ちょいバリ親父の移住物語

バリ島に住んで10年目を迎えました。猫三匹も一緒にバリに移住しその後わんこも2匹増えて。現在にゃんず5匹、ワンズ2匹の大世帯となってしまいました。

アウトドア・ダイニングの屋根の辺りから、


ガサッ!ゴソゴソ!ドスン!


といった音が夜になると聞こえて気持ち悪い。

ネズミよりもはるかに大きいものがいる!

鳴き声も聞こえないので犬や猫でもなさそう。



サヌールの家では親父の部屋に水トカゲ(アルー)が住みついていたので、今回もそうかと思ったが、トカゲは夜はおとなしい。


こんな音が3日か4日続いて、お手伝いのヌルも寝れない!と訴えるので。。。。


大家さんに相談して大家さんと職人さんで小屋裏に入って確認すると「犬がいる」というではないですか!。

DSCF3430.jpg
「そんなはずない、よく見てくれ」と言ってカメラを渡して写真を撮ってみたら、「MUSANG(いたち)」でした。

拡大すると明らかに!

DSCF3430 - Copy



早速、袋を持ってきて捕獲作戦。

IMG_3853.jpg
やっと捕まえました。


どこから入ったのか?何の目的で?
わからないな~?

IMG_3863.jpg
ケージに移した直後

IMG_3869.jpg
バナナを上げたらよほどおなかが空いていたんでしょう、ガブリつきました。
(MUSANGの食べ物はフルーツだそうです)


・・・・・・でも弱っていて立ち上がるとすぐに倒れてしまうほど。
3日か4日食べても飲んでもいないのでかなりの衰弱。

とりあえず大家さんが家に持ち帰りました。


体長50センチ強、しっぽの長さが40センチくらい。

きれいな色だったなぁ!
立派なしっぽだったし。


これは翌朝の写真

P_20170218_105916.jpg
水を飲んでます。


P_20170218_105413.jpg
これは珍しへそ天のいたち

手足の指がでかっ!



残念ながらこの日の夕方死んでしまったそうです。
衰弱が激しかったからな~!


きちんと埋葬したとのことでした。

合掌。。。


スポンサーサイト

テーマ:バリ島 - ジャンル:海外情報

デンパサール地方は金曜まで4日間も大雨が断続的に降り続いていました。

たまに止んだりはするのですが、空はどんよりとしていて太陽は全く顔を見せまてくれません。


バンジール(洪水)により道路が冠水しているところなどは、場所によっては大渋滞。

雨はやはり夜から明け方にかけて降ってくれるのが良いな。



先日、ウブドで珍しいものに遭遇しました。


DSCF3407.jpg
トッケイの死骸?

顔やらしっぽに薄紙がついたまま動かない。
可哀想にいたずらされたのかな、、、と思いきや!



DSCF3405.jpg
よ~く見るとおなかが動いて呼吸しています。



P_20170129_102302_1.jpg
さらによく見ると、、、.どうやら脱皮してる最中のトッケイのようです。



この写真の色よりも赤が強かったけど、これが一番近い発色です。




普通トッケイは人前に姿を現すことが少なく、親父も10年住んでまだ数えるほどしかしか見たことがない。

ましてや脱皮中! ありえないでしょ!


鳴き声はしょっちゅう聞くんだけどね。


DSCF3409.jpg
道路の真ん中でのそのそしていたので、バイクに轢かれてしまうと心配した日本から遊びに来てる友人が手でしっぽツンツンしたら、、、

うわ〜〜!

突然首を回して指に噛みついた〜〜!。



宿のおじさんにトッケイに噛まれた~!と話したら、台所からサッと出してくれて塗ったのが「ウコン」の塊。

インドネシア食を食べる家ならどこの家にも常備されているもの。
当然我が家にもありますよ。


DSCF3417.jpg
これです。
本当にすぐに血が止まりました。

友人は親父と同じ血がさらさらになる薬を飲んでるので血が固まりにくいのに凄い威力!
現地の人の知恵ですね〜。

いい勉強になりました。



2時間後にまた通りかかったときには、まだ道路の端の方でひっそりとしていました。
脱皮って時間がかかるんですね。

きっと脱皮中はすごい体力を使うので動けないんですね!




今日のわんこ

1486298882963.jpg
?バロン?


1486298886497.jpg
雨に濡れてバスタオルに巻かれたキンタでした!

1486298891581.jpg
キンタだよ~!



テーマ:バリ島 - ジャンル:海外情報


夕方から朝にかけての時間帯に毎日のように雨が降るバリです。

そんな中、日中から夕方のかけて天気が良く雨が降らない時に発生するラロン。


今シーズンはそのラロン(カゲロウのようなもの・・・・調べてみたらキクイカゲロウというらしい)の発生が遅い。


ラロンは灯りをめがけて飛んできて、街灯に群がると雪が降ってるように暗くなるほど。

1時間ほどしたらみんな床に落ちて死んでしまう。

本当にいっときだけの被害。



でもここ数年は大発生することもなく、発生時期も遅くなっていたし発生しない年もありました。



2007年こちらに住み始めた際、ラロンの洗礼にあいました。

その頃はまだラロンなどという存在を知らず、夜、灯りをつけたまま外食して帰ってきたら、、、、

床に足の踏み場もないほどの死骸が!!!。

いや〜、この時は参りました〜。

翌朝プールの掃除するのにも苦労したなぁ。。。




今回のラロンの乱舞

1485288052410.jpg
軒下の灯りに群がってる。



1485287936411.jpg
先日購入した虫取り器の青い光に吸い寄せられて。




そしてラロンを食べようと集まってくるチッチャ。

獲物を狙って右往左往!

日本で良い波を狙ってサーファーが右往左往するのと似てますよ(笑)。



いつもは額の裏とか物陰に潜んでいます。

鳴き声は「チッチッチッチッ!」

DSCF3401.jpg
チッチャは怖がりなので携帯を向けただけで逃げてしまって、なかなか数匹が集まってる写真は写せない。

DSCF3400.jpg
だまし絵みたいなチッチャ。
どうやって壁にはりついているんだろう?


1485287970691.jpg
ダイニングの床に散乱した死骸

我が家はアウトダイニングですが、この時ばかりは中で食事をしました。。。。





今日のにゃんこ

DSCF3397.jpg
神棚の陰にいるチッチャを狙う「がんば」、、、、と付き添いの「おうじろう」


DSCF3394.jpg
何を見てるのかな?


DSCF3389.jpg
軒裏の鳥を狙う「よーだ」



テーマ:バリ島 - ジャンル:海外情報

バリ日本人会で図書の整理などのボランティアを続けています。

その仲間での新年会は『クエづくし』



クエは日本では幻の魚として珍重されています。

クエは地方によっては「アラ」とも呼ばれる魚で、大きいものは1mを超すそうです。
クエ鍋とは、その名の通り幻と言われる高級魚“クエ”を使った鍋のことを指します。フグより美味しい!と。


もちろんこんな貴重な魚、ここバリ島でも予約しないと食べられません。


昨年から機会をうかがっていたのですが、

サヌールにある日本料理店「大和」でやっと実現!




刺身、天ぷら、握り寿司、クエ鍋のコース。




あ、今回もアルコール抜きでの開催、全員日本茶を飲みながら美味しくいただきました。




それぞれ写真を並べていくと

P_20170112_124317.jpg
最初に刺身が出てきてパクリ!「う~ん‼旨し!」

1484207739096.jpg
天ぷらはホクホク〜!

P_20170112_130827.jpg
握り寿司もこれまたグッド。

P_20170112_131532.jpg

1484357598823.jpg
最後にドーンとクエ鍋。


1484357607234.jpg
そして締めの雑炊!いいお出汁が出てます。


総勢9名で残すことなくいただきました。



20170115_161622.jpg

美味しゅうございました!



気になるお値段は日本よりかなりお安く、お茶代込みで 291,000ルピア(おひとり様 約2500円)

満足・満足〜〜!。




今日のワンコ


P_20170113_153202.jpg
女房の膝でへそ天〜!

甘えん坊のマーニ



テーマ:海外食生活 - ジャンル:海外情報

すっかりお正月休みをしてしまいブログの更新をさぼっていました。

暮れの3日間は風邪でダウンし、寝正月になるかと思いましたが、1月1日にはバッチリ回復。


3年前の心臓手術のあと、血液をサラサラにするためにアスピリンを飲み続けていますが、今回薬はそれだけ。
やはり風邪を治すには休養が一番ですね!。




暮れには義姉が来て、女房とウブドに3泊、その後3泊サヌールのヴィラでゆっくりと。

合間に我が家にも3泊してくれました。


P_20170106_134339.jpg
サヌールの定宿、NIKE VILLAS

親父も1泊お邪魔しました。



1483606591484.jpg

久しぶりのプールでのんびり昼寝。





親父は会社時代の友人がご家族と遊びに来てくれたので、クタのモール巡りをしたり、ウルワツのケチャダンスを見に行ったりして過ごしました。

P_20170102_185910.jpg



友人の奥様がウブドでヨガとエステ三昧をしてる間に、親父たちはゴア・ガジャ遺跡で聖水をかけてもらって初詣。
その後、ティガラランの棚田、「ネカ美術館」など、これまた観光地巡り。


住んでしまうと普段なかなか腰が重たくなってしまうので、いい気分転換になりました。


P_20170104_141329.jpg
ティガラランの棚田、いつみても素晴らしい!


友人は新婚旅行でバリに来て以来だということなので20数年ぶりだそうです。

喜んでもらえたようで良かった!良かった!



≪番外編≫

P_20170104_114708.jpg
ゴア・ガジャの駐車場に移動ATM車が来てました。
イベント等があると必ず顔を出す移動ATM、日本にはないそうですね。




正月が終わり、親父の日常が戻って来ました!

DSCF3382.jpg
昨日も今日も朝のビーチヨガ。


DSCF3374.jpg
朝のヨガは爽やかで気持ち良い。
呼吸法と相まって体がリフレッシュされるよう。


DSCF3368.jpg
雨が上がったばかりでアグン山も霞んで全く見えなかった。



ヨガを始めて1年が経とうとしていますが、興味本位で始めたもののここまで続くとは思っていなかった。
今後とも出来得る限り続けていこう!





今日のにゃんことワンコ

20170110_112635.jpg
5匹揃い踏み


DSCF3384.jpg
キンタとマーニの微妙な位置関係。


テーマ:バリ島 - ジャンル:海外情報