ちょいバリ親父の移住物語

バリ島に住んで10年目を迎えました。猫三匹も一緒にバリに移住しその後わんこも2匹増えて。現在にゃんず5匹、ワンズ2匹の大世帯となってしまいました。

1昨年のボロブドゥール、昨年のアユタヤ遺跡・・・・そして今回はアンコールワット遺跡群と3年連続した
『世界遺産の旅』も今回で小休止かな。




スケジュール
1日目 デンパサール空港~クアラルンプール~シェムリアップ空港、ホテルチェックイン、夕食

2日目 アンコール・トム ⇒ タップロム寺院 ⇒ 昼食 ⇒ アンコールワット寺院 ⇒ 夕日鑑賞

3日目 ベンメリア遺跡 ⇒ バンテアイスレイ遺跡 ⇒ 昼食

4日目 昼までプールでゆったりと。


というスケジュールをたてました。(親父は何もせず女房任せ)

暑さの中でかなり歩くということを考慮し余裕を持ったプランにしてもらいました。



早朝4時頃自宅を出発、飛行場のパーキングに車を停めて友人の I さんご夫妻と落ち合いました。


P_20170912_055423.jpg
飛行機はオンタイムの7時発。




P_20170912_055800.jpg
1時間以上時間があったのでハードロックカフェでコーヒーを飲んで時間つぶし。

コーヒー1杯約600円は高すぎるだろう!



3時間のフライトでクアラルンプールLCC飛行場到着・・・・・・新しくなってから親父は初めて。

P_20170912_104931.jpg
左右にボーディングゲートがあります。だから写真の倍になります。

P_20170912_104742.jpg
これは南北ラウンジ?東西ラウンジかな? をつなぐブリッジ。

とてもLCC専用飛行場とは思えませんね。
以前と比べ大きくなり、飲食店舗かなり増えて選択肢が増えたなぁ。



マレーシアときたらお約束のラクサを食べねば。

P_20170912_111827.jpg
これが美味しい!ココナッツミルクが効いていて本当に旨し!


約2時間遅れの案内が出ていたのでゆっくりと休みましたよ。


シェムリアップまで2時間のフライト、でも時差が1時間あるから時計の上では1時間でついてしまう。

クアラルンプール行きの飛行機と違い、空いていたので横3席を一人で使用、楽でしたぁ!



いよいよ高度が下がってくるとトンレサップ湖が現れました。

雨期には面積が10倍以上になると言われてる東南アジア最大の湖です。


P_20170912_163011.jpg
田んぼも道路もみな水没していました。
  

   
下を眺めているといよいよ16時ちょっと前にシェムリアップ空港到着。

P_20170912_165112.jpg
屋根に曲線が付いていたら、まるでタイの建物。


VISAを取得するため、VISAカウンターへ
空港職員が親切ですべて書き込んでもらい親父はサインをするだけでした。

カンボジアの第一印象はすごく高いぞ!




ホテルの送迎車に乗り込み、ホテルを目指します。

P_20170912_173312.jpg
ホテルまでのメイン道路、広くて走りやすそう。

東南アジアにしては珍しく右側通行、したがって左ハンドルですね。



次回はホテル到着以降





スポンサーサイト

テーマ:カンボジア - ジャンル:海外情報

昨日 AIR ASIA でクアラルンプール経由でシェムリアップまで飛んできました。

今日はアンコールワットの遺跡群を見学してこようと思っています。

今回は伊東さんご夫婦とご一緒の旅、珍道中になるかも知れないな!

結果は来週 UP する予定です。

では楽しんで来ま~す!

テーマ:カンボジア - ジャンル:海外情報

2泊3日のAMEDの2日目

宿でのウワサ通りのしょぼい朝食。

P_20161204_075920 - Copy - Copy
親父はバナナパンケーキ
味が無く、フライパンの型そのまんま。

P_20161204_075929 - Copy - Copy
女房はスクランブルエッグ&トースト。
量は多かった。

これにコーヒーが付くだけ。

ウブドではどこもフルーツがてんこ盛りなのでやはり寂しいぞ。
レストラン併設なんだから、もうちょっと頑張ってほしい。



P_20161204_092456.jpg
プールサイド越しに海を眺めながら読書のお時間。

雨は降らないもののすっきりとは晴れず。



そして魚影が濃いと言われてる『Jemuluk Beach』 へ。

1481462939063.jpg
上から眺めるビーチはきれいなエメラルドグリーン。

1481462943757.jpg
おっ! シュノーケリングしてますね!



波がほとんどなく遠浅のビーチは魚影も濃くシュノーケルで十分楽しめました。

久々のカラフルな魚たち、モルディブを思い起こさせてくれました。

水中カメラは持ってないので写真はなし、残念!



P_20161204_112752 - Copy - Copy
ワルンでロングチェアーを借りてくつろぎました。
ロングチェアーは食事をすれば無料。
(普通は1脚50,000ルピアなのでお得感あり)



P_20161204_122752 - Copy - Copy
女房の頼んだ『ココナッツ・フィッシュボール・カレー』はすごく美味しかった。

次回は絶対食べるぞ!

P_20161204_122733 - Copy - Copy
親父は冒険せずにナシゴレン。これは普通。。。。


P_20161204_112300 - Copy - Copy
砂浜にあったジュクン(小船)の可愛い絵。
猫が魚を取って逃げていくところかな?

トムとジェリーのトムに似てますね。





シュノーケリングを満喫したあと、宿へ戻ってシャワーを浴び、

P_20161204_190345_LL - Copy - Copy
夜はまたまたお隣の『The Griya』のルーフトップバーで、ビールナイト。


真っ暗になったところで階下のレストランへ。

昨日はおなか一杯になり過ぎたので今日は少なめにオーダーすることに。

1481462951206.jpg
本日の魚料理、バラクーダのグリル(ポテト、ミニサラダ付き)

1481462955263.jpg
それとマッシュルーム・クリーム・スパゲッティ


今日も多かった〜。
とても美味しかったのですが、食べきるのがやっとでデザートはおろかコーヒー腹もなくなってしまいました。



1481462960100.jpg
日曜日のサービスはバリ舞踊。


お腹いっぱいでレストランを後にしました。





そして最終日は宿から近い『Lipah Beach』へ。

1481462966618.jpg
ここは砂浜がありますが、波打ち際はちょっと岩場、そこを抜けると大型サンゴが。

遠浅ですが波が結構あったので下手したら岩で傷だらけになりそうだ。

運良く地元のガイドがエントリーの場所を教えてくれたから助かった。




11時ころに切り上げて帰路につきましたが、途中でまたもや土砂降り。


やっとこチャンディダサで昼食。

レストランが立ち並ぶ中、ワルンを見つけた!

1481462970208.jpg
野菜たっぷりミークア

麺はインスタントだったけど、日本のタンメンみたいで、これは旨かったぜぃ!




2泊3日アメッドのプチ旅行は往復ともかなりの雨に降られたけど、楽しかった〜!





今日のにゃんこ

DSCF3267.jpg
日本から一緒の「はな婆ちゃん」と「みく婆さん」

元気です。





テーマ:バリ島 - ジャンル:海外情報


DSCF3305.jpg

12月生まれの親父と女房の誕生祝を兼ねて、Amedへプチ旅行しようと、12月3日から2泊3日で出かけてきました。


Amedまでは100キロ弱、うちから3時間くらいの距離。
今まで通ったことが’あるだけで、降り立つのは初めてです。


久々のシュノーケルを楽しもうということもあり、わくわく!

さあ、いざ行かん!




ところが家を出てすぐに雨が降り出し、前が見えないほどの大雨。。。

途中、峠越えがあるのですが、そのさなかは道路が川になっていて小石が流れてくるわ、小さながけ崩れがあるわ、で生きた心地がしなかった~!



そして気がついたら、、、、、、なんといつの間にやら違う方向に走っていました〜(泣)


1時間ほどのロスで、やっとアメッドに到着。



『アメッドは雨どす!(笑)』

、、、、と言いたいところでしたが、なんとアメッドに着いたら雨降った形跡なし。



嬉しいことに帰るまで3日間ほとんど降られないで済みました。


アメッドは雨が降らない場所なんだそうな。本当かな?
(Amedを出たら行きも帰りも雨だった。)




泊ったのは『BARONG CAFE & BUNGALOS』

ここをセレクトした理由は、コストパフォーマンスの高さ。

プールがあって景色が良い。
そしてエアコン・ホットシャワー付き!


親父たちが泊ったのはバンガローというカテゴリーで、1泊朝食付きで250,000ルピア(約2,100円)。
一人当たり1泊千円強という大変コスパの良いところでした。



DSCF3285.jpg
部屋の外観

DSCF3287.jpg
室内

DSCF3292.jpg
プールに近い部屋をリクエストしたので、プライベートプールのようでした。






そしてここを選んだ理由のもうひとつは、『The Griya Villas and Spa』の『Safka』というレストランに歩いて行けること。

とりあえず今回は誕生日記念のプチ旅行だったので、夕食は少しリッチにということで。


DSCF3296.jpg
『The Griya』の前で

DSCF3303.jpg
ルーフトップバーで。
5:00〜7:00がハッピーアワー。


DSCF3304.jpg
遠くにロンボックが見えます。
もっと天気が良ければサンセットも。


ルーフトップバーで2杯ずつ飲んだあと、階下のレストランに移動してお食事。

DSCF3314.jpg
Nicoise Salad

DSCF3312.jpg
Pizza Margarita

この日はピザタイムというお得なセットメニューがあったので、通常のピザの値段にちょっと足してソフトドリンクとデザート付き。

DSCF3317.jpg
デザートはOven Baked Chocolate Mousse

コーヒーもポットで。


雰囲気も良くてスタッフもきちんとしている。
料理も美味しく、ボリュームもたっぷり。

大満足でした。





テーマ:バリ島 - ジャンル:海外情報

P_20161106_124510.jpg


ブドゥグルの手前に今年の5月に新しくオープンしたという『シークレットガーデン』に行ってきました。



P_20161106_124905.jpg

P_20161106_124807.jpg
中々凝ったデザインの建物。



P_20161106_124915.jpg

入り口から博物館や石鹸工場のある2階へのアプローチ


P_20161106_144631.jpg
左手レストラン・コーヒーファクトリーのある建物から博物館のある建物を望む。


P_20161106_125106.jpg
1階を通して裏?奥の?景色が透けて見えるデザイン。


入場料が50,000ルピア(約400円)かかりますが、その半券で飲食物50,000ルピア分に充当することができます。
したがって入場料無料ということに。

おなかが減っていたので早速ランチを。


P_20161106_135347.jpg
半屋外のレストラン(2階)

1階にもレストランがあり半屋外と屋内レストランがあって屋内レストランはバイキング方式。




P_20161106_132615.jpg
女房はラクサ

P_20161106_132202.jpg
親父は香港風焼きそば

美味しかったし量も適量。


P_20161106_135323.jpg
奥はウエディングホールの工事中。

棚田がきれいだったなぁ。



食後、博物館を見ましたが、小さくてたいしたことは無いかな。


石鹼工場に入るには、使い捨て帽子をかぶり白衣を着て靴にはビニールカバーという物々しい格好で見学。

手荷物、カメラ、携帯など一切持ち込めず、ロッカーに預けたうえでの見学になるので、一切写真はありません。



石鹸工場はお菓子の工場と言われても区別がつかない(笑)


必ずガイドが付きますが、インドネシア語・英語・マンダリンだけで日本語ガイドはおいて無いのでインドネシア語ガイドにしました。

日本の観光客が減り続け、代わりに中国の観光客が押し寄せるというパターンです。
やはり中国の団体さんが来てました。




この『シークレットガーデン』は食事休憩をするのは、きれいで味も十分に満足できたので
とっても良いと思います。

ブドゥグル周辺にはこれといったレストランはなかったような記憶があるので、
立ち寄る価値はあるでしょう。




今日のにゃんこ

DSCF3254.jpg
食後のお仕事は寝ること

右から「はな」、「おうじろう」、「よーだ」、「みく」

DSCF3255.jpg

今日は「がんば」がミソッカス。

テーマ:バリ島 - ジャンル:海外情報