ちょいバリ親父の移住物語

バリ島に住んで10年目を迎えました。猫三匹も一緒にバリに移住しその後わんこも2匹増えて。現在にゃんず5匹、ワンズ2匹の大世帯となってしまいました。

我が家は基本的に朝はパン食、昼は麺類、夜はご飯というのがお決まりのパターン。

もちろん昼にナシチャンプルを食べることも多いですが、そんなときの夕食はスパゲッティとかパンが多いかなぁ!



基本的に昼は麺類が大半です。




そんな我が家の食生活ですが、嬉しいことに近くのセセタン通りには中華系の店が多く集まっているんですよ。
クタのトゥバンのようにミニ中華街を形成しつつあるのかな。


台湾系、福建系、あとは俗にいうインドネシア系の中華(独自に進化をした中華料理)など。

あとはメダン地方の中華も結構あるようです。





たまには趣向を変えてメダンの中華を。

店名は「天天好」
テンテンハオ、正式には「ティエン・ティエン・ハオ」かな~!

似たような名前で「天天来」というお店もあってそこは饅頭と揚げパンが美味しい。
他にも「天天〇」といった名前の店があります。



1500729646527.jpg
「天天好」の外観です。





ここはいわゆる中華麺、米粉の平打ち麺の「KWETIAW」、普通のビーフンそしてご飯ものメニュー構成。

チャプチャイ(五目炒め)などの一品料理の類はありません。





中華麺料理が5種。
平打ち麺料理が4種
ビーフン料理が3種
ご飯ものが4種

1500729652793.jpg
メニューの数としては一般的な量でしょうか。



中華系なので豚肉を使ってる料理が多いです。

1500729629032.jpg
店内の料理看板


何だかみんな真っ黒です。
看板の写真が黒ずんでいるんです。




この日食べたのは・・・・・・


1500729612005.jpg
MIE PANGSIT BABI (ミー・パンジット・バビ)
20,000ルピア(約170円位)

女房が豚チャーシューワンタンメン。


ワンタンは底に沈んでいました。
見た目はどうでもよいみたい、気にしない気にしない(笑)






1500729617203.jpg
親父はBACKMIE GORENG(バック・ミー・ゴレン)
20,000ルピア(約170円位)

豚チャーシュー焼きそば

1500729634402.jpg
チャーシューが割とゴロゴロと入ってました。





1500729640390.jpg
そして味変に青唐辛子の酢漬け?かな。
さっぱりとして辛くておいしかった。




1500729621055.jpg
良くある店構えで、店頭に「ゆで麺」の調理場、奥には飲み物と炒め物の調理場があるスタイルでした。









P_20170722_091726.jpg
店内でも饅頭を売っていたので「Kacang Hitam」(黒豆)の饅頭を買って来ました。

いわゆるアンマンですが、おいしかった~!

Kacang Merah(小豆)、Kacang Hijaw(うぐいす豆)の餡は良く見かけるけど。この黒餡は初めてだ。



他にも豚チャーシュー、鶏肉入りもありました。


美味しかったので次回はチャーシュー入りの饅頭も食べてみよう!




久々にワンコ




P_20170723_164038.jpg
すっかり顔の傷も治った「マーニ」















スポンサーサイト

テーマ:海外食生活 - ジャンル:海外情報

7月12日、オーケストラのコンサートに行ってまいりました。

何年振りかなぁ?

行く前からワクワクドキドキしていました。

最後に聞いたのが岩城 宏之指揮のNHK交響楽団だったと思う。



今回はデンパサールにある香港ガーデンという中華レストランのホールでのコンサートでした。
残念ながらバリにはコンサート会場はありません

おかげで途中でホール内をツバメが飛んだり、突然降り出した雨の音に全員が驚いて思わず外をみた、、、といったバリならではの経験も(笑)



演奏はインドネシアのJAKARTA SIMFONIA ORCHESTRA。

そして指揮はDR. ATEPHEN TONG。




P_20170712_185258.jpg

演奏中は写真が写せないので幕間に写しました。


演奏された曲目はポピュラーなクラシックで、誰でも一度は聞いたことがある曲目でした。
・フィガロの結婚
・スケーターワルツ
・フィンランディアなど。




P_20170713_093521.jpg
これがプログラム


P_20170712_195204.jpg

後半は合唱団(KOOL BESAR REFORMUD INJILI)が入ってベートーベンの第9「喜びの歌」を全員で起立して歌ったのですが、親父の隣のおじちゃんの歌のうまい事にびっくりしちゃいました。

そのほか周りでもみんな歌えてるんですよ!
日本だったら歌えないでしょう!


パンフレットには歌詞が載ってるんですが日本人には暗くて見えません。




その後はメンデルスゾーンの交響曲第2番(#1~10まで)。
ソプラノ歌手のすごい声量にはびっくり!
イタリアに長いこと勉強に行っていたそうです。



でも~!なんといっても凄いのがこの指揮者、77歳だそうですが、饒舌でパワフル!
曲紹介から、作曲家のエピソード、最後はCDやDVDの営業まで!

司会者なしで、全て自分ですすめていくんですよぉ。


P_20170713_093506.jpg
お顔はカタログからいただきました。


アンコールが終わり退席する時には2人が手を貸して舞台から降り、その後は車いすで退場していきました。

指揮棒をふるっている時はしゃんとしてお元気だなぁ!と思っていましたが、演奏が終わり精魂使い果たしたんでしょうね。
凄い印象に残りました。



あとは、インドネシア特有の出来事を説明せねば・・・・・・
コンサートが終わると周りの人たちと握手、もちろん親父も慣例にならいましたよ。


後は主催者側のスタッフと「ありがとう!」と言って握手。

気持ちがいいですね

終わってからも盛り上がる出来事でした。



日本だったらそそくさと退散してるよね。





テーマ:バリ島 - ジャンル:海外情報

DSCF3520.jpg
昨年の12月19日に新通貨が発行されました。
日本とは違って、流通しているすべての硬貨・紙幣が切り替わりました。

全取換えです。


最初のうちはなかなか手に入らなかったんですが、この3か月ほどでかなり流通してきました。

それでも100ルピア硬貨だけまだ未入手です。



DSCF3512.jpg
最高額紙幣の10万ルピア(約8400円位)
約840円位の間違いでした(汗)

最高額紙幣が千円札とほぼ同じ。
左側の人物は皆様ご存知インドネシアの英雄、スカルノ元大統領


以下の紙幣の人物は、、、
すみません、わかりません(汗)

DSCF3513.jpg
5万ルピア

こちらに来た当初はこの50,000ルピアを出すと、おつりがないとかよく言われましたが、今ではそんなこともなくなりました。

DSCF3514.jpg
2万ルピア

DSCF3515.jpg
1万ルピア

DSCF3516.jpg
5千ルピア

DSCF3517.jpg
2千ルピア

DSCF3518.jpg
千ルピア

DSCF3519.jpg
千ルピアコイン、500ルピアコイン、200ルピアコイン

今回の改定で50ルピアが消えてなくなりました。




最高紙幣が10万ルピアと言いましたが、現在銀行のATMで一日に下ろせる限度額は通常5,000,000ルピアまでです。
(約4万2千円)
1回に下ろせるのは通常1,250,000ルピア(約10,500円位)。。。

日本は100万円くらいは下ろせましたよね?。



まあ、それでも何ら不自由ではありません。

こちらではデビッドカードが普及しているので、スーパーなどでの買い物もデビッドカードで支払うことが多く、現金はそのあたりのお店での買い物くらいです。

親父の財布の中身は日本円でいうと5千円位しか入ってないことが多い。。。


昨今はかなり物価が上がって生活しにくくなったけど、まだまだ物価は安いという事かな。

テーマ:バリ島 - ジャンル:海外情報

1週間過ぎちゃったけど。


6月25・26日はイドゥル・フィトリ(断食明け大祭)でした。

断食明けにはムスリム(イスラム)の多くの家庭で日本のお節料理のようなものをいただいて祝福します。

今年もまたヌサ・ドゥアにお住いのromoさんからお招きを受けてごちそうになりました。




奥様がインドネシアの方で奥様手作りの祝賀料理です。

1498958448036.jpg

真ん中にあるのが「オポール・アヤム」、鶏のインドネシア風ココナツ煮込み。

左手に「ルンダン・サピ」、牛肉のインドネシア風スパイス煮込み。

その奥が、、、あれ、なんだっけ?
ちょっと辛い味付けの料理でした。

時計回りに、ジャガイモをポテトチップスのように薄く切り「田作り」みたいにした味と食感のもの。
初めて食べたけど、美味しかった〜!

今度ヌルが戻ってきたら作ってもらおう!

最後に「アチャール」甘酢のお新香です。





盛り込みのお皿の右にあるのがクトゥパット(バリのティパットと同じかな)。

ヤシの葉を編んでその中にコメを入れて蒸しあげたもの


1498958463315.jpg
これを細かく切り


その上に先ほどの盛り込み料理を載せていただきます。

完成形です。
1498958468670.jpg

凄く美味しかった。

断食明けなのでどの料理もマイルドな辛さで胃にやさしく出来ています。
良く考えられていますね。


美味しくて親父たちは今年もお代わりしたけど、romoさんご夫婦は、断食明けは胃が小さくなっているらしく、クトゥパットも半分、お代わりもせず、でした。

やはり断食ってキツイんですね。




1498958458319.jpg
そしてこれが手作りのクッキーたち。

食後にこれをいただきました。

お土産にもいただきましたが、速攻ペロリ!でした。


ごちそうさまでした。
本当に美味しかったなぁ!









テーマ:海外食生活 - ジャンル:海外情報


日曜日で1か月続いたプアサ(断食)も無事に終わり、イドゥル・フィトリ(断食明け大祭)が始まり役所や銀行も7月2日までお休みです。

この時期は出稼ぎに来ている人は田舎に帰り、出稼ぎに行ってない人は各地へ観光に出かけます。
まるで日本のお盆と同じ。

バリも観光地なのでインドネシア中から観光客が来て混雑します。

また帰省する人もたくさんいるので、ワルンもこの時期休みのところが多い。
この1週間くらいは食べたいものが食べれなくて超不便です。

家の周りは7割のお店は閉まっています。

観光地は普段と変わりませんけど。



我が家のヌルも2週間強の予定で里帰りをしています。


ヌルがいないと・・・・・・・

掃除、洗濯、料理の下ごしらえ、後片付け、犬猫の世話など、やることがたくさん!

なんとか二人で分担してやってますが、普段どんだけやってもらってるんだ〜って改めて感謝。。。








さて、この断食の期間、盛んに売られたものがあります。

スーパーでは、こんなものが山積みに。



P_20170619_195238.jpg
パームフルーツ

イスラムのコーランでは「神の与えた食べ物」と言われているとか。

これはチュニジア産と印刷されています。



中身は写真からしてパームヤシの実(開発途上国の料理油は殆どがパーム油で身体には良くないか)と思いましたが、ナツメヤシの実だそう。
こっちは栄養たっぷり!

バリにはナツメヤシはないから、輸入品なんですね。





箱の中身は


P_20170619_195258.jpg
これです。




こうなっています。


P_20170619_195319.jpg
干し柿に似ていませんか


食べても干し柿みたい、長野で食べた「ころ柿」によく似てるなぁ!


食感も甘さも良く似てます。目隠しして食べたらわからないかも。。。。。

これは一箱500gで500円くらい。
自然の甘みです。


もう少し安い表面がテラテラしているものは、めちゃ甘い。
甘味料使ってますーって感じ。




実はバリに住んで初めて今年食べたんです(汗)
こんなに美味しいものとは思わなかった。




5日ほど前から風邪をひいてしまって具合が悪い。
乾季で涼しいのに毎日のように雨が降るので冷え込むからなんでしょうか。









テーマ:バリ島 - ジャンル:海外情報

乾季というのにスカッとしない天気が続き、時折雨の降るデンパサールです。

だいぶ季節風が強くなって朝晩は涼しいんですけどね。

夜半から強風と激しい雨。今もまだ降り続いてます。
どうなってるんでしょうね~!

昨日は5時半頃には雨がやんだので、ウオーキングには出かけました。
こういう時を狙わないと、最近はヨガも雨で行けないことが多い。




久々に、にゃんずたち~~~!


P_20170602_083235.jpg
外は雨、、、。
P_20170602_074439.jpg
長女の「みく」は猫タワーで寝ぼけ顔。
雨の日の猫は本当によく寝ますね〜。




反対側の壁際では

P_20170602_083214.jpg
2階に「はな」、「がんば」、保護色で見にくいけど左のケージの上に「よーだ」
そして一番のしもべの「おうじろう」が1階に寝ていました。







「はな」のアレルギーはほとんど完治しました。


CIMG3009.jpg
バリに来て間もない頃の写真。
お腹やお尻、脚など下半身が舐めハゲで「因幡の白うさぎ」状態。


アレルギーの原因は特定できなかったけど、清潔に保ってアレルギー対応食のみ食べさせていたら、この2年状態が良くなり、不思議なことにサヌールの平屋から2階建の家に引っ越してからメキメキ回復。


そして先月に入り、なんと13年ぶりにお腹に毛が生えてきました〜〜。
一生お腹にはもう毛が生えないかと思ってたので、ほんとに嬉しいです!


DSCF3495.jpg
で、今はこんなにお腹にも「ほこほこ」に毛が生えていますよ~!




P_<img src=
これは、もこもこふわふわ「おうじろう」
毛玉が出来やすいのでブラッシングはかかせません。



P_20170602_074409.jpg
「がんば」最近毛色が変わって来た。
小さい時はグレーっぽいシマだったのに、今は茶色ベース。



P_20170602_074416.jpg
剃り込みの「よーだ」

P_20170602_074202 (1)
これだけ不細工な猫はそうそういないでしょう(笑)




テーマ:猫のいる生活 - ジャンル:ペット