ちょいバリ親父の移住物語

バリ島に住んで11年目を迎えました。猫三匹も一緒にバリに移住しその後わんこも2匹増えて。現在にゃんず5匹、ワンズ2匹の大世帯となってしまいました。

今日6月15日はイドゥル・フィトリ(1439年断食明け大祭)で国民の休日となっています。

インドネシの大多数の国民がムスリムを信仰してるので、この数日観光地を除けば閉まってるお店が多いのでひっそりとしています。親父も普段昼食を食べるお店が閉まってるので不便なんです。

先週の土曜日から来週の火曜日までの約10日間、官庁や銀行もお休み。




さて先週の土曜日、ヌサドゥアのニッコーホテルでお相撲さんとの触れ合いイベントがありました。
これも日イ60周年記念行事。.

P_20180610_161330.jpg
施設の子供たちを招待してのイベントです。



日本から、立浪親方、千代の国関、千代の丸関、相撲甚句の羽黒卿さんがいらっしゃいました。


P_20180610_165720.jpg
四股をふむのを見て


P_20180610_165832.jpg
また割・・・・、あんな巨体なのに真横に開きそして前屈。
信じられません!


P_20180610_170009.jpg
バレエを習ってる女の子たちも負けじと股割りを披露。


P_20180610_170232.jpg
両者の申し合い。数番とってくれました。
まじかで見るとすごい迫力、あんな張り手を受けたら一発で飛んで行ってしまう。


P_20180610_171427.jpg
その後子供たちとの交流

関取を数人で押してもびくともしない。
何回かは関取がわざと負けて子供たちを喜ばせていました。


P_20180610_172033.jpg
そして綱引き・・・子供たちが、かなう訳ないですね。


P_20180610_174130.jpg
羽黒郷師範による今日のために作詞された相撲甚句。
いい声でした〜。
P_20180615_082314.jpg

歌に合わせて両関取が「あー、どすこい、どすこい!」と合いの手。
観客も一緒に「あー、どすこい、どすこい」





P_20180610_175143.jpg
ギリギリ日が沈む前に記念撮影。
握手もしていただきました。




そして、翌日。

サヌールのレストラン アヨディアでインドネシアのリスタフェル料理。
もともとは王宮でのおもてなし料理だそう。

P_20180611_200852.jpg
女性7人が客席を回って盛り付けてくれます。

P_20180611_202011.jpg
このように少しずついろんな味が楽しめます。
高級なナシチャンプル!

P_20180611_215442.jpg
おいしい食事が終わったら、いよいよ親方や関取への質問コーナー
皆さん的を得たいい質問で和やかなひとときでした。


そして羽黒郷さんの相撲甚句を聞いた後は記念撮影。

20180611_jjc_l.jpg



楽しい2日間でした。

日本にいたらお相撲さんと一緒に写真を撮ったり握手をした、、話すなんてことはまずないでしょうから。

バリにいて良かったな~! 貴重な体験が出来て、と思いました。


今回の訪バリを羽黒郷さんが「ユーチューブ」に載せていましたのでご覧ください。


又、記事が消えてしまっていたので再度UP致しました。多分4回目です。


スポンサーサイト

テーマ:バリ島 - ジャンル:海外情報


今回も日イ国交樹立60周年記念イベントです。
5月19日の夜19時からの開催でした。


このイベントは日本総領事館が共催している関係で、思いもかけず領事館から招待状をいただき出かけてきました。


場所はウブドにあるトペン記念館。

トペンというのはバリ島の仮面劇です。



今回は岩手県花巻の『早池峰神楽』の皆さんとのコラボレーションです。
(クリックすると詳細が)



まずは千葉総領事がインドネシア語と日本語でご挨拶。
500年以上の歴史のある無形重要文化財、早池峰神楽について説明されました。




続いてバリ州知事のご挨拶。

P_20180519_192936.jpg
『人は皆いろんな仮面を持っている。会社でのトペン、奥さんに対するトペン、子供に対するトペン、その時々でつける仮面を変えて生きている』というようなことを話されたと思います、たぶん。
親父の能力でところどころ聞き取れるインドネシア語をつなげると、たぶんこういうことだろうと・・・(汗)


いよいよ始まります。

P_20180519_194127.jpg
ガムランや太鼓、もちろん生演奏。


P_20180519_194033.jpg
最初はバリ島の仮面劇トペンで、これは老人の踊り
日本の翁の能面とよく似ていますね。


P_20180519_194148.jpg
客席におりて総領事と州知事にご挨拶。
最近バリの踊りはこのように客席とコミニュケーションを取ることが多くなって来た気がします




その後、日本の早池峰神楽が演じられました。


P_20180519_202920.jpg
動きが早くてフラッシュ無しの撮影ではボケてしまいますね。

P_20180519_204011.jpg
初めは静かな舞ですが、だんだんとすごい迫力になっていきます。

P_20180519_200931.jpg
「荒舞」
鬼気迫るパフォーマンス

P_20180519_210319.jpg
神楽最後の舞は獅子舞。

普通の獅子舞と違って獅子をかぶらず手に持って踊るスタイル。
最後に指導者の方に聞いた話では、神の使いとしての獅子ではなく神が降りて来た権現としての獅子だそうです。




それに応えて締めはバリの獅子舞、バロンダンス。

P_20180519_211127.jpg

今まで数多くのバロンダンスを見てきましたが、これまで見たことのない素晴らしさ!
前と後ろの人の呼吸がぴったりで、足の指先までシンクロされていました。


P_20180519_211026.jpg

これは飛び上がった時。
どのくらい迫力があったか想像できますか~!




P_20180519_212803.jpg
神楽の舞い手の方と記念撮影。



なかなか見ることのできない日本とバリ島の素晴らしいパフォーマンス。
あっという間の2時間でした。


テーマ:バリ島 - ジャンル:海外情報



P_20180512_095025.jpg



去る5月11日、日イ国交樹立記念行事のコンサート・カルチャーショーに行ってきました。


場所はバリで唯一の高層ホテル「インナ・グランド・バリビーチ」

現在はヤシの木(多分15mくらい?)よりも高い建物を作る事が出来ませんが、この建物はその規制が出来る前に建った唯一の高層ホテルで、日本の補償により建築されました。


開会のご挨拶はこのイベントの主催者の万亀子・イスカンダールさん。
そして千葉日本総領事のご挨拶により始まりました。


最初はバリニーズダンス。

綺麗な踊り子さんのダンスは見とれてるうちに終わってしまいました〜。

P_20180511_182140.jpg
続いてトペン(お面)ダンス、何度見ても楽しいダンスです。


次はバリの伝統衣装に身を包んだ男女子供によるファッションショー。

P_20180511_184705.jpg

P_20180511_184854.jpg


そして日本の着物ショー。

P_20180511_185448.jpg

P_20180511_185912.jpg


最後は日イ総勢で華やか!

P_20180511_190521.jpg

P_20180511_190715.jpg


すっかりお腹も空いたところで、お待ちかねのディナー

P_20180511_191644.jpg
スープに始まり

パン、ナシゴレン、鶏モモの煮込み、中華風野菜炒め、魚料理、などが次々とテーブルに。
食べるのに夢中で写真はほとんどありません。。。

P_20180511_195803.jpg
最後のデザートをいただきディナータイムの終わりです。





食事が終わったらいよいよメインイベントの宮良 多鶴子さんのコンサート。

P_20180511_201649.jpg
彼女は沖縄出身のソプラノ歌手で、東ティモールへの子供達に教育支援をされています。
沖縄の「童神」や、インドネシアで有名な「心の友」、オペラ歌曲の「蝶々夫人」など30分ほどその美しい歌声を披露してくれました


P_20180511_202341.jpg
着物で歌う宮良さん


次は沖縄からいらっしゃった紅型のワークショップ。

300年続く紅型3宗家の一つ、城間びんがた工房の第16代 城間栄一氏による紅型の解説と、職人さんによる型紙の切り抜き技法を実演です。
P_20180511_204316.jpg
切り抜きの実演の手元をタブレットで撮影しています。

P_20180511_204327.jpg
右側のスクリーンに手元のアップが映し出されています。


切り抜いて型紙を製作しそれから謄写版のように印刷をしていく。
紅型の技法はシルク印刷のようでした。



琉球打掛
P_20180511_212038.jpg
いい色合いですね。



ラストは再び洋装で登場の宮良さん、30分ほどオペラの楽曲を歌って、最後はアンコール。

P_20180511_205640.jpg



P_20180511_212309.jpg

お開きとなった際、城間栄一さんとモデルを務めたお姉さまのお二人を写させていただきました。





今後も日本とインドネシアの友好が続きますように!






テーマ:バリ島 - ジャンル:海外情報

4月22日、親父の参加してるヨガグループの13周年記念大会に参加してきました。

「SEGER OGER」というヨガ・グループで、デンパサール地区では最初に通っていたサヌールの海岸、それからレノン広場、今通ってるセセタンの競技場の3か所と、ギャニャールの数か所のグループが参加して総勢1000人という大規模な集会となりました。

大半をギャニャールのグループが占めていました。



場所はギャニャールの「Taman Prakerti Bhuana」という、山間部にあるイベント会場でした。

到着するといきなり「○○さーん!lとサヌールの時のインストラクターのジョニーが親父の名前を呼んだので、早速記念撮影。

IMG-20180422-WA0007.jpg
ジョニーはインドネシでは有名なレゲエの歌手でもあります。
セセタンのヨガで時々会うニョマンも一緒にパチリ。



P_20180422_084937.jpg
まずはお正月の時のヨガと同様、各インストラクターによる太陽崇拝が行われました。
太陽礼拝だけ続けてるのははっきり言って面白くないし辛かったな〜。


この日のために作ったTシャツ姿が並ぶのも壮観ですよ。


IMG-20180422-WA0005.jpg
太陽礼拝の中の「コブラのポーズ」


ヨガをしながら歌うデヴィなんとかさんという有名な歌手、、、らしいのですが親父は知りませんでした。
お子さんとヨガをやりながらのパフォーマンス。


P_20180422_095218.jpg

P_20180422_095240.jpg
こんなに人が集まって、凄い人気ですねぇ!



親父も負けじとしっかりと記念撮影しましたよ!

IMG-20180422-WA0013.jpg




これは今行ってるセセタンの仲間と

IMG-20180422-WA0014.jpg
セセタン会場は女子と男子とほぼ同数かな~
ほかの会場のグループと比べて男子の比率非常に高いです。





ゲストで来られてた国立ウダヤナ大学のスピリチュアルの教授と。

P_20180422_113019.jpg

物腰の柔らかい優しい魅力ある方でした。




13周年記念なのでインストラクター達にケーキやお菓子の行列が。

P_20180422_112326.jpg

P_20180422_112419.jpg
お菓子の行列が延々と、、、。
丸いケーキだけでも20個くらいは並んでいたな。




後半に行われた高校生達?によるヨガの模範演技なんですが・・・・・

P_20180422_115956.jpg
中国の雑技団に見えてしまった。。。





親父たちはこの辺りで帰路につきましたが、まだ半数位は残っていたのでこの後もパフォーマンスは続いたんでしょう。
大変賑やかなヨガ大会でした!






テーマ:バリ島 - ジャンル:海外情報

昨日3月3日は K さん主催のひな祭りパーティがありました。

交流の深さを感じられる色々な国からのゲスト達。


P_20180303_135906.jpg
入り口にはゲストの Ms.J さんが作ったお雛様。

お雛様の写真を見て創作したそうですから大したもんです。

でもなぜか顔が風刺漫画の中国人風。。。


P_20180303_140130.jpg
Ms.J さんと共に


P_20180303_115712.jpg
アルコールを含むドリンク類




P_20180303_115931.jpg
刺身、フライドチキン、ソーセージなど



P_20180303_115957.jpg
甘酢ショウガご飯、卵サラダ、
そしてお雛様ならやっぱり貝でしょ!ということで貝の酢味噌和え。


P_20180303_115946.jpg
ハンバーグ、お好み焼き、いそべ餅。





P_20180303_120111.jpg
お稲荷さん、おにぎり、白和え、おひたし、酢の物、フルーツ







P_20180303_130051.jpg

インドネシア人、日本人、韓国人、西欧人が思い思いに語りながら食べる、食べる。

P_20180303_130836.jpg



こういう時は英語が話せないとダメですねぇ!
本当に片言英語になってしまいました。(習ってるんですが退化する一方です)


自分では英語で話してるつもりなんだけど、知らないうちにインドネシア語で話しています (汗)





テーマ:バリ島 - ジャンル:海外情報