ちょいバリ親父の移住物語

バリ島に住んで10年目を迎えました。猫三匹も一緒にバリに移住しその後わんこも2匹増えて。現在にゃんず5匹、ワンズ2匹の大世帯となってしまいました。

最近の我が家のブームは台湾中華。

セセタンに昨年オープンしたお店「Cafe Santai」

1487194579509 - Copy (2)
「麺」という看板がよく目立ちます。


冷房の入ったお店はこの時期気持ちよくてうれしい。



メニューの一部
1487194546635 - Copy (2)
スパゲティ

1487194541390 - Copy
台湾ヌードル、インドネシア・ヌードル

1487194549453 - Copy (2)
スイーツ





1487194561840 - Copy (2)
これ!台湾ヌードル

17,000ルピア(約150円弱)、と一般的なお値段。
卵などトッピングの多いスペシャルが25,000ルピア。

具材はインドネシアのミーアヤムとほとんど同じだけど、タンタンメン風の胡麻スープがかなり美味しい。



1487194601707 - Copy (2)
これは台湾カレーと書いてあったけど、チキンカツカレーですね。
25,000ルピア(約220円弱)

辛くない通常のを注文しましたが、これ↓を見てください。

1487194606196 - Copy (2)
激辛唐辛子がまとめて入っていた。
親父は半分だけ食べましたが、次回は全部食べても平気だな!

日本のカツカレーと何ら違わない美味しさでした。




そしてなぜかスパゲッティのメニューが10種類ほど。。。。

1487194591330 - Copy (2)
ピンダンスパゲッティ
20,000ルピア(約175円)

これはアンチョビ風スパゲティを期待して女房が食べましたが、親父も毒味。

これは美味しい!茹で加減もアルデンテ。

ピンダン(ソウダカツオ)を生サンバルで和えたものを混ぜ込んである。



そして食後の楽しみが台湾スイーツ。

1487194555843 - Copy (2)


店に入るとすぐのところにスイーツコーナーがあって、いかにも「私たちを食べてね!」とウインクを送られてるよう。

12,000~15,000ルピアでかなり種類も多いと思います。(105~130円位)

1487194598858 - Copy (2)
エス モモチャチャ、、、どう言う意味だ?

1487194595263 - Copy (2)
エス サルジュ

ここの特徴はカキ氷が雪のようにフワフワ。
すんごく美味しい!

1回食べたら病みつき間違いなし。

バリのエスチャンプルはガリガリした氷なので、このフワフワの氷は本当に感激!


場所はバイパスからセセタンに入って道なりに右に曲がって少し行くと川?の手前にBRI銀行があるのでその並びです。
道路の右側ですよ。
座標を記しておきます(-8.711055,115.219543)






今日のにゃんこ達

DSCF3423.jpg

DSCF3422.jpg
おうじろう、よーだ、がんば、がチッチャをいたぶって遊んでました。

チッチャ、ごめんよ〜〜!


スポンサーサイト

テーマ:海外食生活 - ジャンル:海外情報

昨年の秋頃からクタにあるモルバリギャラリアに 『H&M』が近々オープン!という掲示がありましたが、一向にオープンせず。
「coming soon!」って一体いつになるんだろうと思っていました。

先日、シンパンシウールを通りかかったとき、目ざとく女房が「あ! H&M の看板が出てる。オープンしたのかも〜?」と言うので急遽寄り道をしてみました。

IMG_3628.jpg
女房の言うとおりオープンしていました。
さすがこういうことに気づくのは早い。。。

2月27日にオープンしたようです。


IMG_3630.jpg
平日の午前中の早い時間帯だったから空いていました。

IMG_3633.jpg
婦人服・子供服そして紳士服、下着や小物もあります。

IMG_3642 (1)
女房もいろいろと見てましたが、結局購入せず。
親父はTシャツを購入。

IMG_3635.jpg

ここで気がついたのはインドネシア人のお客さんが靴を履いている人が多いこと。
そしてきちんとお化粧してスカート姿が多い。
ベビーカーを押しながら買い物するマダムもいました。

ジャカルタの高級モールで見たような客層で、いったいどこから沸いてきたのか不思議です。

普段よく見かけるのはGパンにTシャツ姿で、ほとんどがビーサン。
外人(親父たちを含めて)なんかもっと思いっきりラフですよね。


田舎のバリが変わっていくのは嫌だけど、買い物が便利になったり、きれいな女子が増えるのは良いですな。。。



今日のわんこ

テーブルの下で待ってれば何かもらえるよ〜って?

最初は厳しくしてたんだけどなあ。。。
すっかりダメな飼い主になってしまいました。

IMG_4281.jpg
おすわり「きんた」

IMG_4283.jpg
おねだり「マーニ」





テーマ:バリ島 - ジャンル:海外情報

日本に着いて早速向かったのは横須賀、役所での細々した用事があったので。


その後は恒例のドブ板通りを散策。

こんな看板がいたるところに!

2015100520330130d.jpg
何故に芸者が横須賀名物「スカジャン(横須賀スタジアムジャンパーの略?)」を着てるんだ!
横須賀らしいね!


今回の宿泊は門前仲町の隅田川沿い。

20151005203033611.jpg
窓から見える昼間の景色。

20151005203101b70.jpg
夜はこんな風景。
屋形船も通ります。

窓から眺める景色としては最高!

そして門前仲町といえば成田山別院の深川不動堂。
20151005203059833.jpg
親父は真言宗なのでお参りを。

外から想像できない豪華なお不動さんです。
たまたま13時の御祈祷の時間に遭遇したので、荘厳な雰囲気の中、お祓いを受けてきました。

2015100521033094b.jpg
参道の両側には佃煮屋、和菓子、深川飯などのお店が並んでいて懐かしい風景。



20151005203034304.jpg
こちらは富岡八幡宮。
境内には横綱力士碑があり、初代から歴代のお名前が刻んでありました。

20151005203035a81.jpg
最近の横綱の碑

20151005203036195.jpg
横綱の手形と女房の手
比べようがない大きさですね〜!


201510052030384b3.jpg
そして昭和の横丁 辰巳新道
懐かしい風景、昭和の匂いがプンプンと!


この辺りは月島や人形町なども近く、面白そうだ。
時間が許せば散策してみたい。


テーマ:里帰り帰国話 - ジャンル:海外情報

昨日9時半頃、成田に帰ってきましたよ〜!。
このところ羽田ばかりだったので、何か新鮮な気分。

デンパサールからエアアジア、今回は座席指定しなかったらホットシートが割り当てられました。
シート間が少しばかり広く親父満足。

クアラルンプールに到着してベトナムエアに乗り換えですが、バゲージの出てくるのが遅い遅い!
30分以上過ぎてやっとピックアップ。

この時点でベトナムエア出発1時間半前(汗)
LCCターミナルから一般ターミナルに移動するのにクアラルンプールCity行きの鉄道に乗らなければいけない。
1人2リンギット(約50円)

やきもきしながら15分ほど待って電車到着。
一般ターミナルに着いてチェックインを済ませたのが既に1時間を切ってました。

今回はトランジットに対して3時間のインターバルを取ってありましたが、ターミナルの移動が伴うと時間が少なすぎることが判明。
次回に活かしましょう。


201510030915206b6.jpg
ク アラルンプール空港
とても綺麗な空港。

結局晩御飯を食べれずにお腹を減らせたまま搭乗。
ホーチミンまで2時間弱のフライトなのに、予想外のしっかりとした食事が提供されました。

嬉しくて写真を撮るのも忘れてかぶりついたため写真はありません。
チキンを選びましたが、結構おいしかったです。

食事が終わったらすぐに着陸態勢に入り、あっという間にベトナム空港到着。

ホーチミンでは2時間半のトランジット。

お腹いっぱいだったけど、ベトナムに来たら迷わずPho(フォー)を食べなければ!

20151003075009ebe.jpg
来ましたよ!

201510030750117cc.jpg
香菜を全部のっけていただきまーす!

おいしかったです〜〜!

20151003075008b11.jpg
空港内の売店
異国情緒あふれてました。

この後、待合室に行くと定刻になってアナウンスが流れ、機体整備の関係で出発が遅れるとの事。

結局1時間以上遅れて出発しました。


成田には1時間半近く遅れての到着。
大荒れの天気が心配だったけど、着いた時は台風一過のような晴天‼︎

良かった、良かった。


テーマ:里帰り帰国話 - ジャンル:海外情報

先週はいろいろトラブル続きでした(泣)

まずは水道の加圧ポンプから異音が発生。
水を使うとポンプの音がうるさい!うるさい!
会話も聞こえないほど。

あとは天井扇4台の内、2台が不調に。
それとリビングのエアコンがガス漏れで効かない。

バリに来てからいつもメンテナンスを頼んでいるロクマンに来てもらい、加圧ポンプと天井扇の修理は完了。
エアコンは明日、直しに来る予定。

昨日、土曜日はやっと一休みとなりました。

こんな時はドライブに行こう!

朝9時半ころ家を出て、カランガッサム地域(家から150キロ程のところ)にある「水の王宮 Ujung」を目指しました。
ここは以前から一度は行ってみたいと思っていた場所。
1921年に建てられた西洋風建築物で、1979年の地震で大きなダメージを受けて2004年に復興整備されたとのこと。

史跡とはいうものの案内標識が最後の最後まで無く、何度も道を間違え、いろんな人に道を聞きながらやっとこ到着。
12時を過ぎてました。

お腹が減っていたのでまずは史跡入り口にあるレストランで昼食。
観光地のレストランだから高い!美味しくない!のは当たり前ですね。
想像通りがっかり。。。
ただ、のんびり出来て景色はいいです。

1303241.jpg
レストランから見た入口の橋。

腹ごしらえしたところで、入口で一人2万ルピア払って中へ。

1303242.jpg
これは中に入って池にかかる橋。

1303245.jpg
この高い階段をひーひー言いながら上ると。。。

1303243.jpg
上からの眺めは・・・・・・
おお、海まで見渡せます!
そして後ろを振り返るとアグン山!。。。が見えたんだけど。写真を撮り損ねた。

なかなか良い史跡だと思うんだけど、どうでしょう。
隣の敷地ではこの王宮を借景としたヴィラが建築中のようでしたが、工事進んでるのか?、止まってるのか?の状態。まあ、バリではよくあることですが。