ちょいバリ親父の移住物語

バリ島に住んで10年目を迎えました。猫三匹も一緒にバリに移住しその後わんこも2匹増えて。現在にゃんず5匹、ワンズ2匹の大世帯となってしまいました。

パソコンの調子が悪く、やっと再開です(*~~*)v
ご心配をおかけいたしました。
この間に携帯も壊れ、まだ直ってきません。壊れるときは何故かみんな一緒に壊れるものですね!

今日は良く訊かれることですが「何故バリ島に移住することにしたのか?」
に触れてみたいと思います。
老後は海外に移住しようと考え出したのは、かれこれ20年位前、30代後半だったと思います。
わりと最近まではタイのホアヒンあたりに行くつもりだったんですよ。
何故タイを諦めたかについては後で触れますが、
若い頃に考えていた移住先としては
スペイン=バロセロナ
オーストラリア=ケアンズ・ゴールドコースト
マレーシア=ペナン
タイ=ホアヒン
実は初めはこのようなところが候補地でした。
インフラの整備されているのは、やはりオーストラリア、スペインですが、白人社会。
我々黄色人種はやはり色眼鏡で見られるかなあ、まして英語の苦手な私としては、
やはりアジア社会の方が良いかなあ・・・と!
中でもフレンドリーなのが、タイ、バリ島あたり。そして住環境を考えると、マレーシア、バリ島が外国人にとってはリーズナブル。タイは外国人向けとなると極端に高く、日本と変わらないか割高です。
タイの場合は、外国人向けでないと治安がよろしくないのでガードマンのいるコンドミニアムでないと日本人は安全じゃないよ!と現地の方に言われました。金額的にも広めの3LDkで15万位かかってしまう。コンドミニアムはペット不可だし!!!。猫3匹も連れて行くとなるとある程度の広さも必要になり、とても僕らの財政事情では無理だ!無理だ!
ということで、タイを諦めたのは住環境の問題でした。
残るのはマレーシア、バリ島になりますが、マレーシアは年々リタイアメントビザの制限が厳しくなってきています。マレーシアの銀行に450万5年間据え置きしなければならない。これは、僕たちにとってはなかなか厳しい条件です。バリ島ではビザを取る際の1回こっきりでOK。。。素晴らしいことです。
条件的にはこんな感じで決めましたが、やはりこの、のどかな生活と風景がなくては成り立たないことです。

      CIMG0085.jpg

『少し歩くとこんな風景も』

毎週、ゴルフを週2,3回はプレーしたい方はタイ、マレーシアだと思います。バリ島は、ゴルフ場が少なく高いので、どちらかと言えば海の好きな方やローカルな景色の好きな方にはお勧めです。
したがって、海の好きな我々はバリ島に決めたわけです。家から少し歩けば白砂の綺麗なビーチが目の前。
CIMG0005.jpg


あと、気候も良いですよね。4~9月は乾季にあたり最低気温22度最高気温26,7度で乾燥しているので軽井沢に避暑に来ているようです。
10~3月は南半球ですから、夏になり最高気温27,8度で湿度が高い。その代わり色々なフルーツが、てんこもり!
赤道に近く熱帯性気候なのに日本より涼しい。不思議ですね!
12,1月は雨が多く午後になるとスコールが来ますが、どこかで雨宿りしていればよろしい。現地の方は雨のときは外に出ませんよね。
こんな事を考えてバリ島に決めたわけです。
いよいよ、フライトも決まりました。10月14日神々の住む国バリ島へ不安と期待を持って出発だー!

スポンサーサイト

テーマ:バリ島 - ジャンル:海外情報