(ビール2本も!)。
味!お値段とも五つ星です。
ママプトウ
『美味しそうでしょう』

あわただしくも楽しく4日間が過ぎて行き、僕達も美味しい食事をたらふくご馳走になってしまいました。
まだ年金の出ない我が家の家計では毎日こんなに贅沢な暮らしは無理ですが(普段は近所のワルンでナシチャンプル1人前150円位)、来年からは耐乏生活に別れを告げてリッチに暮らせる?予定ですが・・・?。
楽しみです!



テーマ:バリ島 - ジャンル:海外情報

前回のアップから時間が経ってしまいましたが、今回は姉夫婦のバリ滞在3日目を報告します。
朝から僕達もハイアットに行き朝食を頂きました。僕達はハイアットはちょうど1年ぶりになります。
たまには、ホテルでの朝食、優雅でよいですね。
ハイアットレストラン
『バリ・ハイアットの庭、緑が多くて気持ちいい!』

プールサイド
『その後は午前中はプールでのんびり!』

午後からはグスティさんも加わってバトゥブランで土産物を見ながらウブドに行き、遅めのランチにしました。実はバトゥブランで美味しいと有名なワルンへ行こうと計画を立てていたのですが、この日ガルンガン(お盆のような祝日)のため地元のお店は閉まっているところが多くこちらもあいにくお休みでした。急遽ウブドへ。
このお店も有名ですね!『カフェ ワヤン』。庭にあるガゼボでのんびりご飯をいただけます。
3年前にガイドブックも見ずにウブドを散策していた時に訪れ、雰囲気もよく美味しかった。
後から調べたら、有名店でした。
kafe
ナシチャンプル
『美味しくナシチャンプルを食べました』

今日はガルンガン当日なので、午後からは次々に土産物屋、レストランが閉まっていきます。
びっくりしたのはウブド・パサール(市場)まで完全に閉まっていました。
またまた急遽スカワティ・パサールへ。こういう時にグスティさんの提案がホントに助かりました。まだまだ知られていないスカワティの市場ですが、この日は僕達と同じようにウブドから流れてきたであろうと思われる観光客のバスでいっぱいでした!
バリの人々にとっては、バリ・ヒンドゥの信仰心が強く大きなお祭りの時には祝日となります。町中が「ペンジョール」と言われる七夕飾りのようなもので飾られ、あちこちでお祭り風景を見ることが出来ますが、ショッピングや食事はきちんと下調べをしないといけませんね。ニュピ(新年:今年は3月7日)には空港も閉鎖されてしまうんですよ!!!

この後、サヌールに戻りケチャダンスを見に行きました。
つづく

テーマ:バリ島 - ジャンル:海外情報